おすすめ邦画

[映画レビュー]『杉原千畝 スギハラチウネ』(2015) 世界を知り、日本をより良い国に

今、杉原千畝氏についてザックリ知りたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:歴史好きだから。杉原千畝氏に関心があるから。
ジャンル:ドラマ

chiune-05

(C) 2015「杉原千畝 スギハラチウネ」製作委員会


–あらすじ–
1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。ところがその後彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、第2次世界大戦が勃発し……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

実話に基づいたストーリーということで、お勉強がてらに観る。

結果、感動はあったけど、泣くとかいうそういう類のものではなかった。

 

なんだろう。たぶん、杉原千畝氏の「苦悩」の部分の描写が意外とあっさりとしていたからか。

あと、調査能力が優れていたと言われる杉原千畝氏のスゴさとかも結構あっさりと描かれていて、スゴイ感があまり伝わってこなかったからか。

 

杉原千畝氏演じる唐沢寿明さんの英語のセリフには感心。ごく一部のセリフが英語になっているのかと思いきや、結構な量のセリフが英語であり、その英語も聞いていて、聞き苦しくない綺麗な日本人英語だったから。

すごい役者魂。ハリウッド進出も夢ではないか。

 

映画『ライジング・サン』(1993)に出てくるアメリカ人俳優の、子供の学芸会レベルの日本語のセリフとは大違いだ。(ご興味とお時間のある人は是非、こちらの映画もお楽しみを!!)

 

また、板尾創路氏が出てた。ちょっとお笑いのイメージ強すぎて。。なぜ板尾?、と。

しかも、やや重要なポジション。杉原千畝氏の嫁(小雪)の兄貴役という。

chiune-01

(C) 2015「杉原千畝 スギハラチウネ」製作委員会

 

自分の家族を危険にさらしてまで、縁もゆかりもない外国人を助けることができるか?

杉原千畝役の唐沢寿明氏より、脇役の濱田岳氏のほうが、苦悩に満ちた感じが出ていたか。

守るべき家族がいる以上、下手なことをして仕事を失えない。でも、自分の信条に沿って行動したい気持ちもある。そんな葛藤の描写を期待していたのだが、濱田岳氏の苦悩のワンシーンが最高沸点という感じだった。

 

この杉原千畝氏の偉業、彼一人の力で成し遂げたと思われがちだが、そこには杉原千畝氏を慕う者たちの、多くの支えもあったようだ。

杉原千畝氏について、これまで名前と彼の功績の概要だけしか知らなかったが、少し深く彼を知ることができた。

 

そして、この手の映画を観ていつも思うことだが、戦争は酷い、と。

続きを読む

[映画レビュー]『海難1890』(2015) 人を助ける、助けないを決める判断基準とは?

今、あらためて自身が日本人でよかったと思いたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:歴史好きだから。忽那汐里出演作に関心があるから。
ジャンル:ドラマ

kainan-01

(C) 2015 Ertugrul Film Partners


–あらすじ–
1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

私自身、1890年の海難事故(エルトゥールル号海難事故)を知らなかった。

トルコではみんな学校でこの歴史的事実を習うらしい。日本人が古墳の形の違いを勉強している間に。

 

また、1985年イラン・イラク戦争時の、トルコ政府による在イラン日本人救出についても全く知らなかった。

日本人として、恥ずかしい。

 

よく言われることだが、近現代史はもう少し日本の歴史の授業で取り扱うべきかも。さもないと、私みたいな日本人が大量発生してしまう。

「クロスロード」の映画レビューでも書いたが、海外の人が知っている一方で、日本人が知らない「日本の歴史」がまだまだ世界中にたくさんある。日本人として国際的な場に出た時に、その辺の知識不足が露呈する。恥ずかしさでいっぱいになる。

 

この映画は実話に基づくお話で、劇場では映画冒頭にトルコ大統領の挨拶がビデオレターで流れた。「この映画は世界中の人に見て欲しい作品」とのこと。ちょっと欲張りな発言かもしれないが、すごく同意。

