青春映画 邦画編

[映画レビュー]『ちはやふる -下の句-』(2016) 一人でなんでもできると思ってた

今、ベタな友情に飢えているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:『上の句』が最高に面白かったから
ジャンル:青春、ドラマ
泣ける度:(3.5/5)

chihayafuru-shimo-01

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社


–あらすじ–
高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ。そんな折、千早は同い年で日本一となった若宮詩暢(松岡茉優)のことを知り……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

男子高校生たちの、男同士で連れ立って、少し恥ずかしそうに映画鑑賞する姿がいい感じで。

男同士で映画館に行くなんてのは、この高校時代が最後になるんじゃないかな。

 

ひと月前に上映された『上の句』の続編ということで、『下の句』は当然のことながら、映画館に見に行ってまいりました。

一言で表すと、「動」の『上の句』、「静」の『下の句』という感じで。

 

前作の『上の句』では、かるた部のメンバー一人一人にスポットを当て、映画一本二時間という限られた時間のなかで、うまい具合にメンバーそれぞれの持ち味を紹介していた。

また、『上の句』では、お笑い要素も多く、見ていて単純に楽しい、笑っちゃうといった内容で、その上に感動もあり、幅広い映画ファンに受け入れられやすい展開だった。

 

一方今回の『下の句』では、ほぼ千早(広瀬すず)一人にスポットを当て、より深く、メッセージ性の強い仕上がりになっている。

コメディ要素も前作『上の句』よりは少なく、ややスロー気味な展開で、丁寧に、『ちはやふる』として伝えたいメッセージを送り出している。

 

そういった点で、『上の句』の時のような怒涛の展開を期待した人には今回の『下の句』は少し期待外れと感じるかもしれない。しかし、『下の句』の方が、より映画の持つ良さ、余韻を味わわせる良さがあり、『上の句』『下の句』両方合わせて、一つの完成作品としてのバランスを取っている。

相変わらずの臭いセリフや、こっぱずかしくなるような仕草はあるものの、友情っていいなと思わせてくれる、爽やか青春映画である。

 

『上の句』同様、かるたが散り舞うシーンはカッコよく、アクション映画的要素も健在。

続編製作も決定したようで、さらに進化した瑞沢高校競技かるた部が、今から楽しみである。

続きを読む

[映画レビュー]『ちはやふる -上の句-』(2016) 「静」と「動」のメリハリがダイナミックさを加速させる

今、時を超えても変わらない人の想いを感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:百人一首にフォーカスした渋いストーリの映画だから。
ジャンル:青春、ドラマ
泣ける度:(3.5/5)

chihayafuru-01

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社


–あらすじ–
同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。小学校卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、千早は単独で競技かるたの腕を磨く。高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、この世界に導いてくれた新を思いながら全国大会を目標とする。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

40も過ぎたオッさんが、こんな青春映画を観に行くのはちょっとキモいが、それを承知で映画館に観に行った。

劇場には他にもオッさん族がちらほらいて安心したが、ほとんどが春休みに入った学生たち。

 

その学生たちのほとんどが、満足げな表情で映画館を出て行った。

そして、私はというと、これまた満足顔だった。

 

百人一首という題材がよかったのか、「静」と「動」のメリハリがあり、ダイナミックさを加速させていた。

そして、かるた目線で下から競技者を見上げるアングルが、迫力満点。

chihayafuru-04

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

 

高校生同士の、むずがゆくなるような恋愛もの映画と思いきや、そんなちんけなものではない。

百人一首がわからない人でも自然と入り込める世界が出来ており、時折入れ込んでくる詩の解説が、ストーリーに深みを加えていた。

 

漫画が原作のため、「そんなやついないだろ」と思ったらそれで思考停止。

自然に笑えて、心地よく観終えることのできる、こころ温まる映画。

 

「ちはやふる -下の句-』(2016)は4月29日から。

前後編に分かれてる映画はあまり好きじゃないが、前編『ちはやふる -上の句-』(2016)は、これ単体でもしっかり物語が完結していて、思ったほどの不快感はない。

 

後編『下の句』では松岡茉優が投入されるようで、さらに加速していくぞ感を感じる。

原作はどんなだか知らないが、この実写版映画は学生じゃない大人なオッさんでも十分楽しめたので、オッさん族も恐れず映画館へ向かうべし。

続きを読む

[映画レビュー]『ソラニン』(2010) 押し付けられるチープな価値観が心地良い

今、宮崎あおいのピュアな歌声が聴きたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:原作コミック本が面白く、主演が宮崎あおいということで興味ありで。
ジャンル:青春、ドラマ
泣ける度:(3/5)

soranin-01

(c)2010 浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会


–あらすじ–
OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

この手の人気コミックを映画化したものは、酷評を浴びることが多い。

この映画もしかり。

 

