面白い・コメディー映画 洋画編

[映画レビュー]『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016) とにかくやっちゃえばいいんだよ

今、一歩目を踏み出せないあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:実在した人物をモデルにした映画に基本的に関心があるから
ジャンル:ドラマ、コメディ
原題:FLORENCE FOSTER JENKINS
もう一度観たい度:(1.5/5)
florence-01

(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

–あらすじ–
ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

そこそこの映画かな、と、それほど期待もせず映画館へ。

結果、そこそこの映画だった。

 

ただ、いつもこの手の映画を観て思うことは、へーっ、こんな人がいたんだ、ということ。

実在の人をモデルにした映画って、かなり脚色してない限り、それほど面白いものには仕上がらないのはわかって観ている。

だから、ある種の見聞を広げるという意味で観たりする。

 

本作の主演がメリル・ストリープ、ヒュー・グラント、という、個人的に好きな2人。

これが無名の俳優2人が演じてたら、多分話題にすらならなかったかもしれない。

 

コメディー映画のジャンルに属するが、そこまで爆笑するシーンもなく、時折、アメリカ映画特有のジョーク的な、そんなものが放り込まれている程度。

好きな人は好き、そうでない人はそうでない、そんな映画。

 

個人的には観てよかったと思った映画だが、映画館に行くほどではないかなとも思った。

ただ、カーネギーホールを映画館の大スクリーンで味わいたいのであれば、劇場へ行くべきかも。

 

可もなく不可もなく。

ただ1つ、「やっちゃえばいいんだよ」という勇気はもらえたかな。

続きを読む

[映画レビュー]『ウソツキは結婚のはじまり』(2011) ハジけるニコール・キッドマンを堪能できる

今、アメリカンコメディー好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:たまたま飛行機の中で上映されていたのを観た。
ジャンル:コメディ、ロマンス
原題:JUST GO WITH IT
泣ける度:(1.5/5)

just-go-with-it-01

(c) 2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


–あらすじ–
1988年、心臓医見習いのダニーは結婚式の一時間前、婚約者と妹が自分の大きな鼻のことをバカにしていたことを知る。バーでマリッジリングを眺めながら酒を飲んでいると、隣に女性が座った。指輪のことで誤解されつつも、健気な夫を演じてみせたダニーは同情を誘うことに成功。美容外科医となって鼻を整形し、指輪を使って数々の女性と浮き名を流す。時は流れて2011年、ダニーは美しい小学校教師パーマーと出会う。2人は運命を感じるが、指輪を見たパーマーは彼の元を去る。パーマーへの思いをあきらめられないダニーは…。
allcinema ONLINE

映画の率直な感想から

アメリカの人気コメディアンで主演のアダム・サンドラーを知ったのが、1996年、映画『俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル』(原題:Happy Gilmore)を観た時である。

当時、私自身がちょうどアメリカに滞在していた時で、ややアメリカナイズされていたせいか、彼の発するバカバカしさに大喜びする自分がいた。

 

日本のコメディーとアメリカのコメディーは笑いのツボが違うと言うが、まさにアダム・サンドラーの笑いはアメリカ人好みの笑いと感じる。

ゆえに、我々日本人にとっては、好き嫌いの分かれる笑いになるだろう。

 

アダム・サンドラー主演コメディー映画の特徴としては

  • まずビジュアルで、出オチ的に笑わせる
  • 老人や体の不自由な人をコケにする、ちょっと日本じゃ受け入れられなそうな笑いで攻めてくる
  • 最初は笑いで始まるが、最後はハートウォーミングな、お涙を誘う形で仕上げる

上記アダム・サンドラー的コメディー映画の方程式を好む人であれば、本作に限らず、彼の出演作は全てチェックしたほうがいい。たぶん、大好きな笑いのはず。

 

私の場合、彼のこの手の笑い、大、大、大スキで、これまで彼の作品は全て観ていたが、今は、やや冷めた感じになってしまった。

たくさん笑いすぎたせいか、もう彼の笑いには大爆笑はできない体になってしまったが、それでもポップコーンを食いながら、ほんわかとテレビの前で横になって観るにはちょうどいいコメディー映画。

 

今作は、あのアメリカの人気テレビドラマ『フレンズ』のレイチェル役でおなじみのジェニファー・アニストンや、トム・クルーズの前妻としても知られるニコール・キッドマンも出演。

それぞれが非常にいい味を出していて、主演のアダム・サンドラーをサポートする。

 

とにかく好きな人は好きというタイプのコメディーもののため、広く多くの人におすすめできる作品ではないが、一度観てみて自分に合う笑いかどうか、確認してみるのが良いだろう。

