[映画コラム] Vol.002 私が体験した映画カルチャーショック in アメリカ

LINEで送る
Pocket

日本は映画チケット料金が世界で一番高い

ticketprice

出典:http://articles.latimes.com/

日本の映画館での映画鑑賞料金は大人一人1800円ですね。最近はちょっと麻痺してきていて、普通に1800円払っちゃってますが、それでもやっぱり高いと感じます。

この日本の映画チケット料金って世界で一番高いと言われています。(世界の映画料金を比較して掲載されているサイトがありましたので参考までにシェアさせていただきます。(「映画料金の国際比較|世界一高いのは日本!?インドでは30円!? 」@Dr.Walletナビさん)

 日本では頑張って映画代を安くしようとレイトショーを選んでも、1300円はかかる。

毎月1日は、映画チケット代が1100円(2015年9月時点)になる映画の日で、ほとんどの映画館でこの1100円という料金で映画を観ることができるけれども、いつもは頑張って安くおさえたとしても、レイトショーの1300円が限界です。

 

一方、映画産業が盛んなアメリカでは、この映画チケット代はどうなっているのか。

滞在していた時期は異なりますが、アメリカの田舎のほう(1996年にワシントン州の田舎町)と都会のほう(2002年にワシントンDCエリア)の両極端の地域に住んでいた私の経験から、当時、私が受けた衝撃について紹介させていただきます。

私が1996年にアメリカのワシントン州に滞在していたころ、通っていた大学の近くの映画館では、昼間の映画館入場料(鑑賞料)が3ドルで夜が6ドルでした。この価格の安さにも驚きましたが、それよりも夜より昼間の方のチケット代の方が、安いことに驚きました。言われてみればそれはそうだな、と思いますが、日本ではレイトショーの方が価格が安いことと比べると、発送がおもいっきり逆ですね。

また、場所もそれほど良くなく、ちょっとさびれた感じの映画館では、映画一本1ドルで上映しているところもありました。

とにかく日本と比べると、この映画料金がだいぶお安いわけです。

田舎ではないワシントンDCエリアでさえも、確か映画一本のチケット代が8ドルだったかと思います。もちろん昼間の時間帯は、この8ドルよりも安く、映画一本が6ドルか4ドルぐらいだったかと記憶しています。

やはり映画館で観る映画は見応えがあります。日本に映画文化をもっと根付かせるためにも、前と後ろの席によって料金を変えるとか、早朝と平日昼間は割り引くとか、オンラインでチケット購入すれば少しは安くなるとか、今以上に工夫されることを願いたいものです。

 

ドライブインシアターでの楽しみ方が違う

driveintheatre

出典:http://www.nnyliving.com/

日本にもドライブインシアターはありますが、楽しみ方がアメリカと日本とではやや異なるようです。

日本のドライブインシアターの場合、大きなショッピングモールの駐車場で夜に上映されていたりしますね。

ほとんどの人が車の中で窓を閉め切って見ているかと思います。料金も、私が以前利用していたところでは、二人分しか請求されなかったです。三人目からは無料でしたが、後部座席はそもそも観ることが難しいので無料なのでしょう。

一方アメリカの場合、車の外に、持ってきた椅子を置いて観たりするイメージです。またはレジャーシートを敷いて、寝そべって観る感じで。

また、アメリカで人気のあるトラック型の自動車で乗り付ける人が多く、後ろ向きに車を停めて、荷台に椅子とテーブルを置いて食事しながら見てる人が少なからずいました。

こんな、エンターテイメントの国アメリカに住む彼らアメリカ人の、少しでも何でも楽しんじゃおうという発想、うらやましいですね。とりあえず野外で、というのはBBQをこよなく愛するアメリカ人ならでの発想かもしれません。

 

ポップコーンがデカすぎる件

popcorn

出典:http://www.harbortheatre.net/

生まれて初めてアメリカで映画館に行った時、「バケツにポップコーン入ってる」と思いました。「まさか全部食うのかこの人。。」と。

最近では、日本の映画館でもバケツ大のポップコーンを提供しているところを見かけますが、アメリカのそれは日本のLarge以上の大きさです。

ドリンクも然りで、バーガーキングのキングサイズのドリンクと同じサイズのものが提供されてました。

 

正直こればかりは日本人は見習わなくてもよいかもしれません。

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*