とくに、原作コミックに気持ちが入りすぎているコアファンには、その世界観を壊される実写化というものが、許せないのかもしれない。

 

私は基本的に、この手の漫画の実写映画を観るときは、原作の方のコミック本を読まないで、いきなり映画を観るタイプなのだが、今回は、原作コミック本が先行した。

たまたま美容室に置いてあったので、それを読んだのがきっかけで。

 

確かに、あの原作の世界観を二時間映画枠の中で表現することは難しい。

そして、本作においては、かなり忠実にコミック本のセリフを再現したり、一つ一つのシーンを再現したりして、原作の世界観を壊さないように努めていたように感じつつも、表現しきれていなかったことも否めない。

 

ゆえに、原作ファンの人は、この映画は観ない方が良いのかもしれない。

ただ、あの芽衣子と種田を、宮崎あおいと高良健吾が演じる、その姿を観たいという人には、ひとつ、楽しみのある映画かと思う。

 

原作コミック本では、数々の名言が登場する。そんな、名言のいくつかが、この映画の中でも忠実に再現されている。

そして、宮崎あおいがギターを弾き、歌を歌う。

 

私自身、ギター弾きではないので、そのあたりの感想についてはなんとも言えないが、少なくとも、宮崎あおいの歌声は、聞きごたえがあった。

 

アースミュージック&エコロジーのCMでしか聴いたことのない、棒読み調の宮崎あおいの歌声。

決して歌唱力があるとかそういうのではないけど、バンドを始めたばかりの、学生らしい、勢いで歌い上げる感じが十分に出ていたのではないかと思う。

 

Again, こういったアニメ原作ものの実写映画化で、原作を超える世界観を出せることはない。

そして、本作は、その原作コミック本をかなり忠実に再現しているので、ストーリー展開もほぼ同じと考えていい。

 

では、この映画を観る意味は?

宮崎あおいのかわゆさ全開の演技を観るのと、40過ぎのおっさんたちが、自分もそんな甘い考えしてたなあと、ノスタルジーに浸るため、ではなかろうか。

soranin-02

(c)2010 浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会

続きを読む

[映画レビュー]『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』(2014) 「ありえないだろ!」と「いや、ありうるかも」の中間を走る絶妙な面白さ

今、染谷将太で一発笑いたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:長澤まさみ見たさに映画館に。
ジャンル:青春、コメディ、ドラマ
泣ける度:(2/5)

wood-job-01

(C)2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会


–あらすじ–
大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

以前、映画館で観ておもしろかったので、この度たまたまスカパーで放送していたのを発見し、再度観た。

ということで、今回は二度目の鑑賞。それでも一度目と同じぐらい楽しめた。ゆえに、この映画をおすすめしないわけにはいかないと思い、レビューを書く。

 

当初、染谷将太氏をあまり存じ上げていなく、長澤まさみ目的で映画館に向かったのだが、今観ると、素直に「染谷将太、最高!!」と雄叫びを上げたくなる。

染谷将太氏は、心に影のある、ひと癖ある役がピッタリの俳優だと思っていたが、こういうイマドキの若者役もガッツリハマっている。

wood-job-02

(C)2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会

 

普通に笑いながら観れる一方で、ところどころ学びも多い映画。

ちょっと下ネタ的な表現もあるが、それは笑い飛ばせるぐらいのレベルで、下ネタ嫌いの方でもあまり不快には感じないだろう。

 

一人の若者男性の成長ものストーリーとして、完全に映画の中の世界に浸ってしまい、ともに人間的成長を楽しんでしまうため、あっという間の2時間と感じる。

リアルさに欠け過ぎる矢口史靖監督映画はあまり好きではないのだが、この映画に限っては大好きな映画の一つとなった。

 

笑いの中にもホロっと泣けてくる、すごくあと味の良い映画。

脇を固める伊藤英明、優香、そしてもちろん長澤まさみにも大満足である。

 

今宵は染谷将太で一発笑いたいというあなたに、是非どうぞとおすすめしたい映画です。

続きを読む

[映画レビュー]『ピンクとグレー』(2015) 加藤シゲアキというポジションだからこそのメッセージがあったはず

今、加藤シゲアキを応援したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:加藤シゲアキさんを応援してるから
ジャンル:青春
泣ける度:(1/5)

pinkngray-01

(C) 2016「ピンクとグレー」製作委員会


–あらすじ–
知名度のほとんどない俳優・河田大貴(菅田将暉)は、少年時代から友情を深めてきた人気俳優、白木蓮吾(中島裕翔)が急死したことで一躍世間の注目の的に。白木はなぜこの世を去ったのか。自ら命を絶ったのか他殺なのか。混沌とした状況の中、河田は……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