ストーリー展開自体は、歴史的事実を映像化しただけなため、想像されるままであり、次に何が起きる?のハラハラ感はない。しかし、その一つ一つの出来事の詳細な部分について、深く感じることのできる映画になっている。

 

学校の歴史の授業的に、出来事が発生した年と、その概要だけ知れれば良いというのであれば、この映画の予告編を見るだけでいいかもしれない。一方で、教科書的には一言で済んでしまう出来事を、二時間かけてじっくり映像で感じてみたいという人には、「是非どうぞ」と、おすすめしたい映画。

貧しい日本人たちが、時に自らの命をかけて、総力戦で、どこの誰かもわからない外国人を助けるシーンは想像以上に見応えあり。

トルコでどのようにこの歴史的事実が学ばれているかはわからないが、少なくともこの映画を観たら、自分がトルコ人であったなら、日本人を大好きになるであろう、そんな映画。

続きを読む

[映画レビュー]『クロスロード』(2015) ボランティアは偽善で何が悪いのか?

今、青年海外協力隊の活動について知りたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:青年海外協力隊の活動がテーマの映画だから。
ジャンル:青春、ドラマ

crossroad-03

(c)2015『クロスロード』製作委員会


–あらすじ–
カメラマンを目指す沢田(黒木啓司)は青年海外協力隊に応募し、訓練所でボランティア精神あふれる羽村(渡辺大)と出会う。やがてフィリピンのマニラに赴任した沢田は、スラム街に暮らす子供たちと知り合い充実した日々を過ごす一方、現地の過酷な現実を目の当たりに。任期を終えカメラマンとして多忙な毎日を送る彼のもとに、東日本大震災の復興活動に励む羽村を取材するオファーが来て……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

EXILEの黒木啓司さん主演映画。

青年海外協力隊の活躍を描いた映画で、いままでありそうでいてなかった映画。

 

ストーリー展開としては、想像に難くなく、映画通であれば全てが想定できる展開。ゆえに、ストーリー上のドキドキを味わいたい人にはあまり楽しめない映画。

そうではなく、青年海外協力隊が実際どのように現地で活躍されているか、また、ボランティアとはそもそもどうあるべきか、などを考えたい人には非常に興味深い映画になっている。

この映画を観る目的が明確であれば、多少の臭い演技も問題ないと思えるだろう。

 

私自身、青年海外協力隊を一度経験しておきたかったと思っている一人なため、非常に興味深くこの映画を見ることができた。協力隊ではないが、海外留学を経験している私としては、日本出国前に抱いた理想の形が現地で実現できないもどかしさは痛いほどわかる。

青年海外協力隊創設50周年記念事業の映画ということで、しっかりと協力隊の紹介にも時間を割かれている。事前の70日間の合宿や、その合宿でどのような準備をするのか、など。

 

監督、脚本ともに青年協力隊OBということで、関係者一同総力をあげて作られた映画のようで。

「クロスロード」という、なんのひねりもない映画タイトルが惜しいが、青年海外協力隊の活躍について知るには十分満足のできる映画ではないか。

続きを読む

[映画レビュー]『重力ピエロ』(2009) 「重力」をも跳ね飛ばす、父の強さ

今、「家族愛」を感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:原作が伊坂幸太郎氏。
ジャンル:青春、ドラマ

(C)2009「重力ピエロ」制作委員会

(C)2009「重力ピエロ」制作委員会


–あらすじ–
遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

最後にホロっと感動を誘う作品。

ミステリードラマちっくで、ただの謎解きものと思いきや、最後はしっかりと強いメッセージを発している。

 

ストーリー展開も秀逸。

通常映画は開始30分、90分あたりにそれぞれ話の大きな転換を持ってくるのだが、その絶妙なタイミングで、この映画は我々を前のめりにさせてくれる。

 

そして最後に父(小日向文世)のこの言葉で締めくくる。

「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんて消してしまえるんだ」

この映画のタイトル「重力ピエロ」とは、そういう意味だったのか、と。

 

人はそれぞれに変えることのできないストーリーを持っているもの。

人間が地球の重力に逆らえないように。

しかしながら、ピエロのように、たとえ心では泣いていても顔で笑っていれさえすれば、重力さえ消せる、と。

 

