[映画コラム] Vol.008 連休中にまとめて一気観したい、シリーズものおすすめ映画

LINEで送る
Pocket

シリーズもの映画って飛び飛びで観ると、前作のストーリーだったり登場人物間の人間関係だったりを忘れちゃいますよね。

でも週末に一気に3本とか映画を観るって、映画マニアでない限り、ちょっとキツイ。

 

昔、週末の夜中から朝方にかけて、3本連続で映画を観る友達がいたんですが、「こいつ変態なんじゃないか」と思った記憶があり。

でもやっぱりシリーズもの映画は一気に観たい。前作を忘れないうちに。

 

土日二日間しかないお休みで、その1日を映画のために費やすのはちょっと抵抗がある。けど、3連休以上のお休みであれば1日は映画の日にしてもいいかな、と。

でも貴重な休みの日を1日費やすからには失敗したくない。駄作で1日を無駄にしたくない。

 

わかります。

 

私も普通の人よりは少し多めに映画を観るほうなんですが、そんな私の駄作ヒット確率は実に8割。

「駄作」と言っては言い過ぎかな。納得いかない映画が8割。満足できた映画が2割。そんな感じです。

 

そんな、普通の人よりは少し多めに映画を観てきた私が、この映画であれば1日費やしても無駄に終わらず、実りのあるあなただけの映画の日にできるであろう映画を、以下にいくつかご紹介させていただきます。

年末年始やゴールデンウィーク、または月曜日が祝日の3連休などを使って、それらシリーズもの映画を一気に観てしまえば、100ある面白さが120ぐらいで味わえることでしょう。

 

同じ食べ物でも調理の仕方を変えると美味しくなるのと同様、映画も鑑賞方法一つ変えるだけで面白みの味わい方を変えることができます。

以下が私からのおすすめシリーズもの映画です。あなただけの映画の日を作る際の参考になれば幸いです。

バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ

column8-02

出典:www.o-cinema.org

おすすめ度:(5/5)
ジャンル:SF、コメディ
主要キャスト:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド
トータル上映時間:5時間43分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985) 116分
  2. 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(1989) 108分
  3. 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』(1990) 119分

 

家族でも楽しめる夢いっぱいなおすすめシリーズもの映画

日本国民の半分以上はもう観てるんじゃないかというぐらい、人気の映画ですが、もし、もし、まだ観ていないという場合は、こっそり連休中に観てしまいましょう。

現在・過去・未来とダイムマシンに乗って旅をする様子は夢がいっぱいで、なにより観ていて嬉しくなってくる映画。

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』では未来へタイムトラベルするのですが、それが2015年の「未来」ということで、今年いろいろと話題になりましたね。

来年以降、また話題にされることがなくなってくるかもしれませんが、一度は観ておいて損はない映画。

 

ちょっと大人なシーンもあるのですが、家族で楽しめる映画です。

 

ゴッドファーザー シリーズ

column8-03

出典:www.fanpop.com

おすすめ度:(5/5)
ジャンル:ドラマ
主要キャスト:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ、アンディ・ガルシア
トータル上映時間:8時間57分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『ゴッドファーザー』(1972) 175分
  2. 『ゴッドファーザーPART II』(1974) 200分
  3. 『ゴッドファーザーPART III』(1990) 162分

 

男なら一度は観ておきたいおすすめシリーズもの映画

それぞれ一本が3時間近くと上映時間の長い映画。それだけに、観る前にはかなり心の準備が必要な感じです。

このゴッドファーザーシリーズ、壮大な「成り上がり」ストーリーで、華麗なる一族的な、栄枯盛衰的な、盛者必衰的な要素満載の映画。

 

また、どのシーンを切り取っても絵になる俳優陣。どのシーンを切り取ってもポストカードにできる美しい風景。

マフィア映画なだけに、いつ誰が殺られるかわからない緊迫感。

女性はあまり好まない映画かもしれないが、男性なら一人の男として必見の映画でしょう。

 

栄えていく中での悲しさが、美しく表現されている映画。

ビジネスパーソンとしても学ぶところ多い映画です。

 

インディージョーンズ シリーズ

column8-04

出典:http://flipthemoviescript.com

おすすめ度:(5/5)
ジャンル:アクション、アドベンチャー
主要キャスト:ハリソン・フォード、ショーン・コネリー(「最後の聖戦」のみ)
トータル上映時間:6時間40分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981) 115分
  2. 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984) 118分
  3. 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989) 127分

 

あなたの冒険心に火をつけるおすすめシリーズもの映画

通常シリーズもの映画というと、続編になるに従ってだんだんと勢いを失ってくるものですが、このインディージョーンズ シリーズは、全部おもしろい。全部満足度120%の映画。

