おすすめ洋画

[映画レビュー]『博士と彼女のセオリー』(2014) 物理学者スティーヴン・ホーキングを味わう

今、夫婦のあり方について見つめ直したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:ホーキング氏について興味があったから。
ジャンル:ドラマ、ロマンス
原題:THE THEORY OF EVERYTHING

The Theory of Everything

(c) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.


–あらすじ–
天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

スティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)氏のこれまでの偉業を知りたくて見たのだが、どちらかというと、スティーヴンとその妻ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)、そして第三の男ジョナサン(チャーリー・コックス)との間のロマンスムービー的な要素が強かった。

私のように、スティーヴン・ホーキング氏の伝記映画と思って観ると、正直がっかりするかもしれない。こんなロマンスもの期待していなかった、と。

 

一方で、スティーヴン・ホーキング氏がALSという難病にかかり、また、その後、難病を患いながらも妻ジェーンのサポートを受け、研究を続ける姿が描かれている。

そういう意味では一つの伝記映画としての役割は果たしているのかもしれない。しかし、よりフォーカスされているのはロマンスの方。特に後半はロマンスだけ。

The-Theory-of-Everything_4

(c) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

 

もっとも、スティーヴン・ホーキング氏の研究過程を映画にしたところで、その凄さを伝えることは難しいか。

スポーツものと違って、学者系ってなかなかスゴさが伝わりにくいので。黒板に数式をガンガン書いていく姿しかそのスゴさを伝える方法が思い浮かばない。福山雅治のガリレオみたいに。

The-Theory-of-Everything_3

(c) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

しかしスティーヴン・ホーキング氏は体が動かなくなってくるため、そのビジュアルで見せるやり方は使えない。となると、やはり妻ジェーンやその周りの人間がスティーブンのスゴさを伝える必要があるんだけど、それもあまりうまくいっていないように思えた。

 

全体的に、大人のラブストーリー的な要素の強い映画であるため、そうであることを承知で観れば、納得感を得られるかもしれないが、そうでなければ。。

続きを読む

[映画レビュー]『ハッピーエンドが書けるまで』(2012) 様々な愛の型にはまっていく、もの書き一家

今、様々な愛情表現の形を味わいたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:もの書きの映画だから。
ジャンル:ドラマ、コメディ、ロマンス
原題:STUCK IN LOVE

Stuck-in-Love_3

(c)2012 Writers the Movie, LLC


–あらすじ–
作家ビル(グレッグ・キニア)は前妻エリカ(ジェニファー・コネリー)を忘れられず、離婚して3年たってもまだ彼女の家の周りをウロウロしていた。大学生の娘サマンサ(リリー・コリンズ)はさっさと父親を見限って新しい恋人を作る母親を嫌悪し、3年間ろくに口もきいていない。そんな彼女に同級生のルイス(ローガン・ラーマン)が恋心をいだくが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

この映画、DVDをレンタルして観たんですが、この「ハッピーエンドが書けるまで」というタイトルが恥ずかしくて少し気が引けた。

40歳を過ぎたオッさんが手に取るタイトルじゃないな、と。

 

一言でいうと「オシャレ系映画」という感じ。

ストーリーの起伏もあまりなく、個々のイベントもどこかの映画で観たことがあるといった感が否めない。

 

ただなんとなく、彼らの「文化」に触れた気になれる、オシャレ感を味わえる、という意味で、私はこの手の映画を「オシャレ系映画」と勝手に呼んでいる。

よって、大絶賛はないけど観て損もしない、新たにファッションアイテムを一つ身につけた感じになれる、そんな映画。

 

このブログを書いているように、私自身、文章を書くのが好きなので、そういった意味では小説家の家の子どもの育て方には興味があり、また、憧れを感じる部分も。

お決まりのストーリーを味のある俳優陣で味わってみたい、そんな時におすすめの一本です。

続きを読む

[映画レビュー]『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』(2013) 楽しかった過去の日は何度も経験したいもの?

今、「父と息子の親子愛」について考えたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:タイムトラベルをどう切り込んで作っているか気になった。
ジャンル:ロマンス、コメディ、SF
原題:ABOUT TIME

abouttime_pkg

(c) 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.