扱っているテーマがやや重いだけに、観ていて不快な思いを抱くかもしれない。

また、同意できない部分もあるかもしれない。

 

そういう部分も含めて、この映画はたくさんの余韻を残してくれる。

 

原作伊坂幸太郎の映画の中でも、「アヒルと鴨のコインロッカー (2006)」と並んでオススメの一本。

是非、どこかのタイミングで手に取っていただきたい。

続きを読む

[映画レビュー]『起終点駅 ターミナル』(2015) 刑を宣告されるだけありがたいと思え

今、不器用な男の生き様を感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:佐藤浩市、本田翼、見たさに。
ジャンル:ドラマ

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会


–あらすじ–
北海道旭川の地方裁判所判事だった鷲田(佐藤浩市)は、覚せい剤事件の被告となった昔の恋人・冴子(尾野真千子)と法廷で再会。東京に妻子を置いてきた身でありながら、関係をよみがえらせてしまう。だが、その半年後に彼女を失って深く傷つく。それから25年後、鷲田は判事を辞め、妻子と別れ、釧路で国選弁護専門の弁護士として孤独な日々を送っていた。そんな中、担当することになった事件の被告人・敦子(本田翼)と出会った彼は、彼女に冴子の面影を見る。一方の敦子も鷲田に心を許し……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

想定通りの静かな立ち上がり。

大人のラブストーリーを期待していると少し違う。

人間いつでもやり直しできる的なメッセージ。

 

ただ、ものすごく間接的に伝えてくるので、感度が悪いとそのまま素通りで映画が終わってしまうかも。

そこは世界でもトップクラスの高コンテクストな日本人。顔の表情やしぐさから心を読み取るスキルを発揮したいところ。

 

ただ、感じるにしても限界があり、その点では、得られる情報がやや少な過ぎるかなと感じざるを得なかった。語らなすぎというか。そこまで観る側の解釈にまかせるか、的な。

 

人生の再出発を、薄く、非常に遠回しな表現で伝えている映画。

だから、観終わった後、号泣はない。ほのかな希望の光とともに、幕が下がっていく。続きは我々に委ねられる。

続きを読む

[映画レビュー]『グラスホッパー』(2015) 伊坂幸太郎氏とジャニーズファンのためだけの映画か

伊坂幸太郎氏原作の映画化ものは全て観るというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(2/5)
観た理由:原作が伊坂幸太郎氏。
ジャンル:サスペンス

grasshopper_1

(C) 2015「グラスホッパー」制作委員会


–あらすじ–
恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

小気味よく進んではいかないストーリー。

だからか、次第に退屈に感じてくる。

そして話が終わっていく。。

そんな感じの映画でした。

 

これから何が起きるか楽しみにさせるワクワクさせる展開から、最後はVシネ級な仕上がりでの着地。あのセクシー女優みたいな人はなんなんだろう?

あれだけ事前の宣伝で煽っていただけに、その出来上がりに少々ビックリしてしまった。

 

また、シリアスな映画として作っているなら、あまりゆるいシーンはいらないかと。

悪党どもの友情の話などはどうでもいい。

 

原作が伊坂幸太郎氏ということもあり、観客は、メッセージ性の高い、サスペンススリラーを観に来ているはず。

それが、ただグロいだけの映画に。

そして最後はただのアクション映画になってしまっている。

 

期待値が高かっただけに、残念であった。

続きを読む

[映画レビュー]『俺物語!!』(2015) ベタベタな設定なのになぜか観ていてうれしくなる

今、青春時代を思い出したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:人気ぶりが気になったから。
ジャンル:青春、ロマンス、コメディ

oremono_3

出典 (C)アルコ・河原和音/集英社 (C)2015映画「俺物語!!」製作委員会


–あらすじ–
情に厚い硬派な日本男児の剛田猛男(鈴木亮平)は、ごつくて大きな体を持ちながらも、女子にモテない高校1年生。ある日、彼はしつこいナンパから助け出した女子高生の大和凛子(永野芽郁)のことを好きになってしまうが、後日再会した際、彼女が猛男の幼なじみであるイケメン砂川誠(坂口健太郎)のことが好きだと気付いてしまう。落胆しながらも凛子と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