すでに終わってしまった番組だが、「未来シアター」で、NEWSの「じゃないほう」だという認識で加藤シゲアキさんを見ており、そのうち自然と彼を応援するようになった。

そんな、アイドルでもあり小説家でもある加藤シゲアキさん原作ストーリーの映画化が決まったということで、今回の『ピンクとグレー』は楽しみにしていた。

 

いつもながらに原作を読まないで映画を観た。

結果、「たぶんこれ、おもしろいんだろうなあ」という感想。

 

話がおもしろいし、ストーリー展開もおもしろい。

出演している俳優も、みないい味出している。特に夏帆が。

 

でも、どこか惜しい感が否めない。

おそらくかなりの違和感を覚える「昭和感」が混ざっていたからかもしれない。

 

知る人ぞ知る、「スクールウォーズ」的な濡れ場。

引っ越し屋のトラックに乗って手を振りながら引っ越して行く人。これは今も昔もリアルで見たことがない。

また、平成テイストな人たちの中に、一人、昭和テイストな柳楽優弥氏がぶち込まれている。

という、違和感ある昭和感。

 

映画プロモーションの一環で、「62分後の衝撃」と大きく煽られている。

文字通り、62分後からはおもしろいストーリー展開に。これは否定しない。

 

ただ、その「衝撃」の勢いのままに、一気にたたみかけてきてほしかった。

その後に展開される、「ちょっと長いな」と感じざるを得ない後半部分。

 

いい意味で、「なぜ?」と余韻の残る映画であれば良いのだが、この映画においては、単純にわからない「なぜ?」が頭の中にいくつか残ったまま映画が終了。

部分部分で興味深いシーンあれど、全体としてのメッセージ性に欠ける仕上がりになっており、少し残念。

 

この映画の仕上がりについて、加藤シゲアキ氏本人に、「ぶっちゃけどう思う?」と聞いてみたいところだ。

続きを読む

[映画レビュー]『幕が上がる』(2015) 勝ち続けると、楽しいだけじゃ済まされなくなる

ももクロファン(モノノフ)じゃないあなたにもおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:第40回報知映画賞の特別賞を受賞したから。映画「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督だから。
ジャンル:青春、ドラマ

makugaagaru-01

(C) 2015 O.H・K / F・T・R・D・K・P


–あらすじ–
地方都市の県立富士ケ丘高等学校2年生の高橋さおり(百田夏菜子)は、部長を務める演劇部最後の1年を迎えようとしていた。それぞれに個性豊かな部員たちと共に年に1度の大会、地区大会突破を目標に稽古に励む中、元学生演劇の女王だという吉岡先生(黒木華)が赴任してくる。吉岡の指導の下、全国大会出場を目指し彼女たちの演劇に打ちこむ日々が始まる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

報知映画賞で、このアイドル映画が何かの賞を受賞したらしいと聞いて、少し気になっていた。

また、監督があの映画「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督ということで、感動作のいいイメージがあった。

 

「ももクロファンじゃなくても十分楽しめる映画」と言う人も多いが。

実際、ももクロファンのための要素たっぷりの映画であることは否定できない。しかしながら、ももクロファンでもなんでもない自分が観ていて、おもしろいなと思う部分も多い。

 

特に、設定が、高校の演劇部というところ。

そして、その演劇部を直接指導するのが、高校演劇出身の女優・黒木華(くろきはる)さんであるところ。

 

こういう黒木華さんのような、実際の経験者が演じることによって、すごく、ホンモノ感が伝わってくる。

そして、昭和を舞台にした作品に出ることが多い、古風な日本人女性を演じることが多い黒木華さんの、違った一面が観れたのも、この映画からの収穫。

makugaagaru-02

(C) 2015 O.H・K / F・T・R・D・K・P

 

ゲストも多数で、無駄に著名人が友情出演的な形で出演。

個人的には天龍源一郎氏が出て来た時点で、興奮がMAXに。

アラフォー世代にとってはスーパースターの天龍源一郎氏が、この映画の中で、セリフの少ない脇役を演じている姿に。

 

難点としては、ムロツヨシさんがふざけすぎているところと、ところどころ、小さな笑いを入れてくるところか。

この映画、一本通して真剣に作り通したら、かなりメッセージ性の強い、いい映画になったんだろうなと。

 

「自分の人生、自分で責任を負って、自分で選択して進んで行く。時に、退路を断って。」

そんなメッセージが伝わってきた。

続きを読む

[映画レビュー]『俺物語!!』(2015) ベタベタな設定なのになぜか観ていてうれしくなる

今、青春時代を思い出したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:人気ぶりが気になったから。
ジャンル:青春、ロマンス、コメディ

oremono_3

出典 (C)アルコ・河原和音/集英社 (C)2015映画「俺物語!!」製作委員会


–あらすじ–
情に厚い硬派な日本男児の剛田猛男(鈴木亮平)は、ごつくて大きな体を持ちながらも、女子にモテない高校1年生。ある日、彼はしつこいナンパから助け出した女子高生の大和凛子(永野芽郁)のことを好きになってしまうが、後日再会した際、彼女が猛男の幼なじみであるイケメン砂川誠(坂口健太郎)のことが好きだと気付いてしまう。落胆しながらも凛子と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