軽く笑い、楽しい気分で過ごしたい夜におすすめの映画。

続きを読む

[映画レビュー]『最強のふたり』(2011) 言いにくいことを言ってくれる、聞きにくいことを聞いてくれる

今、明るい介護もの映画を観たいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:「最強」とまで言われたら観るしかないかなと。
ジャンル:コメディ、ドラマ
原題:INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE

saikyo-01

(c) 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP/


–あらすじ–
不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

最近劇場公開された『サヨナラの代わりに』(2014)が、女版『最強のふたり』(2011)とも言われている。

しかしこの二作品の大きな違いは、

  • 『サヨナラの代わりに』(2014)・・フィクション、悪化していく病
  • 『最強のふたり』(2011)・・実話、事故により体が不自由に

というところ。

つまりは、本作は「悪化していかないもの」なだけに、それほど深刻な話にはなっていない。そこが、大きな違い。

 

悲しい系の、涙たくさん出ちゃう系の映画が苦手な人にも、十分楽しめる映画。

 

前述のとおり、この映画は実話がベースになっている。

実話ベースの映画は通常、劇的なストーリー展開が少ない分、退屈になりがちだが、この映画は最後まで飽きさせない。

もしかしたら、脚色多めなのかもしれないが、事実を大きく逸脱していなければ、面白さを追求する作りは嫌いではない。

 

実話ベースの映画の限界としては、小説のようにきれいに話がまとまっていないところ。アクション映画でいうところの、最後にボスキャラを倒して平和が訪れて終わる的な展開が、ないといえばない。この映画は最後、ダラダラ終わっていく感じの映画。

したがって、ストーリー全体の「締まり」は期待出来ない。しかしながら、個々のストーリーが単体でそれぞれ面白いので、全体として満足度の高い映画になっていると感じる。

 

明るい介護もの映画を観たいという人にはオススメの映画。

続きを読む

[映画レビュー]『Re:LIFE~リライフ~』(2014) 人に教えるということは、初心を思い出すこと

今、軽くヒュー・グラントで笑ってみたいというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:ヒュー・グラントのコメディもの結構好きだから。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス
原題:THE REWRITE

rewrite-03

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.


–あらすじ–
かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしながら復学したホリー(マリサ・トメイ)をはじめ真剣な生徒たちの情熱に接するうちに、鬱屈(うっくつ)したキースの心に変化が生じ……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

ヒュー・グラントの、とにかく頭で考えてることが口から次々と出ちゃって、その結果トラブルに巻き込まれていく系のコメディが好きな人には大好きな映画の一つになるかも。

 

私自身、ヒュー・グラント主演のコメディ映画は好きな方なのだが、これまでの彼のコメディ映画と比較して、今回の作品は正直あまりパンチの強さは感じられなかった。どちらかというと、小笑いの寄せ集め的な映画。

でも、そんな「ヒュー・グラント小笑い集」が好きなのが、彼のファンであるとも思うので、ヒュー・グラントファンとしては、十分満足できるのかもしれない。

rewrite-05

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.

 

人生やり直していく系のヒューマン要素(たぶん、こっちがメインテーマなんだろうが。。)も少し入ったコメディ映画。また、ヒュー・グラントが脚本家という設定から、映画ファンは同時に映画脚本制作の裏側ものぞくことができる、一度に二度美味しい映画。

 

軽くヒュー・グラントで笑ってみたいという人にはおすすめの映画。

ホント軽くね。

続きを読む

[映画レビュー]『ピッチ・パーフェクト2』(2015) 「ハモネプ」とは違うレベルのアカペラ大会

今、アカペラファンのあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:前作を観て、今作も観たいという気にさせられた。
ジャンル:コメディ
原題:PITCH PERFECT 2

PITCH PERFECT 2

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.


–あらすじ–
ベッカ(アナ・ケンドリック)が所属する大学ガールズアカペラ部のバーデン・ベラーズは、全米大会で女性チームとして初の優勝を果たした。ところがスキャンダルが原因で、大会への出場ができなくなってしまう。そんな中、一度きりのチャンスが訪れるものの、メンバーは卒業した後の進路などに悩んでいた。さらにドイツの強豪チームが彼女たちの前に立ちふさがり……。
シネマトゥデイ

まずは映画全体の感想から

前作の「ピッチ・パーフェクト」とほぼ同じ映画を作った感じの仕上がりに、ある意味驚きで。

ちょうど好きなアーティストのコンサートを再び観に行って、再度同じぐらいのテンションで盛り上がれる、そんな、この映画のファンであればすごく楽しめる映画。

 

一方で、初めて「ピッチ・パーフェクト2」から観た人には、ストーリーも薄っすらしたもので、正直楽しめないかもしれない。

今作は、ピッチ・パーフェクトファンのための「ピッチ・パーフェクト2」ということで、割り切って観に行く覚悟は必要かも。

  続きを読む

[映画レビュー]『ピッチ・パーフェクト』(2012) アメリカ版、アカペラ版「 スウィングガールズ (2004) 」か

今、アカペラ好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:続編が上映されるので気になった。
ジャンル:コメディ
原題:PITCH PERFECT

Pitch Perfect

(C)2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.


