泣ける・感動する・ドラマ映画 洋画編

[映画レビュー:詳細解説付]『チェ 39歳 別れの手紙』(2008) 革命家チェ・ゲバラの最期を見届ける

チェ・ゲバラ三部作の三本目としておすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:チェ・ゲバラ氏について、より知りたかったから。
ジャンル:ドラマ
原題: CHE: PART TWO / GUERRILLA

che39_2

(c)2008 Guerrilla Films, LLC – Telecinco Cinema, S.A.U. All Rights Reserved


–あらすじ–
1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。そしてラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れるが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

まず、これは「チェ 28歳の革命」のレビューでも書いたが、この映画はネタバレを前提で見ないと少々きつい。ストーリー展開が理解しにくい。

そして、チェ・ゲバラ映画三部作として考えると、この「チェ 39歳 別れの手紙」は三作目にあたる。

 

以下の順番で、チェ・ゲバラ映画は見ていくべし。

  1. モーターサイクル・ダイアリーズ (2003)
  2. チェ 28歳の革命 (2008)
  3. 「チェ 39歳 別れの手紙 (2008)」

ただこれら映画、事前予習ありきで観るべき映画として作られている感が強く、最低限この映画ブログのレビューに書いてある予備知識がないと、楽しめないかもしれない。

そういう意味では映画としてはちょっとどうかと思うが、チェ・ゲバラという人物を後世に語り継ぐための映画という意味では、その存在は大きいと感じている。

 

前作の「チェ 28歳の革命」と比べると、今作の「チェ 39歳 別れの手紙 (2008)」は、さらに映画的な華やかさに欠ける。しかしそれは、華やかな死を遂げているわけではないチェの最後を表現するに、ふさわしいのかもしれない。

 

前作の「チェ 28歳の革命」が、

  • まとまりのある部隊
  • フィデル・カストロもいる
  • 計画通りに戦う

と考えると

 

今作の「チェ 39歳 別れの手紙 (2008)」は、

  • 気持ちがバラバラの隊員たち
  • フィデル・カストロ不在
  • 無計画に突進

という感じ。

 

相変わらず、リーダーとして尊敬すべきチェ・ゲバラの姿はあるが、今作では求心力も衰え、住民からの支持も得られない、そんなチェ・ゲバラの前作とは対照的な姿がある。

続きを読む

[映画レビュー:詳細解説付]『チェ 28歳の革命』(2008) カストロとの出会いからキューバ革命を成し遂げるまで

チェ・ゲバラ三部作の二本目としておすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:チェ・ゲバラ氏について、より知りたかったから。
ジャンル:ドラマ
原題:CHE: PART ONE / THE ARGENTINE

(c)2008 Guerrilla Films, LLC – Telecinco Cinema, S.A.U. All Rights Reserved


–あらすじ–
1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

通常映画はネタバレしたら面白くないものだが、この映画に限っては、あえてネタバレさせてから観るべし。そうしないと、おそらく厳しい。

少なくとも「モーターサイクル・ダイアリーズ (2003)」は観ておくべしかと。

そうしないと、そもそもなぜ、チェ・ゲバラが改革のために立ち上がっているのかの背景がわからない。

なんでこの人戦ってるの?というところが。

 

また、この作品は映画としてみるのではなく、ドキュメンタリーフィルムとしてみる感じ。

そして、どのようにしてフィデル・カストロとチェ・ゲバラがバティスタ政権を倒したかというよりも、チェ・ゲバラという人間そのものを知るための映画。

 

劇中、チェ・ゲバラによる数々の名言が飛び出す。この場で一つ一つその名言を紹介することに意味はないので、是非映画を見て自分なりに心に響いた言葉を書き留めてみてほしい。

最低でも2回は観たい映画。一回目は全体の流れをつかみ、二回目で名言を書き取っていく感じで。

 

