[映画レビュー]『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN & エンド オブ ザ ワールド』(2015) 面白いでしょ、これ。

LINEで送る
Pocket

プロレスを純粋に楽しめるあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:原作ファンだから。酷評が気になったから。
ジャンル:アクション、アドベンチャー

attachontitan

(C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会


–前編「ATTACK ON TITAN」のあらすじ–
100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。

–後編「エンド オブ ザ ワールド」のあらすじ–
100年以上ぶりに現れた超大型巨人に多くの人間が捕食され、生き残ったエレン(三浦春馬)は調査兵団の一員として外壁修復作戦を決行。しかし巨人に襲われてしまい、アルミン(本郷奏多)をかばったエレンは巨人に飲み込まれてしまう。その直後、黒髪の巨人が出現し、ほかの巨人たちを攻撃するという謎の行動を見せる。人類の存続を懸けて彼らは巨人たちと戦い続けるが……。
シネマトゥデイ

 

二本分一気にまとめてレビューするため、いつものより少し長くなります。

 

そもそもなぜ、ここまでこの映画が酷評なのか?

面白かったという意見も少なからずある一方で、ほとんどの方が酷評される、この「進撃の巨人」の実写版。気になって仕方がなかったので、映画の日で映画料金がやすくなるこの10月1日に前編・後編まとめて二本一気に観てきました。

 

一言で言うと、「楽しめる」という感想です。

 

そして同時に、「酷評する人が多いのもわからなくもないな」と。

 

おそらく原作ファンの方は、存在してほしいキャラクターがいなかったり、原作のイメージ通りにキャラクターが演じなかったりと、許せないことが多いのでしょう。

ハンジ役の石原さとみさんだけが評価を受けるのも、きっとハンジだけは原作通りのキャラを貫ける役回りだったからかもしれません。

titan_a2

(C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会

 

でも、アニメの実写版って、アニメ原作通りに作らないとダメなの?

私はそうは思わないです。

 

実写版を作る際の制約としては、

  1. まず映画一本二時間で今回のように前編、後編に分けても計四時間で作らなければならない。
  2. また、それぞれの映画で一応の完結を形作らなければならない。
  3. 原作を読んだことがない人でも内容を理解できるように作らなければならない。

の、三つがすぐに頭に思い浮かぶのですが、それら制約を考えると、キャラクターの数もある程度制限しないとならないし、メインテーマもある程度絞らないとならない。

つまり、いろいろとある程度絞らないと、ただただアニメ版のダイジェストを作るだけになってしまう。

 

そのようなことを考慮すると、今回の実写版はよくできていて、映画の中のストーリーを十分楽しむことができた感じです。

進撃の巨人の世界観も出てたし、地上から巨人を見上げるアングルなんかも、テーマパークの進撃の巨人アトラクションに行ったような感じで楽しかったです。

巨人も原作版を意識してか、たまに普通の人間みたいな巨人がいて、いい意味で「雑」な感じで作られてたし。

 

ミカサ役の水原希子さんに結構批判が集中してるようですが、アニメの女性キャラクターファンは目が肥えてるということで、そのあたりを敵に回してしまったのが炎上の原因かと。

titan_a1

(C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会

 

リンゴかじりながら喋るシーンとか、「昭和かよ!」と思わせるところも少なくなかったんですが、それも含めて楽しみましょうよ、と、思います。

あとはロマンスをストーリーに入れるのはいいけど、ちょっと方向性が違ってたかなと。子どもも見てるからさ。

 

アニメの実写版を観る時のは、プロレスを観るぐらいの気持ちで観るべきかなと思う。

プロレスが興行と分かってても、好きな人は好きで、試合にのめり込む人はのめり込む、それと感覚は同じかと思う。

 

映画の「レスラー」を観れば分かるかと思いますが、プロレスは最初から勝つ方決まってて、でも、面白いのがプロレス。

アニメの実写版も原作でストーリー展開についてはすでに知ってるけど、その上で実写版を観てるんだから、もう少しプロレスを観るような暖かい目で観てあげれればなと思う。

 

シリアスな中にも笑っちゃうぐらいの古臭い演出があるのが面白いんだと。

いやー、十分楽しめました。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*