–あらすじ–
自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

タイムトラベルの話なので、それほど期待値は高くなかった。それは、タイムトラベルもので、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を上回る作品は出てくるはずがないから。

だがその予想は裏切られた。

こういう角度から切り込んでるのか、と。

 

DVDのパッケージを観ると、いわゆるロマンスムービーのような様相を呈しているが、実際は家族愛というか、親父と息子の間の親子愛の方に、よりフォーカスがあたっている作品。

タイムトラベルという能力を持っているが故の葛藤が、非常に美しく描かれている。

最後、ティム(ドーナル・グリーソン)はタイムトラベラーとしての最大の決断に迫られることになる。そこで、ティムが選んだ答えは。。

 

まさか、タイムトラベルもので感動するとは思わなかったのですが、すごく心動かされる映画でした。

また、ティムの妹キットカット(リディア・ウィルソン)がすごく魅力的な女性に描かれていて、兄のポジションから見たら、こういう感じの妹が、実は理想の妹像なのかもしれない、と思えた。

abouttime2

左が妹のキットカット(リディア・ウィルソン)、右が兄のティム (c) 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.

続きを読む

[映画レビュー:詳細解説付]『チェ 39歳 別れの手紙』(2008) 革命家チェ・ゲバラの最期を見届ける

チェ・ゲバラ三部作の三本目としておすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:チェ・ゲバラ氏について、より知りたかったから。
ジャンル:ドラマ
原題: CHE: PART TWO / GUERRILLA

che39_2

(c)2008 Guerrilla Films, LLC – Telecinco Cinema, S.A.U. All Rights Reserved


–あらすじ–
1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。そしてラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れるが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

まず、これは「チェ 28歳の革命」のレビューでも書いたが、この映画はネタバレを前提で見ないと少々きつい。ストーリー展開が理解しにくい。

そして、チェ・ゲバラ映画三部作として考えると、この「チェ 39歳 別れの手紙」は三作目にあたる。

 

以下の順番で、チェ・ゲバラ映画は見ていくべし。

  1. モーターサイクル・ダイアリーズ (2003)
  2. チェ 28歳の革命 (2008)
  3. 「チェ 39歳 別れの手紙 (2008)」

ただこれら映画、事前予習ありきで観るべき映画として作られている感が強く、最低限この映画ブログのレビューに書いてある予備知識がないと、楽しめないかもしれない。

そういう意味では映画としてはちょっとどうかと思うが、チェ・ゲバラという人物を後世に語り継ぐための映画という意味では、その存在は大きいと感じている。

 

前作の「チェ 28歳の革命」と比べると、今作の「チェ 39歳 別れの手紙 (2008)」は、さらに映画的な華やかさに欠ける。しかしそれは、華やかな死を遂げているわけではないチェの最後を表現するに、ふさわしいのかもしれない。

 

前作の「チェ 28歳の革命」が、

  • まとまりのある部隊
  • フィデル・カストロもいる
  • 計画通りに戦う

と考えると

 

今作の「チェ 39歳 別れの手紙 (2008)」は、

  • 気持ちがバラバラの隊員たち
  • フィデル・カストロ不在
  • 無計画に突進

という感じ。

 

相変わらず、リーダーとして尊敬すべきチェ・ゲバラの姿はあるが、今作では求心力も衰え、住民からの支持も得られない、そんなチェ・ゲバラの前作とは対照的な姿がある。

続きを読む

[映画レビュー:詳細解説付]『チェ 28歳の革命』(2008) カストロとの出会いからキューバ革命を成し遂げるまで

チェ・ゲバラ三部作の二本目としておすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:チェ・ゲバラ氏について、より知りたかったから。
ジャンル:ドラマ
原題:CHE: PART ONE / THE ARGENTINE

(c)2008 Guerrilla Films, LLC – Telecinco Cinema, S.A.U. All Rights Reserved


–あらすじ–
1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

通常映画はネタバレしたら面白くないものだが、この映画に限っては、あえてネタバレさせてから観るべし。そうしないと、おそらく厳しい。

少なくとも「モーターサイクル・ダイアリーズ (2003)」は観ておくべしかと。

そうしないと、そもそもなぜ、チェ・ゲバラが改革のために立ち上がっているのかの背景がわからない。

なんでこの人戦ってるの?というところが。

 