伝記系の映画は基本的に観るのが疲れる。だから、元気のある時に観るべし。

以下の準備をしてから。

続きを読む

[映画レビュー]『エール!』(2014) 耳が聞こえない、でも、伝わる「歌声」がある

耳の聴こえない家族が感動する「歌声」を聴いてみたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:プロモーション活動がお盛んだったから。
ジャンル:ドラマ、コメディ
原題:LA FAMILLE BELIER/THE BELIER FAMILY

la-famille-belier1

(C) 2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia


–あらすじ–
フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才能を認められ、パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは喜ぶものの、歌声を聴けない家族から反対される。家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

la-famille-belier2

プロモーション用ポスター (C) 2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia

プロモーション用のポスターから受けるイメージそのままに映画を見に行くと、ちょっとびっくりするかもしれません。

実際はものすごく笑いの多い、割合でいうとコメディの要素の方が多い映画だから。

 

笑い笑い笑い笑い笑い笑い笑い笑い感動感動

という感じの展開で。

 

ただ、このコメディの部分、ハリウッドのおバカ映画のような、「さあ笑ってください」的なものではなく、どちらかというと、自然と出る笑いで劇場が溢れる感じのもので。

だから、号泣ものでは決してないです。

でも、気づいたら涙が落ちてる的なもの。

 

最初は想定外の展開に戸惑うかもしれませんが、次第にその暖かい笑いに包まれていく感じで、心地の良い映画です。後からジワジワきます。

続きを読む

[映画レビュー]『シービスケット』(2003) 完璧である必要があるのか?

今、完璧を求めすぎてしまっているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:脚本家が絶賛の映画だから。
ジャンル:ドラマ
原題:SEABISCUIT

SEABISCUIT2

(c) Universal pictures


–あらすじ–
1929年10月、アメリカは株の大暴落で大恐慌時代に陥った。それまで自動車ディーラーとして成功を収めていたハワードは、最愛の息子を交通事故で亡くし、妻にも去られてしまった。そんな彼は1933年、運命的に出会った女性マーセラと結婚。そして、乗馬の愛好家である彼女に影響を受け、競馬の世界に傾倒していく。やがて、彼はカウボーイのスミスを調教師として雇う。スミスは“シービスケット”と呼ばれる小柄で気性の荒いサラブレッドの潜在能力に目を付け、その騎手として気の強い男ジョニー・ポラードを起用するのだった。
allcinema ONLINE

映画を見た後の率直な感想から

この映画は一度観ただけでは消化しきれないだろう。

二度、三度と観るたびに味が出てくる映画だ。逆に、二度、三度観ないと消化しきれないかもしれない。

 

人物背景を説明する下りの冒頭約40分ぐらいは正直退屈である。

この部分の見せ方については玄人好みの作りと言われるかもしれないが、一般受けはしないだろう。

時間の流れも速く、また、めまぐるしくスポットを当てる人物が変わる手法は、はっきり言って情報が整理しにくい。縦軸にも横軸にも頻繁に入れ替わる状況に、容易についていける人はそうは多くないであろう。

したがって、前知識ゼロでいきなりこの映画を観ると、話の展開を追っていくことにまず苦労する。

 

上記あらすじの内容と、以下三人の男たちの立ち位置だけでもあらかじめ頭に入れておくと、初回の鑑賞でも無駄な情報整理に労力を費やさず、楽しんで観ることができるのではないか。ただ、それは映画としてはどうかとも思うが。

  • チャールズ・ハワード(ジェフ・ブリッジス)・・・シービスケットのオーナー
  • トム・スミス(クリス・クーパー)・・・シービスケットの調教師
  • ジョニー・レッド・ポラード(トビー・マグワイア)・・・シービスケットの騎手

 

この映画に関しては、その「無駄な情報整理のための労力」を考慮しても、観る価値のある映画だ。

それは、実話をベースに作られている映画だが、ただ単に、かつてすごい馬がアメリカにいた、という浅い話ではないからである。

  続きを読む

[映画レビュー]『はじまりのうた』(2013) 音楽の素晴らしさを感じずにはいられない

今、音楽を楽しんでいるあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:パッケージが良さげ。レビューサイトで評価高。
ジャンル:ドラマ
原題:BEGIN AGAIN

BEGIN AGAIN

(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.


