[映画レビュー]『ちはやふる -下の句-』(2016) 一人でなんでもできると思ってた

LINEで送る
Pocket

今、ベタな友情に飢えているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:『上の句』が最高に面白かったから
ジャンル:青春、ドラマ
泣ける度:(3.5/5)

chihayafuru-shimo-01

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社


–あらすじ–
高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ。そんな折、千早は同い年で日本一となった若宮詩暢(松岡茉優)のことを知り……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

男子高校生たちの、男同士で連れ立って、少し恥ずかしそうに映画鑑賞する姿がいい感じで。

男同士で映画館に行くなんてのは、この高校時代が最後になるんじゃないかな。

 

ひと月前に上映された『上の句』の続編ということで、『下の句』は当然のことながら、映画館に見に行ってまいりました。

一言で表すと、「動」の『上の句』、「静」の『下の句』という感じで。

 

前作の『上の句』では、かるた部のメンバー一人一人にスポットを当て、映画一本二時間という限られた時間のなかで、うまい具合にメンバーそれぞれの持ち味を紹介していた。

また、『上の句』では、お笑い要素も多く、見ていて単純に楽しい、笑っちゃうといった内容で、その上に感動もあり、幅広い映画ファンに受け入れられやすい展開だった。

 

一方今回の『下の句』では、ほぼ千早(広瀬すず)一人にスポットを当て、より深く、メッセージ性の強い仕上がりになっている。

コメディ要素も前作『上の句』よりは少なく、ややスロー気味な展開で、丁寧に、『ちはやふる』として伝えたいメッセージを送り出している。

 

そういった点で、『上の句』の時のような怒涛の展開を期待した人には今回の『下の句』は少し期待外れと感じるかもしれない。しかし、『下の句』の方が、より映画の持つ良さ、余韻を味わわせる良さがあり、『上の句』『下の句』両方合わせて、一つの完成作品としてのバランスを取っている。

相変わらずの臭いセリフや、こっぱずかしくなるような仕草はあるものの、友情っていいなと思わせてくれる、爽やか青春映画である。

 

『上の句』同様、かるたが散り舞うシーンはカッコよく、アクション映画的要素も健在。

続編製作も決定したようで、さらに進化した瑞沢高校競技かるた部が、今から楽しみである。

一番楽しかった頃を思い出す

流れが来ないときには、かるたが一番楽しかった頃を思い出す。

そんな一節があった。

chihayafuru-shimo-02

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

 

誰もがみな何かを始めたときは、それをするのが楽しくて始めているもの。

しかし次第にその楽しみが、楽しいだけじゃ済まされなくなってくる。

 

楽しかった頃は、勢いに乗ってるので、ある種のゾーンに入っているので、物事がなんでもうまくいくように感じるのかもしれない。

早速、楽しかった頃の記憶を掘りおこし、いつでも引き出して使えるようにしておこう、と。

 

一人でなんでもできると思ってた

『上の句』では団体戦にスポットを当て、『下の句』では個人戦にスポットを当てている。

chihayafuru-shimo-03

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

そんな、二つの異なる戦い方を通じて、仲間がいつもそばにいることの力強さを教えてくれる。

 

人は、時には助け合い、また、時には競い合い、共に成長していくもの。

最近野菜を育てているのだが、野菜もお互い競い合わせて育てると、発育が良いらしい。

 

実にベタなメッセージだが、同時に、忘れていた大切ななにかを思い出させてくれる。

個人戦を通じて、より仲間の大切さを教えてくれる。すごく日本人の心にマッチしたテイストで、嫌いではない。

 

最後にひこと感想

大人になると、友情というものに飢えているのか、この手の友情青春もの映画には感動してしまう。

戻れない青春時代とわかっていても、そんな、ベタでアツい映画を時に求めてしまう。

 

Perfumeの主題歌も心地良い。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*