40過ぎたオッさんが少女コミックは読まないので、当然のことながら前知識なく観た。

 

一言、想像した通りの映画だった。

 

すべてがベタな設定で、マンガの世界をそのまま実写にした感じの映画。だから当然のことながらセリフや動き、状況設定などすべてがマンガ。

そのあたりをマンガを読んでいるかのように楽しく感じながら観ることのできる人には、すごく楽しい映画かもしれない。

 

コメディ要素は強いものの、それほど爆笑もなく、マンガを読んでてちょっと吹き出すぐらいな感じ。

ただ、時折、そのベタな場面でも、感動の波が押し寄せる。めちゃくちゃベタベタな設定なのに、なぜか観ていてうれしくなる。猛男を応援したくなる。

 

奇想天外なストーリー展開を期待してはならない。ストーリーを楽しもうと思ったら、それはちょっと違う。剛田猛男(鈴木亮平)を純粋に楽しみたい、それだけを目的に観ていただきたい映画。

原作ファンの方がどのようにこの映画を楽しまれるかわからないが、40過ぎの前知識ゼロのオッさんとしては、どことなく懐かしい気持ちになれる、そしておそらくオッさんだからこそ感動してしまう、そんな映画

 

エンディングロールで流れる主題歌が、槇原敬之のラブソング「No.1」であることもあって、これって実はターゲットは40代以上のオッさんたちでは?と感じた。

ゆえに、40代以上の男性に意外とウケる映画かもしれない。

続きを読む

[映画レビュー]『バクマン。』(2015) 「世界一」の漫画が生まれる現場

かつて一度でも漫画にハマったことがあるあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:かつてはジャンプの愛読者だったから。
ジャンル:青春、ドラマ

bakuman_a1

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会


–あらすじ–
優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。
シネマトゥデイ

かつて一度でも、週刊少年ジャンプにハマったことのある人であれば、楽しめる作品であろう。

そうでない人も、日本の漫画がなぜ世界一かという理由を、この映画を通して知ることができる。

 

小学生の頃、抽選のプレゼント欲しさからか、ジャンプに付いてきたハガキに、掲載漫画の好きな順ベスト3をマークし、集英社に送付していたことを思い出す。

 

実はそれが、漫画家さんの人生を左右する一票となることなどつゆ知らず。

そして、一つ漫画が連載スタートしたということは、一人漫画家が仕事を失ったということも。

 

そんな、シビアなジャンプ編集部の裏側を覗けるのも、この映画の面白いところ。

  続きを読む

[映画レビュー]『キッズリターン』(1996) 生きていく上での逃げ場なんてどこにもない

今、何かをやり直したいと考えているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:北野武映画。
ジャンル:ドラマ、青春

kidsreturn

(C)1996 バンダイビジュアル/オフィス北野

他の北野武作品もそうだが、とことんリアルを追求している映画。

人の仕草や考え方、行動に至るまで、おそらく自分でもそうしただろうなと共感する部分が多くあり。

 

また、有名な俳優を極力使わない事でも知られている北野映画。

それだけに、誰に何が起きるか(誰が殺られるのか)全く想像もつかなく、見ていて緊迫感がある

 

この映画は主演二人の男を中心とした若者たちの人生の一コマを切り取り映像化したもので、淡々と物語が進んで行く。

その淡々さと映画全体に漂う静けさは、ハリウッド映画でいうならクリントイーストウッド監督作品にも共通するものを感じる。

続きを読む

[映画レビュー]『桐島、部活やめるってよ』(2012) 物質的自由か、精神的自由か。

今、自分がこれまで信じてきた価値観を見つめ直したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:出演者に神木隆之介。気になる映画タイトル。
ジャンル:青春、ドラマ

kirishima

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

映画全体としては、事細かな説明は一切なく、観るものそれぞれの感性に直接訴えるような作品。

 

この映画で見る高校生活のワンシーン、ワンシーンは、日本人なら一誰もが一度は通って来た道。

それだけにネイティブ日本人である我々には、必ずや共感する部分がある。

 

ただ、この映画の場合、舞台は高校生活であっても、高校生の生活がどうだのああだのといった話ではない。

 

つまり、高校生活を舞台にしてるが、大人の世界に置き換えることの出来るストーリーでもある。

本作では、あえて設定を高校生活にして、観ている人にわかりやすく、メッセージを伝えようとしているのではないか。

続きを読む