40過ぎたオッさんが少女コミックは読まないので、当然のことながら前知識なく観た。

 

一言、想像した通りの映画だった。

 

すべてがベタな設定で、マンガの世界をそのまま実写にした感じの映画。だから当然のことながらセリフや動き、状況設定などすべてがマンガ。

そのあたりをマンガを読んでいるかのように楽しく感じながら観ることのできる人には、すごく楽しい映画かもしれない。

 

コメディ要素は強いものの、それほど爆笑もなく、マンガを読んでてちょっと吹き出すぐらいな感じ。

ただ、時折、そのベタな場面でも、感動の波が押し寄せる。めちゃくちゃベタベタな設定なのに、なぜか観ていてうれしくなる。猛男を応援したくなる。

 

奇想天外なストーリー展開を期待してはならない。ストーリーを楽しもうと思ったら、それはちょっと違う。剛田猛男(鈴木亮平)を純粋に楽しみたい、それだけを目的に観ていただきたい映画。

原作ファンの方がどのようにこの映画を楽しまれるかわからないが、40過ぎの前知識ゼロのオッさんとしては、どことなく懐かしい気持ちになれる、そしておそらくオッさんだからこそ感動してしまう、そんな映画

 

エンディングロールで流れる主題歌が、槇原敬之のラブソング「No.1」であることもあって、これって実はターゲットは40代以上のオッさんたちでは?と感じた。

ゆえに、40代以上の男性に意外とウケる映画かもしれない。

続きを読む

[映画レビュー]『想いのこし』(2014) あたりまえのストーリーによるあたりまえじゃない感動

今、「金」と「女」以外に価値を見出したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:岡田将生、広末涼子が出てるから。
ジャンル:ドラマ、ファンタジー、コメディ

omoinokoshi_1

(C) 2014「想いのこし」製作委員会


–あらすじ–
考えることは金と女のことばかりで、お気楽に毎日を過ごすことがモットーの青年・ガジロウ(岡田将生)。そんなある日、交通事故が縁となって幽霊となったユウコ(広末涼子)ら、3人のポールダンサーと年配の運転手に出会う。小学生の息子を残して死んだのを悔やむユウコをはじめ、成仏できぬ事情を抱える彼らは遺(のこ)した大金と引き換えに無念の代理解消をガジロウに依頼。それを引き受けた彼は、花嫁姿で結婚式に出席したり、男子高校生に愛の告白をしたりと、それぞれの最後の願いをかなえていく。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

意外と泣ける映画である。

時々垣間見える、ちょっぴり恥ずかしくなるような昭和的な演出はさておき、「駄作なんじゃないか」という当初の私の予想を徐々に裏切ってくる。

 

ガジロウ演じた岡田将生のゲスっぷりもいい。ただ、ガジロウ最終形とのギャップを出すためにも、もっとゲスッっぷりを発揮しても良かったんじゃないかとも思う。

あまりやりすぎると、今後の岡田将生の爽やか俳優人生に影響を与えるのか、そのゲスッぷりも限度内であった。そこまで不快に感じさせないレベルで。

 

ポールダンサーという仕事にスポットを当てたところもいい。

私もつい先日まで、ポールダンスについてある種の偏見を抱いていた。それが、ひょんなことからポールダンスを観に行く機会があり、そのイメージは一新された。

この映画はポールダンス自体にフォーカスした映画ではないため、本格的なポールダンスを存分に楽しめる映画かというと、そうではない。しかしながら、少なくともこの映画を観るもののポールダンスへのイメージは変わるはずだ。広末涼子、木南晴夏、松井愛莉と、みな綺麗だった。

 

一見、深夜のテレビドラマレベルに思えるストーリー展開だが、そこから一段格上げしたメッセージを我々に返してくる。

最低男ガジロウの心が次第に変化していく様にも注目。一方で、突然の死を迎えたものたちが、それぞれ安らかな気持ちへと変化していく様も見どころである。

続きを読む

[映画レビュー]『ジャッジ!』(2013) 「うまい」と思ったものを「うまい」と素直に言えているか?

