[映画レビュー]『珍遊記』(2016) 松ケンのケツに1800円払えますか?

LINEで送る
Pocket

今、下品なギャグ映画を観たいあなたに少しだけおすすめの映画

観て良かった度:(2/5)
観た理由:原作のファンだったから。
ジャンル:コメディ
泣ける度:笑いすぎて泣けると思いきや、そうでもなかった。

chinyuuki-01

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会


–あらすじ–
天竺へと旅をしていた僧侶の玄奘(倉科カナ)は、たまたま寄った家の老夫婦から妖力で悪さをする不良息子・山田太郎(ピエール瀧)の更生を頼まれる。玄奘は、宝珠を駆使し妖力を封印することに成功。さらに、玄奘は力を失った太郎(松山ケンイチ)を引き取り、旅に同行させることに。道中さまざまな騒動を巻き起こす太郎は……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

くだらなさの究極をいってほしかったが、そうでもなかった。

主演の松山ケンイチこと松ケンの吹っ切れっぷりは、尊敬するものがあったが、それ以外では特に驚きもなく。

 

溝端淳平氏がある種隠し味的に出演していたのだが、やはりイケメン俳優、将来のことも考えてか、松ケンほどは吹っ切れていなかった模様。

溝端淳平や倉科カナあたりの準主役級が、松ケン以上に吹っ切れていたりすると、サプライズとしても面白さが増したのではないか。

 

結局、終始「半笑い」の顔のまま終了。

だんだんとトーンダウンしていく形で、尻つぼみで。

 

そもそもそんなに期待をして映画館に観に行っているわけではないが、やるなら徹底的にバカバカしく作って欲しかった。

原作通りに忠実に物語を進める必要はないが、原作者である漫☆画太郎氏のバカバカしさイズムはしっかりと継承してほしかった。

 

この映画にストーリー性を求めている人はいないだろう。

であれば、懐しのバカバカしいギャグ、汚い言葉遣いを、速いテンポでどんどんぶち込んできて欲しかった。

 

「かぶいてる」って言葉、流行ったな。

少しだけ懐かしさを感じつつも、物足りなさが多く残った。

途中失速、最後は普通の映像になっちゃった

劇画タッチの描写が時折使われていた。

あの、原作者である漫☆画太郎氏が大好きでよく使っていた手法。

chinyuuki-04

(C)漫☆画太郎/集英社

 

あまりこの劇画タッチ効果というのかどうかわからないが、この手法を使いすぎると、そもそも実写版映画じゃなくなっちゃうと思ったのかもしれないが、『珍遊記』であればどんどんこの劇画手法的なものを使って欲しかった。

または特殊効果を使って、倉科カナとか溝端淳平あたりが頭ブチ切れたときに、その切れっぷりをもっと大げさに表現して欲しかった。

 

最初のピエール瀧が出てきたあたりは結構期待持たせてくれて、これからどうなるんだろうと少しドキドキして見ていたが、最終的には普通の映像になってしまった。

最初全力で走ってたのに、最後疲れて歩いちゃってるマラソンランナーみたいに。

 

ただ、そんな特殊効果的なものがなくても一人松ケンは頑張っていた。

人間の顔で作れる最大限の表現をして。

chinyuuki-02

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

 

この手の映画に出る俳優陣は、松ケンぐらいハジけて演技してほしいな。

今後の俳優生命は私は保証できないが。

 

映画館1800円は高過ぎ。映画の日の1100円でも高い。

こんなくだらない映画、せめて安く観よう思い、映画の日に1100円で映画館に見に行った。

ちなみに映画の日は毎月1日です。

 

褒め言葉として「くだらない」という言葉を使いたかったものの、鼻で笑う程度の出来にがっかり。

DVD化された後、みんなで盛り上がるために一緒に観る映画として使ったら、大怪我するので注意で。

 

DVDレンタル代400円として、松ケンのケツ拝むのに400円払える人だけDVD借りたら良いかと。

chinyuuki-03

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

 

最後にひこと感想

ギャグ映画なのに、劇場内は小笑いがポツポツ、ポツ。

彼女を連れてきた男性が、「なんかすいません」的な顔で映画館を出て行った。

 

私はというと、誰にも姿を見られないように、知り合いに会わないように、足早に、無言で、映画館を後にした。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*