–あらすじ–
ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ(キーラ・ナイトレイ)。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダン(マーク・ラファロ)にアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

ミュージシャンたちが日々思っていることを、「弁が立たない」ミュージシャンに代わって代弁してくれている。

ヒットさせるために曲を作るか、それとも自分の作りたい曲を作るか。

 

夢ばかりを追っているわけにはいかない。ただ、他人の評価を気にして曲を作るようになってほしくない。

そんなメッセージが、音楽の素晴らしさを通じて発っせられている。

 

二人の大人が音楽を通じて人生再チャレンジをしていく。

ただ、ググッとモチベーションを上げられる映画かというと、そんな押し付けがましくもない。

 

歌の流れるシーンが多く、そらら歌の心地良さを感じながら、ニューヨークの街並みに浸ってみたい、そんな時にピッタリの映画か。

  続きを読む

[映画レビュー]『サヨナラの代わりに』(2014) 「あの頃に戻りたい」と思ったところで遅いのが人生

今、ALSについて考えたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:ヒラリー・スワンクが出てるから。ALSについて関心があるから。
ジャンル:ドラマ
原題:YOU’RE NOT YOU

YOU'RE NOT YOU

(C) 2014 Daryl Prince Productions, Ltd. All Rights Reserved.


–あらすじ–
弁護士の夫エヴァン(ジョシュ・デュアメル)と理想的な日々を暮らしていたケイト(ヒラリー・スワンク)は、35歳で難病のALSと診断される。1年半後には車椅子での生活を余儀なくされ、友人たちの前で気丈に振る舞うことに疲弊した彼女は、奔放な大学生のベック(エミー・ロッサム)を介護人として雇う。全てが正反対で反目してばかりの二人だったが、ケイトの夫の浮気を機に、遠慮のない関係になっていき……。
シネマトゥデイ

女版「最強のふたり」とも言われているが、患っている病気の重さが違うので、そもそものストーリーの重さが違う。

こちらはALSという、病状が悪化していく一方の病気。つまり、結末が明るくないことが最初から分かっているので、見ていてだんだん心が重くなっていくる。

 

人物設定はありがちといえばありがちで、ストーリー展開も想像に難くないのだが、実際に病気の症状が悪化していくケイト(ヒラリー・スワンク)の姿を見ていると、やはり見ていてつらくなる。

「そうか。。そういうこともできなくなってくるのか。。」と。

 

ALSのような悪化していくだけの病を患っている人に対し、自分なら、どのように接していくだろうか、考えさせられた。

 

励ましの言葉をかけてあげることが望まれていることなのか。

頑張ってもどうにもならないものに、「頑張って」と声をかけるのは残酷ではないか。

  続きを読む

[映画レビュー]『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014) 父と息子の交流を描いた名作映画

今、あったかい気持ちになりたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:楽しくリラックスできる映画と感じ、選んだ。
ジャンル:ドラマ、コメディ
原題:CHEF

chef

(c) 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved.


–あらすじ–
一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。
シネマトゥデイ

父と息子の交流を描いた名作映画は数あれど、この映画もその名作の仲間入りか。

一人の料理人が人生挽回していくストーリーを軸としながらも、より注目すべきは、父の息子への愛情表現が変化していく過程である。

テーマパークへ一緒に出かけたりなど、特別な扱いをすることが息子が喜ぶことと思っていた父。一方で、ただ普通にたわいもない話をしながら父と過ごしたい息子。

 

父が息子に、サンドイッチの焼き方や料理への向き合い方など、子供扱いせず真剣に教えるシーンは心温まる。

ただ口で教えるだけでなく、実際に手を動かして経験させる、自信をつけさせる、一人の大人として扱う。

chef_02

(c) 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved.