今、外国人との国際交流に一つ武器が欲しいあなたおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:DVDのパッケージから、いろいろな人間模様が見れそうな気がしたから。
ジャンル:コメディ

judge

(c)2014「ジャッジ!」製作委員会


–あらすじ–
大手広告代理店に入社して間もない太田喜一郎(妻夫木聡)は、審査員として参加予定の世界一のテレビCMを決定する広告祭に向かう。夜ごと開催されるパーティーには同伴者がいなければならないことから、同じ職場の大田ひかり(北川景子)も妻として一緒に行くことに。さまざまな国から集結したクリエイターたちが自分の会社のCMをグランプリにしようと奔走する中、太田もひかりと共に奮闘する。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

「ジャッジ!」というタイトルから、最初、法廷ものの映画かと思って観てたのですが、全然違ってた。

CMコンテストの審査員の方のジャッジね。

 

一見ラブコメっぽい気もするが、実際は、今なにかと話題の広告業界について、リアル?に、面白おかしく描いている。

また、世界の中の日本人というものを、少しおおげさには描いているが、ある意味的を得ているものも少なくなく、国際交流の観点から実際参考にできる部分も多いのではないか。

 

「美味しいものは美味しいと言うべき」

というメッセージが、この映画全体を通じて、一貫してブレなく描かれている点が秀逸。

 

最後まで話の展開から目が離せず、笑いながらも一方で感動もあり、非常に楽しめる映画。

広告業界の人と一緒に観てみたい映画ですね。業界的な「あるある」ネタが満載なのかどうか、解説を聞きながら。

 

太田喜一郎(妻夫木聡)の上司役、トヨエツのゲスぶりも最高!

judge3

ゲスな上司役のトヨエツ (c)2014「ジャッジ!」製作委員会

 

とにかく笑いたい時に活躍する一本ではないでしょうか。

続きを読む

[映画レビュー]『ギャラクシー街道』(2015) それでも見どころはある、か?

「やってしまった感」を自分の目で確かめたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(1.5/5)
観た理由:三谷幸喜作品だから。
ジャンル:コメディ

GALAXY TURNPIKE

–あらすじ–
西暦2265年、木星のそばに位置する人工居住区「うず潮」は、「ギャラクシー街道」と呼ばれるスペース幹線道路で地球と結ばれている。以前はにぎわった街道も開通して150年がたち、老巧化が問題視されてきた。そんな街道の脇で営業している飲食店には、さまざまな星からそれぞれに事情を抱えた異星人たちが集まっており……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

ものすごい「やってしまった感」、この「やってしまった感」こそが、三谷幸喜氏が作り上げたコメディなのかもしれない。

正直、予告編でほぼ全て手の内を見せてしまったのは痛い。見せすぎなければ、それなりの笑いは取れたかもしれないと思った。しかし実際はその手の内のほとんどを事前に予告編で見せてしまっていた。

残り玉がほとんどなかった。

 

公開初日の舞台挨拶時、緊張からだけじゃない、なにか変な感じの静けさが漂っていた。舞台に並んだ俳優たちからは、早くこの場から立ち去りたい的な心の叫びが聞こえてきた気がした。

俳優たちはみな、当て逃げ事故にあったみたいな顔してた。俺は、私は、被害者側なんだよ、って。

 

ご存知の通り、三谷映画は三谷組と言われる有名な俳優陣がたくさん出演する。当初は物珍しさもあったが、今やそれは、なにかスペシャルコント番組にしか見えない。

また、相変わらずセリフが多い映画で、終始うるさく、舞台っぽさが抜けない。映画だからこそ味わえる、細かい仕草や背景の変化などで語る描写がない。

 

実際、小笑いが計二時間で約5、6回ほど。

小栗旬のキャプテンソックスの登場シーンが、私がいた劇場内での最大の笑いだった。

続きを読む