また、この作品は映画としてみるのではなく、ドキュメンタリーフィルムとしてみる感じ。

そして、どのようにしてフィデル・カストロとチェ・ゲバラがバティスタ政権を倒したかというよりも、チェ・ゲバラという人間そのものを知るための映画。

 

劇中、チェ・ゲバラによる数々の名言が飛び出す。この場で一つ一つその名言を紹介することに意味はないので、是非映画を見て自分なりに心に響いた言葉を書き留めてみてほしい。

最低でも2回は観たい映画。一回目は全体の流れをつかみ、二回目で名言を書き取っていく感じで。

 

伝記系の映画は基本的に観るのが疲れる。だから、元気のある時に観るべし。

以下の準備をしてから。

続きを読む

[映画レビュー]『エール!』(2014) 耳が聞こえない、でも、伝わる「歌声」がある

耳の聴こえない家族が感動する「歌声」を聴いてみたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:プロモーション活動がお盛んだったから。
ジャンル:ドラマ、コメディ
原題:LA FAMILLE BELIER/THE BELIER FAMILY

la-famille-belier1

(C) 2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia


–あらすじ–
フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才能を認められ、パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは喜ぶものの、歌声を聴けない家族から反対される。家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

la-famille-belier2

プロモーション用ポスター (C) 2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia

プロモーション用のポスターから受けるイメージそのままに映画を見に行くと、ちょっとびっくりするかもしれません。

実際はものすごく笑いの多い、割合でいうとコメディの要素の方が多い映画だから。

 

笑い笑い笑い笑い笑い笑い笑い笑い感動感動

という感じの展開で。

 

ただ、このコメディの部分、ハリウッドのおバカ映画のような、「さあ笑ってください」的なものではなく、どちらかというと、自然と出る笑いで劇場が溢れる感じのもので。

だから、号泣ものでは決してないです。

でも、気づいたら涙が落ちてる的なもの。

 

最初は想定外の展開に戸惑うかもしれませんが、次第にその暖かい笑いに包まれていく感じで、心地の良い映画です。後からジワジワきます。

続きを読む

[映画レビュー]『きっと、星のせいじゃない。』(2014) 生きる上での「公平さ」とは?

今、やりたいことがあってもなかなか実行できない、そんなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:飛行機の中でたまたま観た。
ジャンル:ドラマ、青春、ロマンス
原題:THE FAULT IN OUR STARS

(C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment


–あらすじ–
末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エルゴート)と知り合う。ヘイゼルに惹(ひ)かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出るが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

冒頭部分、話の展開もゆるく、ヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)とガス(アンセル・エルゴート)のベタな出会いのシーンから、かなりの駄作感が漂っていたのだが、飛行機の中ということもあり、特に他にすることもなかったので、そのままこの映画を観ていた。

 

そして2時間後、

「ホント、途中で観るの止めなくてよかった。」

と、心から思えた。

 

一見、単なる泣かせる系のラブストーリーに見えるのだが、いやいやそんなレベルの話ではない。

 

我々が日々の生活であまり考えることがない「時間のとらえ方」や、生きる上での「公平さ」について、そして「幸せとは?」について、考えさせてくれる。

 

登場人物が小説好きという設定なだけあって、ときおり小難しい話が展開されるが、無理に理解する必要はなく、自分が受け止められる範囲で受け止めればよいかと。

最後の最後まで噛み締めて観てほしい。そして、ヘイゼルやガスが疑問に思ったことについて一緒に考え、自分なりの答えを見つけてみるのもよいかもしれない。

  続きを読む

[映画レビュー]『シービスケット』(2003) 完璧である必要があるのか?

今、完璧を求めすぎてしまっているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:脚本家が絶賛の映画だから。
ジャンル:ドラマ
原題:SEABISCUIT

SEABISCUIT2

(c) Universal pictures


–あらすじ–
1929年10月、アメリカは株の大暴落で大恐慌時代に陥った。それまで自動車ディーラーとして成功を収めていたハワードは、最愛の息子を交通事故で亡くし、妻にも去られてしまった。そんな彼は1933年、運命的に出会った女性マーセラと結婚。そして、乗馬の愛好家である彼女に影響を受け、競馬の世界に傾倒していく。やがて、彼はカウボーイのスミスを調教師として雇う。スミスは“シービスケット”と呼ばれる小柄で気性の荒いサラブレッドの潜在能力に目を付け、その騎手として気の強い男ジョニー・ポラードを起用するのだった。
allcinema ONLINE