 

また、この映画では、SNSの使われ方の良い面と悪い面の双方がうまく紹介されている。

よく、インターネット技術についてはそのネガティブな使われ方ばかりが取り上げられがちであるが、この父と息子との交流の部分では良いSNSの使われ方にスポットがあてられ、それが非常に心温まるものになっている。

  続きを読む

[映画レビュー]『サガン -悲しみよ こんにちは-』(2008) 作家フランソワーズ・サガンの破天荒人生

今、フランソワーズ・サガンについて、ザックリ知りたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:サガンという人物について知りたかった。
ジャンル:ドラマ
原題:SAGAN

sagan

(C)2008 ALEXANDRE FILMS


–あらすじ–
1954年、18歳のフランソワーズ(シルヴィー・テステュー)は、処女作「悲しみよ こんにちは」をひと夏で書き上げる。ペンネームのフランソワーズ・サガンとして出版された小説はベストセラーとなり、一躍時代の寵児となった。やがて彼女はダンサーのジャック(ピエール・パルマード)らとともに道楽ざんまいの日々を送るようになり……。
シネマトゥデイ

サガンについて、強く知りたいという想いがないと、眠りに落ちてしまうかもしれない。

つまり、映画としては、起伏もなく、平坦であり、ただただすべての事実を同じレベル感で並べていった感じの二時間。

 

同じ自伝的映画でも、「モーターサイクル・ダイヤリーズ」のように、いくつかの出来事にフォーカスした作りであったほうが、映画としては面白みがあったかも。

もともと、もう少し長いバージョン(テレビバージョンがあった?)があったのを、短く二時間にまとめたようですが。

 

若くして成功してしまったサガン。若くして成功すると、やはり、人は自分をコントロールしていくのが難しくなるのであろうか。

周りの意見に耳を傾けなくなったり、お金に無頓着になるところは、想像に難くないであろう。そして周りにはイエスマンしか残らないところなども。

  続きを読む

[映画レビュー]『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013) 自業自得男の凄まじい行動力

今、「行動力」が欲しいと感じているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:伝記映画が好み。病気のようにやせ細ったマシュー・マコノヒーが出てる。
ジャンル:ドラマ
原題:DALLAS BUYERS CLUB

DALLASBUYERSCLUB

(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved.


–あらすじ–
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。
シネマトゥデイ

このロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)をカッコイイと思う人は少なくないだろう。最初の堕落した生活の部分以外は。

しかしながら、彼のやったことは、ルール無視、法律無視の、自分さえよければいいという行動。

そんな彼を崇めたて、映画化までしてしまうのも、正直どうかと思った。

特に医療従事者であれば、こんな一方的な見せ方に納得はいかないであろう。医療業界にいた私も、このワンサイドすぎる作りには納得が行かないところがある。映画としても、もう少しFDAをはじめとする医療機関側の主張の部分を出すべきだったかと。

  続きを読む

[映画レビュー]『フリーダム・ライターズ』(2007) 一方的に思想を押し付けるのではなく、自らに気づかせる

今、周りの協力を得られなくて困っているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:映画チャンネルで放送されてた。評判が良いと聞いていた。ヒラリー・スワンクが出てる。
ジャンル:ドラマ
原題:FREEDOM WRITERS

freedomw-a1

(C)2006 Paramount Pictures. All rights reserved.

この映画が上映されたのが2007年。映画の舞台が1994年。映画製作の時期からだと、たった13年前、今の2015年から遡ってもたった21年前の出来事を映画化したものとは思えないぐらい衝撃的なストーリー。

 

「え、実話ですか、これ?」

と映画の解説を見直したぐらい。

映画冒頭は特に、刑務所での生活を描いたアメリカテレビドラマ「プリズンブレイク」を見てる感じでした。

 

私はちょうど1996年にアメリカのワシントン州に留学したのですが、私のいた地域周辺ではこのような話は聞かなかったのですが、せっかくアメリカにいたのであれば、真面目に英語だけ勉強してるのではなく、こういった社会情勢にも目を向けられる優秀な留学生であったならなあと、当時の自分を残念に思う。

アメリカ留学当時、高校に託児所があったことに驚いたが、その驚きをはるかに超えるリアルが同じアメリカにあったとは。

 

似たようなストーリーの映画に「デンジャラス・マインド/卒業の日まで (1995) 」というのがあるのですが、当時はこのような状況にある高校が少なくなかったんでしょうね。

  続きを読む