[映画レビュー]『ブラック・スキャンダル』(2015) 精神的に追い詰める恐怖の話術が凄まじい

LINEで送る
Pocket

今、ジョニー・デップ好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:ジョニー・デップのハゲヅラ姿が見たかったから。ハゲヅラに0.5ポイント。
ジャンル:ドラマ
原題:BLACK MASS
泣ける度:泣ける要素ゼロ

black-mass-01

(c) 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


–あらすじ–
1970年代、サウスボストン。アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)に、FBI捜査官のジョン・コナリー(ジョエル・エドガートン)が接触を図ってくる。彼はFBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとホワイティに持ち掛け、密約を交わすことに成功。両者の連携によってイタリア系マフィアの勢力は弱まるが、その一方でホワイティは絶大な権力を持つようになる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

試写会で観てきました。

場所は、ワーナー・ブラザーズ映画試写室。

 

いつもは公民館みたいな場所での試写会。今回は、金持ちの心地よいミニホームシアター的な場所でGOODで。

上映前には小さなイベントもあって、あまり期待してなかったけど楽しかった。

 

俳優の小沢仁志さんの「悪と悪党は違う」という言葉が印象的で。

悪党はヒーローにもなりうるが、悪(ワル)は悪(ワル)だと。

 

そんなワルが登場する映画、『ブラック・スキャンダル』の話をそろそろ。

私、ジョニー・デップのファンタジータッチの映画が好きではなく、いつもはあまり彼の映画を観ないのだが、今回はギャング系映画ということで、少し期待をして試写会会場へ。

 

この映画のストーリーはなんと実話。

しかし実話もの映画って、基本的に広がりが薄い作品が多い。

 

あまり色付けすぎちゃうと、事実と異なってくるし、そこは葛藤なところ。

過去にもギャング系実話もの映画がいくつかあった。それら映画と比較して、今作『ブラック・スキャンダル』はどうか。

 

事実を一つずつなぞってる感は否めないが、それでも一つ一つのシーンに見応えがある。

特に、ジミー(ジョニー・デップ)が「チンピラ」レベルから、手のつけられない「ワル」に変化していく過程に、そして、ジミーを取り巻く人たちが、次第にジミーに恐怖感を抱いていく過程に、観ていて引き込まれ、手に汗を握った。

black-mass-02

(c) 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

映画全体にいきわたる緊迫感が半端ない。

そして、ジミーの人を精神的に追い詰める、「恐怖の話術」が凄まじい。

 

試写会に招待された芸能人たちが、「今作はジョニー・デップ最高傑作!!」と、絶賛させられているが、いかに。

私自身、本作がジョニー・デップ最高傑作映画とは思わなかったが、過去の数あるギャングもの実話映画よりは見応えもあり、その意味では満足であった。

 

ただ、映画としては、全体的に、ドラマチックな展開もなく、「ただただ怖いワル、ジミーとその関係者たち」的なお話。

どこでもいい。ストーリーの中に、どこか一点決めて、そこに強いフォーカスがほしかったかな、と。

本当に、ジョニー・デップ映画史上最高傑作なのか?

ジョニー・デップ映画最高傑作といえば、『フェイク』(1997)(原題:DONNIE BRASCO)。本作『ブラック・スキャンダル』は、やっぱりこの名作『フェイク』には及ばないかな。

『フェイク」のほうも実話映画であるが、より人間の心情にうったえる映画で、後からもじわじわくる、何度も観たくなるタイプの映画。

fake-00

 

この、名作『フェイク』を超えてくれるかと思っていたが、力およばず。

これでまたしばらくジョニー・デップ映画から足が遠のきそうだ。

 

外人の顔がみんな同じ顔に見える人のための見分け方ガイド

外人の顔って、みんな同じ顔に見えるんだよね。

で、今回の中心人物である三人。

 

一人は誰もが知るジョニー・デップですね。ギャングのジミー役です。これは簡単に見分けがつきそうです。いくら特殊メイクのヅラをしてても。

あと二人は、政治家とFBI。

 

FBIの方は、どことなく吉川晃司さんに似てる、ちょっと太った吉川晃司という感じの役者さん。

FBI捜査官のジョン・コナリーをジョエル・エドガートンという役者さんが演じている。

black-mass-03

(c) 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

残る一人は政治家。こちらはどことなく宇梶剛士さんににてる。口元が。骨格が。ちょっと若くしてシュっとさせた宇梶剛士という感じ。気持ちね。

この政治家、ジョニー・デップ演じるジミーの弟という立場で、ベネディクト・カンバーバッチさんという役者さんが演じている。兄はギャング、弟は政治家とスゴい兄弟だ。

black-mass-04

(c) 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

まとめます。

ギャング、ジョニー・デップの弟が若い宇梶剛士で政治家、その幼なじみが太った吉川晃司でFBI。覚えやすいでしょ?

 

ついでにあと一人ご紹介。

ギャング、ジミー演じるジョニー・デップの舎弟役に、「ジミー大西」が。

black-mass-05

(c) 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

ジミー大西に似てるでしょ? ジミーの舎弟だけにジミー大西。これ覚えやすい。一応役名は「ウィークス」。彼もキーパーソンだから覚えておいて、損はないです。

 

外人の顔みんな同じに見える人は、こうやって無理やりにでも違いをつけてから本映画をお楽しみいただければ。

誰が誰だかわからなくなる迷路に入り込む前に。

 

最後にひとこと感想

この手のギャングもの実話映画を見ると、どんだけアメリカの警察組織は腐敗してたんだよ、と、驚くばかり。

それもたった4、50年前の話で。

 

今は大丈夫なんだろうけど。

いや、大丈夫であってほしい。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*