映画コラム

[映画コラム] Vol.010 1日5分で 新作映画試写会プレゼント情報を入手して、応募して、バシバシ当てるコツ

よく、「その映画試写会で観てきた」という話を耳にするが、「なんでお前だけが最新映画の試写会に招待されるんだ!」と、なんだかムカついたこと、少なくないでしょう。

映画関係者やその他メディア関係者の方たちは、正直映画を観たくなくても招待される立場にいる方々なので、彼らは別として、我々素人映画ファンでも、試写会にご招待いただくべく、ちょっとした努力でバシバシ最新映画の試写会にご招待いただくことが可能です。

shisha-00

とある日の試写会会場:新宿明治安田生命ホール

 

そんな、最新映画の試写会にご招待いただく方法はいろいろあれど、ここに、私が実際にこれまで数々の映画試写会にご招待いただいた方法をご案内したいと思います。

この方法が唯一の方法ではありませんが、1日5分程度チェックするだけで、最新映画試写会のご招待状がどんどん届く方法になります。

 

それでは以下より順を追ってご確認ください。

これら私の経験が、一人でも多くの映画ファンの方のお役に立てれば幸いです。

続きを読む

[映画コラム] Vol.009 スターウォーズ エピソード4、5、6をあらすじ5分で復習。エピソード7を観る前に。

starwars-01

(c)Lucasfilm Ltd

スターウォーズのエピソード7にあたる「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がついに劇場公開されました。

「あれ、そういえばスターウォーズってどんな話で終わったっけ?」と、ストーリーを思い出せない方、少なくないかと思います。

 

そこで、全ストーリーを思い出す必要はないまでも、今回の新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」につながっていく、エピソード4、5、6については、少しだけでも思い出しておきたいもの。

ということで、ちょっと粗めに、全部で5分ぐらいで思い出せるような形で、このエピソード4、5、6で語られたストーリーを、ダイジェストの形でまとめてみました。

 

10年以上前に一度観ただけなのでストーリーを思い出せないという方、新作公開直前にエピソード4、5、6を復習する時間が作れないというかた、はたまた、これまでスターウォーズを観たことないのに急に新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観に行くことになってしまったという方、このダイジェスト版でざっくりと前作の流れを掴んでいただければと思います。

とにかく前作までの復習の時間を作れないというあなたのために。

 

超ダイジェスト版スターウォーズ、エピソード4、5、6のスタートです。

ここさえ確認しておけば、なんとか今回の新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のブームに、知ったような顔で乗れることでしょう。

 

いちおうご理解いただいているかとは思いますが、この記事はネタバレものです。

一度、観たことのある方が復習するためのまとめとして作っていますので。

もし、エピソード4、5、6について、まだ観ていない、内容も知りたくないという場合は、この記事は読まないでください。

 

上記ご認識いただいた上で、それではどうぞ、お楽しみくださいませ。

 

続きを読む

[映画コラム] Vol.008 連休中にまとめて一気観したい、シリーズものおすすめ映画

シリーズもの映画って飛び飛びで観ると、前作のストーリーだったり登場人物間の人間関係だったりを忘れちゃいますよね。

でも週末に一気に3本とか映画を観るって、映画マニアでない限り、ちょっとキツイ。

 

昔、週末の夜中から朝方にかけて、3本連続で映画を観る友達がいたんですが、「こいつ変態なんじゃないか」と思った記憶があり。

でもやっぱりシリーズもの映画は一気に観たい。前作を忘れないうちに。

 

土日二日間しかないお休みで、その1日を映画のために費やすのはちょっと抵抗がある。けど、3連休以上のお休みであれば1日は映画の日にしてもいいかな、と。

でも貴重な休みの日を1日費やすからには失敗したくない。駄作で1日を無駄にしたくない。

 

わかります。

 

私も普通の人よりは少し多めに映画を観るほうなんですが、そんな私の駄作ヒット確率は実に8割。

「駄作」と言っては言い過ぎかな。納得いかない映画が8割。満足できた映画が2割。そんな感じです。

 