映画を見た後の率直な感想から

この映画は一度観ただけでは消化しきれないだろう。

二度、三度と観るたびに味が出てくる映画だ。逆に、二度、三度観ないと消化しきれないかもしれない。

 

人物背景を説明する下りの冒頭約40分ぐらいは正直退屈である。

この部分の見せ方については玄人好みの作りと言われるかもしれないが、一般受けはしないだろう。

時間の流れも速く、また、めまぐるしくスポットを当てる人物が変わる手法は、はっきり言って情報が整理しにくい。縦軸にも横軸にも頻繁に入れ替わる状況に、容易についていける人はそうは多くないであろう。

したがって、前知識ゼロでいきなりこの映画を観ると、話の展開を追っていくことにまず苦労する。

 

上記あらすじの内容と、以下三人の男たちの立ち位置だけでもあらかじめ頭に入れておくと、初回の鑑賞でも無駄な情報整理に労力を費やさず、楽しんで観ることができるのではないか。ただ、それは映画としてはどうかとも思うが。

  • チャールズ・ハワード(ジェフ・ブリッジス)・・・シービスケットのオーナー
  • トム・スミス(クリス・クーパー)・・・シービスケットの調教師
  • ジョニー・レッド・ポラード(トビー・マグワイア)・・・シービスケットの騎手

 

この映画に関しては、その「無駄な情報整理のための労力」を考慮しても、観る価値のある映画だ。

それは、実話をベースに作られている映画だが、ただ単に、かつてすごい馬がアメリカにいた、という浅い話ではないからである。

  続きを読む

[映画レビュー]『はじまりのうた』(2013) 音楽の素晴らしさを感じずにはいられない

今、音楽を楽しんでいるあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:パッケージが良さげ。レビューサイトで評価高。
ジャンル:ドラマ
原題:BEGIN AGAIN

BEGIN AGAIN

(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.


–あらすじ–
ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ(キーラ・ナイトレイ)。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダン(マーク・ラファロ)にアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

ミュージシャンたちが日々思っていることを、「弁が立たない」ミュージシャンに代わって代弁してくれている。

ヒットさせるために曲を作るか、それとも自分の作りたい曲を作るか。

 

夢ばかりを追っているわけにはいかない。ただ、他人の評価を気にして曲を作るようになってほしくない。

そんなメッセージが、音楽の素晴らしさを通じて発っせられている。

 

二人の大人が音楽を通じて人生再チャレンジをしていく。

ただ、ググッとモチベーションを上げられる映画かというと、そんな押し付けがましくもない。

 

歌の流れるシーンが多く、そらら歌の心地良さを感じながら、ニューヨークの街並みに浸ってみたい、そんな時にピッタリの映画か。

  続きを読む

[映画レビュー]『ピッチ・パーフェクト2』(2015) 「ハモネプ」とは違うレベルのアカペラ大会

今、アカペラファンのあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:前作を観て、今作も観たいという気にさせられた。
ジャンル:コメディ
原題:PITCH PERFECT 2

PITCH PERFECT 2

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.


–あらすじ–
ベッカ(アナ・ケンドリック)が所属する大学ガールズアカペラ部のバーデン・ベラーズは、全米大会で女性チームとして初の優勝を果たした。ところがスキャンダルが原因で、大会への出場ができなくなってしまう。そんな中、一度きりのチャンスが訪れるものの、メンバーは卒業した後の進路などに悩んでいた。さらにドイツの強豪チームが彼女たちの前に立ちふさがり……。
シネマトゥデイ

まずは映画全体の感想から

前作の「ピッチ・パーフェクト」とほぼ同じ映画を作った感じの仕上がりに、ある意味驚きで。

ちょうど好きなアーティストのコンサートを再び観に行って、再度同じぐらいのテンションで盛り上がれる、そんな、この映画のファンであればすごく楽しめる映画。

 

一方で、初めて「ピッチ・パーフェクト2」から観た人には、ストーリーも薄っすらしたもので、正直楽しめないかもしれない。

今作は、ピッチ・パーフェクトファンのための「ピッチ・パーフェクト2」ということで、割り切って観に行く覚悟は必要かも。

  続きを読む