社会の授業で世界史が好きじゃなかったという人でものめり込める、この考古学の世界。

 

アドベンチャーゲーム好きにもたまらない映画。

連休中、ジョーンズ博士とともに、謎解きの旅に出るのも悪くないかと。

 

今すぐ冒険に出たいけど、そんなお金も時間もないという人にオススメの冒険・謎解きもの映画です。

 

おすすめ対象外作品

  • 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)

前述の三作からだいぶ後に作られた映画。この映画は別物と思ってよいかと。やっちゃった感満載の映画なので。観なくてOKです。全3作の面白さを全く引き継いでないので。

 

スターウォーズ シリーズ

column8-05

出典:http://sleepinggeeks.com

おすすめ度:(5/5)
ジャンル:SF、ファンタジー、アドベンチャー
主要キャスト:ハリソン・フォード、R2D2、C3PO
トータル上映時間:6時間18分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977) 121分
  2. 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980) 124分
  3. 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983) 133分

 

超定番おすすめシリーズもの映画

スター・ウォーズは全部で9エピソード。

当初、監督・脚本のジョージ・ルーカスはそれほど有名ではなく、資金もあまりないことから、全エピソードを映画化できるとは考えていなかった。そこで、まずエピソード4、5、6を映画化したのが最初のスター・ウォーズ三部作。

 

単純に観てて楽しいと思える映画。

一作目が1977年と古い映画なので、今の映画撮影技術と比べるとそれはチープな、「あれ、着ぐるみ着てる」みたいな感じですが、それはそれで面白いでしょう。

 

今後も続いていくシリーズもの映画なので、そのブームが来るたびに「実は、まだ観たことないんです」と言うのが面倒だなあと思ったら、一度観ておくのも良いかもしれません。

結構スターウォーズファンってウザいところあるので、「えーっ、観たことないのー?」なんて言われたらムカつくので。

 

私は個人的に大好きな映画の一つです。だから普通にオススメしますけどね。

女性受けはするかどうかはちょっと微妙かも。

 

そもそも古い映画が好きじゃないという人も、好きになれないかも。

 

もしご興味があればこちらもどうぞレベルです

個人的には最初の三部作で完結でも大満足なんですが、その後にエピソード1、2、3が映画化されました。

  • 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999) 133分
  • 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002) 142分
  • 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005) 141分

スター・ウォーズファンとしては映画化になったもの全部観ないと気がすまないですけど、映画の面白さという点では最初の三部作(エピソード4、5、6)には到底及びません。

映像が綺麗だった。あのキャラクターがよかった。ナタリー・ポートマンが綺麗だった。ぐらいで終わるかと。

 

これからエピソード7である『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)もまもなく劇場公開されるので、実はまだスター・ウォーズシリーズ観たことなくて、これからちょっと観てみたいという場合は、とりあえず最初の三部作(エピソード4、5、6)を観ておけばOKです。あとはオマケみたいなものなので、気が進んだら観るという感じで。

やっぱり男性好みの映画なのかな。

 

チェ・ゲバラ 映画三部作

column8-06

出典:jyoseph.co

おすすめ度:(4/5)
ジャンル:アクション、アドベンチャー
主要キャスト:ガエル・ガルシア・ベルナル(モーターサイクル・ダイアリーズ)、ベネチオ・デル・トロ(チェ 28歳の革命、チェ 39歳 別れの手紙)
トータル上映時間:6時間32分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2003) 127分
  2. 『チェ 28歳の革命』(2008) 132分
  3. 『チェ 39歳 別れの手紙』(2008) 133分

 

あなたの革命家魂に火をつけるおすすめシリーズもの映画

チェ・ゲバラ、そして革命家というものに興味がある人向けの映画。一方で、チェ・ゲバラや革命家自体に興味がない人には非常に退屈な映画。

もし少しでも興味があるという場合、まずは『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2003) を鑑賞いただき、このチェ・ゲバラという人物を好きになれるかどうか判断してから、その後に続く2本を観ていただければと思う。

 

『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2003) では、革命家チェ・ゲバラ誕生の起源について、いかにしてチェ・ゲバラの心に革命家魂が生まれたかを見ることができる。

『チェ 28歳の革命』(2008) では、チェ・ゲバラとフィデル・カストロとの出会いから、キューバ革命を成し遂げるまでを見ることができる。

『チェ 39歳 別れの手紙』(2008) では、革命家チェ・ゲバラの最期を見届ける形になっている。

 

今、変革を成し遂げたいと考えている方にはオススメの映画です。革命といっても血を流すほうの革命ではなく、職場革命とか現代版革命のほうね。

 