そんな、普通の人よりは少し多めに映画を観てきた私が、この映画であれば1日費やしても無駄に終わらず、実りのあるあなただけの映画の日にできるであろう映画を、以下にいくつかご紹介させていただきます。

年末年始やゴールデンウィーク、または月曜日が祝日の3連休などを使って、それらシリーズもの映画を一気に観てしまえば、100ある面白さが120ぐらいで味わえることでしょう。

 

同じ食べ物でも調理の仕方を変えると美味しくなるのと同様、映画も鑑賞方法一つ変えるだけで面白みの味わい方を変えることができます。

以下が私からのおすすめシリーズもの映画です。あなただけの映画の日を作る際の参考になれば幸いです。

続きを読む

[映画コラム] Vol.007 自分に合った映画の見つけ方:映画への投資時間を効率化するために知っておくべきレビューサイト・アプリの使い方

column7-01いつもハズレの映画にあたってしまう。。 「俺の、私の二時間を返せー!」、と嘆いているあなた。その嘆きの理由の大部分は映画のセレクト方法が間違っているからです。私が行っている、自分に合ったおすすめ映画の探し方をご紹介します。

 

私はこれまで数え切れないほど映画を観てきました。そしてだいたい8:2で不満足:満足といった割合です。

多くの人に、広くあまねく満足させる映画を作るのって難しいんでしょうね。まあでも、自分だけのお気に入りの映画が見つかればそれでいいのであって、すべてが万人に評価が高い映画である必要もないわけで。

 

そこで、私が「今日は絶対にいい映画が見たい」と思った時に、自分自身へおすすめする映画を探す方法について、以下にご紹介していきます。

自分自身へのおすすめ映画を探す方法は大きく分けて5つ。では順にご紹介していきます。

 

続きを読む

[映画コラム] Vol.006 覚えたらカッコイイ映画の名言たち 第1弾

screenplay1

これまでレビューを書き、ご紹介してきた映画の中から、心に残った言葉をいくつかピックアップし、まとめてご紹介していきます。

ついでに英語も覚えちゃいましょうということで、主にハリウッド映画の中から、心に残ったフレーズをピックアップ。

 

細かい英文法の説明を始めると読む気が失せると思われるので、その辺りはカット、カットで。

それら名言が飛び出した時の空気感が伝わるように、やや熱い解説を入れて。

 

最後に、一つ注意として、この名言たちからネタバレする可能性があるので、ネタバレしたくないという映画がある場合は該当する映画の名言だけスキップして楽しんでください。

英語フレーズ直後の日本語訳は字幕になっていた日本語です。したがって、かなりスッキリと意訳さてれいることが多いです。裏を返すと、秀逸な翻訳ということです。

 

では、まずは初級編から楽しんでいきましょう。

続きを読む

[映画コラム] Vol.005 つまらない映画、開始何分で観るのを止めるか?

5-star-ratingご存知の通り、映画は通常2時間で一本完結します。そして2時間あればいろいろなことができます。

その貴重な2時間を一本の映画に投資しているのが我々映画ファン。そして、時につまらない、いつになったら面白くなるんだという映画がある。

 

  • 映画レビューサイトで星四つ以上ついてて、面白い映画として取り上げられていたのに。。
  • テレビで映画コメンテーターが絶賛してたのに。。
  • 林がこのブログで五つ星つけてたのに。。

そんなはずじゃなかった、と。

 

「そんなはずじゃなかった。。」という映画に出会った場合、開始何分の時点でその「そんなはずじゃなかった映画」を観るのを止める勇気が持てるかについて、ちょっと語っていきたいと思います。

続きを読む

[映画コラム] Vol.004 10年ぶりにTSUTAYAに行って驚いたこと

TSUTAYA最近めっきりオンラインの動画ストリーミングサービスを利用して映画を見ている私ですが、最後に訪れたのを覚えていないぐらいずっと言っていなかったTSUTAYAに行ってきました。