–あらすじ–
DJになろうと奮闘中のベッカ(アナ・ケンドリック)だったが、親に大学へ進むことを強く勧められる。渋々大学に入学した彼女は、全く興味のないガールズアカペラ部に入部し大会に出場する羽目になってしまう。しかし、メンバーは個性の強過ぎる者ばかりで、部としてしっかりと活動できる状態ではない。それでもぶつかり合いながら練習を重ねていくうちに、彼女たちの間に絆と友情が芽生え、歌声もリズムもハーモニーもピッタリと合うようになるが……。
シネマトゥデイ

まずは映画全体の感想から

アカペラ青春ストーリーといった映画。そして典型的なスクールコメディ映画。

部分的にストーリー展開が、日本の映画「 スウィングガールズ (2004) 」に酷似している。。「参考」にされたのか?

それが理由というわけではないが、ストーリーに深みがない。

 

でも、単純に観て楽しめる映画。そんな映画ってやっぱりたまに観たくなる。気分を上げるために。

そして「渡辺直美?」も出てるので、日本人にはより楽しめる映画かも。

levelwilson

(C)2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

naomiwatanabe

上がファット・エイミー役のレベル・ウィルソンさん、下がビヨンセ役?の渡辺直美さん。

どちらも実にかわいい。

 

アメリカの学園もの映画っぽく、いじめや差別的発言も日本人の我々にとっては行き過ぎてると感じる部分も多いが、映画だと思って軽く流しておこう。

こういうのってアメリカ映画の典型って感じで、差別発言にうるさい社会のはずが、映画だと発散するかのように、そのあたりの制限が緩くなる。映画の中が唯一本音が聞ける場所なのかもしれない。

  続きを読む

[映画レビュー]『プラダを着た悪魔』(2006) 誰もが憧れる仕事の「現実」とは?

今、参考にしたい働き方を探しているというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:当時、評価が高かったから観た記憶が。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス
原題:THE DEVIL WEARS PRADA 

prada

(c)20th Century Fox.


–あらすじ–
アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった。
シネマトゥデイ

この映画の劇場公開当時、女性向けの映画かと思ってしばらくシカトしていた記憶がある。

しかしながら、これは男性の私でも十分楽しめた映画。

 

一年ももてば、どこでも通用するようになると言われる仕事、それが、ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントという仕事。

このミランダの役は、実在の人物をモデルに書かれたと言われているが、マジすか?という感じの仕事内容。

このアシスタント業務、おそらく自分なら3日と続かないであろう。

 

次から次へとどんな要求がミランダから来るのか、だんだん待ち遠しくなる。

もちろんアンディ(アン・ハサウェイ)の立場にいない自分としてはだが。

 

時に、「へー、そういうのも人任せにするんだ」と、感心さえする。

究極に効率化された姿がそこにあるから、端で見ていて面白い。

  続きを読む

[映画レビュー]『マイ・インターン』(2015) 会社運営とは人間を扱うことに他ならず

今、会社で放置プレイを受けているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:「プラダを着た悪魔」が好きで、似た空気を感じたため。
ジャンル:コメディ、ドラマ
原題:THE INTERN

myintern

(c)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.


–あらすじ–
ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。
シネマトゥデイ

定年退職後の生活にスポットをあてた映画といえば、ジャック・ニコルソンの「アバウト・シュミット /ABOUT SCHMIDT (2002)」が私のお気に入り。

その映画と今回の「マイ・インターン」で共通する点、それは、「人は定年退職後、する事がない」ということ。

 

退職後、することがないベン(ロバート・デ・ニーロ)は、シニアインターンプログラムに申し込む。経験豊富なシニア層の力を会社運営に積極的に生かして行こう的なプログラムで、聞こえはいいが、実態は「放置プレー」そのもの。

結局何もすることがない状態に、変わりはないのである。

 

しかしそこは、経験豊富なベン。

「行動あるのみ」
”Just make it happen”

ということで、まず周りの人を手伝うところから始めていく。そして次第に社内で信頼を得ていく。

  続きを読む

[映画レビュー]『ミッドナイト・ラン』(1988) お金のためだけではなく、正義感やプライドで動く人間でありたい

今、「男ってバカだなあ」と笑いたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:たまたまケーブルテレビで放送してたのをたまたまみた。
ジャンル:アクション、コメディ
原題:MIDNIGHT RUN

midnightrun_91

(C)Universal Pictures

昔の名作を今さら持ち出して「この映画が良かった」とか言って語るのもどうかと思いつつも、この映画だけはまだ出会っていない方には是非オススメしたい。

アクションからコメディー、そして少しホロっとくるような部分まで全てが詰め込まれている作品だが、その中でもある種の男の友情的な部分に、みな心打たれるのではないかと思う。

グッドウィルハンティング」で扱われている男の友情とはまた違った形の友情であり、「男っていいな」と思わせる形の友情がそこに見える。ただ、共通している部分としては、友情に物理的な距離は関係ないということ。

 

最後にジャック(ロバート・デ・ニーロ)とデューク(チャールズ・グローディン)が交わす言葉。

See you in the next life
「来世でまた会おう」

この言葉にお互いの気持ちが全て込められている。

  続きを読む