人の導き方などいろいろヒントが詰まっているので、ノート片手にメモを取りながら楽しめる映画です。

この映画3本だけでは説明不足の部分もあるので、ぜひ当ブログのレビュー内詳細解説をご参考にしてください。

 

ジェイソン・ボーン シリーズ

column8-07

(c)Universal Studios – All Rights Reserved

おすすめ度:(4/5)
ジャンル:アクション、サスペンス
主要キャスト:マット・デイモン
トータル上映時間:5時間42分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『ボーン・アイデンティティー』(2002) 119分
  2. 『ボーン・スプレマシー』(2004) 108分
  3. 『ボーン・アルティメイタム』(2007) 115分

 

気分を一気にスカッとさせるおすすめシリーズもの映画

マット・デイモンはちょっと好きじゃないという人以外は、普通に楽しめるアクション映画。

また、ただのアクション映画ではなく、知的な戦いも同時に楽しめる知的アクション映画。

 

月並みな言葉ですが、「普通に観てておもしろい映画」なので、アクション映画で気持ちスカッとしたい連休にはピッタリの映画です。

 

おすすめ対象外作品

番外編として

  • 『ボーン・レガシー』(2012) 135分

という映画も数年前作られましたが、こちらは別物なので、かなりのボーンシリーズファンになった場合を除き、観なくていいかも。

 

るろうに剣心 シリーズ

column8-08

(c)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

おすすめ度:(4/5)
ジャンル:アクション
主要キャスト:佐藤健、武井咲、蒼井優、藤原竜也、神木隆之介、江口洋介
トータル上映時間:6時間48分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『るろうに剣心』(2012) 134分
  2. 『るろうに剣心 京都大火編』(2014) 139分
  3. 『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014) 135分

 

新感覚チャンバラ劇を味わえるおすすめシリーズもの映画

「THE ジャパニーズアクションムービー」、と言った感じで。第1作目の映画を観た時、「すごい」と普通に思えた。

あたらしいチャンバラ映画だな、と。

 

一作目、二作目、三作目とだんだんと勢いが衰えてくるのがこのシリーズの残念なところなのだが、一作目観たら続きを観ないわけにはいかなくなるので、観ると決めたなら最後までお楽しみいただければ。

原作ファンであるとかないとか関係なく楽しめる映画です。

映画、「バクマン。」コンビ、大活躍です。

 

海猿 シリーズ

column8-09

(c)2012「海猿4」製作委員会

おすすめ度:(4/5)
ジャンル:アクション、サスペンス、ドラマ
主要キャスト:伊藤英明、加藤あい、伊藤淳史、佐藤隆太
トータル上映時間:8時間2分

個別映画タイトルと上映時間

  1. 『海猿 ウミザル』(2004) 120分
  2. 『LIMIT OF LOVE 海猿』(2005) 117分
  3. 『THE LAST MESSAGE 海猿』(2010) 129分
  4. 『BRAVE HEARTS 海猿』(2012) 116分

 

たまらなく人を助けたくなるおすすめのシリーズもの映画

「毎回同じでしょ」と言われると、あまり否定できないところもあるだが、「同じストーリー展開で同じように感動できるのが日本人の良いところでしょ!」と言い返してやりたい。

日本人が大好きな感動もの映画の王道ということで、おすすめさせていただきます。

 

まだ観てない人は是非。

普通に泣けます。わかっていても泣けます。

 

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや、『ハリー・ポッター』シリーズの紹介がない!!

個人的にあまり盛り上がれない映画だったので、「どうぞお楽しみください」ぐらいしか言えないです。

どうぞ。

 

『ダイ・ハード』シリーズや、『ミッション:インポッシブル』シリーズは?

これら、もちろん大好きなシリーズもの映画ですが、連続で観なくても十分楽しめる映画なので、今回の「連休中にまとめて一気観したい、シリーズものおすすめ映画」特集からは外しました。

連続でなくても十分楽しめる映画なので、気が向いたときに一本ずつ観ても良いかと。

 

まとめ

上記にご紹介したシリーズもの映画は、私が個人的に大好きなものを勝手にイチオシしている映画になります。従って、全シリーズもの映画のごく一部に過ぎません。

シリーズもの映画は世にたくさんあるので、連休をうまく使ってどんどん楽しんでいただければと。

 

私は映画は一人で観る派なので、一人の時間が作れる夜に、静かにゆっくり楽しんだりします。

観終わった後、Twitterでつぶやいていただければ反応しますのでどんどん感想をアップしてください。

 

映画は一人で観たいけど、感想はシェアし合いたいタイプなので。

では、良い連休を。

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*