スカパーも加入している、Huluも会員である、アマゾンプライムでも映画が見れる、そして、TSUTAYA Onlineも家のテレビから見れる、と、全く実店舗であるTSUTAYAに行く必要はないのですが、必要あったんです。

 

とある日、いつものようにTSUTAYA Onlineでサクっと何か良さげな映画でも観ようかと思い、アクセスしてみると。

超ーーーーーーーアクセスが遅い。

気が短い私は、早速駅前にある、ちょっと前から気になっていたTSUTAYAへ。

 

なぜTSUTAYAが気になっていたかというと、実は15年ほど前、社員として働いていたからです。フランチャイズ店ですけど。直営店じゃなく。CCCの社員になれなかったので。

なんか、過去の自分に逆戻りする気がして、またTSUTAYAで働きたくなっちゃうんじゃないかという恐怖?もあり、敬遠していたのですが、ついに10数年ぶりに行ってみました。

 

せっかくなので、私が社員としてTSUTAYAで働いていた当初と今のTSUTAYAを比較して、以下に感じたことをつらつらと書いてみました。

レンタルショップTSUTAYAの昔と今のギャップに興味のある方はお楽しみいただければ幸いです。

続きを読む

[映画コラム] Vol.003 アマゾンプライムでの無料映画、早速試してみました

アマゾンプライムのサービスの一つとして、無料で映画が楽しめるようになりましたね。

無料と言ってもそもそもアマゾンプライムの会員だった人には無料感がありますが、新規でこのためにアマゾンプライムに入会する方にとっては、「Amazonプライム年会費の3,900円(税込)」がかかることになります。

私は幸運?にもアマゾンプライム会員でしたので、早速映画のラインナップをチェック。

amazonprime2

フムフム。。

続きを読む

[映画コラム] Vol.002 私が体験した映画カルチャーショック in アメリカ

日本は映画チケット料金が世界で一番高い

ticketprice

出典:http://articles.latimes.com/

日本の映画館での映画鑑賞料金は大人一人1800円ですね。最近はちょっと麻痺してきていて、普通に1800円払っちゃってますが、それでもやっぱり高いと感じます。

この日本の映画チケット料金って世界で一番高いと言われています。(世界の映画料金を比較して掲載されているサイトがありましたので参考までにシェアさせていただきます。(「映画料金の国際比較|世界一高いのは日本!?インドでは30円!? 」@Dr.Walletナビさん)

 日本では頑張って映画代を安くしようとレイトショーを選んでも、1300円はかかる。

毎月1日は、映画チケット代が1100円(2015年9月時点)になる映画の日で、ほとんどの映画館でこの1100円という料金で映画を観ることができるけれども、いつもは頑張って安くおさえたとしても、レイトショーの1300円が限界です。

 

一方、映画産業が盛んなアメリカでは、この映画チケット代はどうなっているのか。

続きを読む

[映画コラム] Vol.001 なぜに飛行機内で映画を観るのが楽しいのか?

飛行機内での過ごし方

ana1

出典:www.ana.co.jp

海外旅行や海外出張の際、飛行機で移動することになると思いますが、機内ではどのように過ごされますでしょうか。

私はもちろん映画を観て過ごします。

飛行機内でのエンターテイメントといえば、ゲームをやったり、本を読んだり、または寝たり、いろいろと楽しみ方があるかと思います。

しかしながら、国際線飛行機内での活動といえば映画でしょ、という感じです。

 

機内では日本未公開映画も観れる

ご存知の方も多いかと思いますが、国際線飛行機内ではなぜか日本未公開の洋画も観れたりします。これってかなりお得じゃないでしょうか。

機内では日本での公開日の規定みたいなものが当てはまらないせいか、現地公開日と日本公開日の間が長い映画に関しては、飛行機の上での方が「公開日」が先だったりします。

必ずしも未公開映画が面白いという保証はありませんが、お得といえばお得ですよね。さりげなく自慢もできますし。(あまりやり過ぎると嫌われるので注意で。)

  続きを読む