[映画コラム] Vol.010 1日5分で 新作映画試写会プレゼント情報を入手して、応募して、バシバシ当てるコツ

LINEで送る
Pocket

よく、「その映画試写会で観てきた」という話を耳にするが、「なんでお前だけが最新映画の試写会に招待されるんだ!」と、なんだかムカついたこと、少なくないでしょう。

映画関係者やその他メディア関係者の方たちは、正直映画を観たくなくても招待される立場にいる方々なので、彼らは別として、我々素人映画ファンでも、試写会にご招待いただくべく、ちょっとした努力でバシバシ最新映画の試写会にご招待いただくことが可能です。

shisha-00

とある日の試写会会場:新宿明治安田生命ホール

 

そんな、最新映画の試写会にご招待いただく方法はいろいろあれど、ここに、私が実際にこれまで数々の映画試写会にご招待いただいた方法をご案内したいと思います。

この方法が唯一の方法ではありませんが、1日5分程度チェックするだけで、最新映画試写会のご招待状がどんどん届く方法になります。

 

それでは以下より順を追ってご確認ください。

これら私の経験が、一人でも多くの映画ファンの方のお役に立てれば幸いです。

1.Googleアラートでキーワードを設定し、アラートメール配信設定

Googleアラート設定画面を開く

GoogleやYahooなどの検索エンジンで「Googleアラート」と入力して検索。

shisha-01v2

 

すると、検索結果トップに「Google アラート – ウェブ上の面白い新着コンテンツをチェック」というタイトルのウェブページが表示される。

このウェブ記事をクリックする。

 

アラートをかけるキーワードを設定する

どのキーワードでウェブ上の新着コンテンツを拾ってきてほしいかを設定する画面が表示される。

初めてこのページを開いた際は、ログインするために、Gメールのメールアドレスとパスワードを聞かれますので入力してログイン。Gメールのメールアドレス持ってないという場合は、無料なので、この際作っちゃう。

 

今回は「映画 試写会」と二つのキーワードを入力。
(「試写会」と、一つのキーワードだけでも十分に映画試写会情報引っかかります。キーワードが少ないと、その分引っかかる情報も増えますが、逆に不要な情報も増えるので、設定キーワード数はお好みで調整ください。)

shisha-02

 

入力エリアの下にある、「アラートを作成」ボタンを押すと、アラートの設定が完了。

shisha-03

 

キーワードを設定した後、鉛筆マークのボタンを押すと、キーワード毎に、アラート配信頻度等細かい設定ができる。私は配信頻度を「1日1回以下」に設定していますが、このあたりはお好みで設定で。

shisha-04

 

変更を加えた後は、「アラートを更新」ボタンで設定を反映。

ゴミ箱ボタンはご想像の通り、アラート設定の削除を実施するボタンです。いらなくなったアラート設定はどんどん削除していきましょう。さもなくば、不要なメールが届き続けるので。

 

2.毎日5分、Googleアラートメールをチェック

アラートメールの配信頻度を「1日1回以下」に設定した場合は、少なくとも1日1回はメールをチェック。

こんな感じで「Google Alerts」という差出人から、メールの件名が「Googleアラート – <キーワード>」という形で、メールが来ます。

shisha-05

 

メールを開いて、ザザッとメールの内容に目を通し、映画試写会プレゼントの情報を見つける。

shisha-06v2

 

そしてリンクを開き、試写会プレゼントページへ飛ぶ。

shisha-07

 

この映画試写会プレゼント情報、ある時は1回のアラートメールで数件引っかかってくるが、ない場合は全く試写会情報がないです。根気強くチェックしていきましょう。

スマホでチョチョっとGメールの受信トレイチェックするだけなので、1日5分もあれば確認できちゃいますね。

 

3.自分が興味のある最新映画の試写会プレゼントに応募

自分が先取りして観たいなあと思える映画の試写会ご招待情報を見つけたら、そのプレゼントに応募します。

応募の形は、以下のように、主に3パターンあり。

 

パターン1 – ウェブメディアに会員登録して映画試写会プレゼントに応募

映画情報メディアやその他ウェブメディアの会員登録をし(基本無料会員登録です)、そのアカウントでログインして映画試写会に応募する方法。

shisha-08

 

ウェブメディア側のメリットとしては、メールアドレスのリストを取れるというところ。つまり、会員登録した後はほぼ毎日、メールでそれらウェブメディアからDMが送られてくることになります。

私の場合は、メールのDMがたくさん届くことに抵抗がないので、ササッと無料会員登録するタイプの人です。すでに1日で100〜200通はスパムメールが届くので、今さらDMが1通増えるぐらいなんてことないので。

 

パターン2 – ハガキで映画試写会プレゼントに応募

雑誌の協賛もの映画試写会などは、いまだにハガキで映画試写会の応募を受けつけるところがあります。

 

なぜハガキなのか?

 

抽選ボックスに入れて一枚ずつ引いてるのかなんなのか知りませんが、扱いやすいんでしょうかね。雑誌の感想とか書かせるタイプの応募もあるので、こういった手書きのコメントを仕分けておいて、あとで使うには便利なのかもしれませんが、今どきハガキは時代遅れですよね。

でもこれって、応募者側にとってハードルが高い分、当選確率も高いかと。コンビニにハガキを買いに行って、ペンで書いて、ポストに投函するハードル分だけライバルが減りますので。

 

たまにハガキを書いてみるのも良いものですよ。

ハガキを買って応募してくるだけの本気度を見せろということなんでしょう。

 

私の場合、映画試写会プレゼントの応募方法がハガキの場合、「よし、もらった」とガッツポーズです。

こういうちょっと面倒な応募方法の映画試写会に応募していくのが一つ、試写会を当てるコツになります。

 

パターン3 – TwitterやFacebook等、SNSアカウントで映画試写会プレゼントに応募

こちら、最も今どきの応募方法です。

試写会主催者側も、SNS等で映画の告知をしてもらえるのでメリットがあり。というか、タグをつけて、映画試写会情報のウェブ記事をつぶやいたりすることが、映画試写会への応募の条件だったりするので。

Facebookアカウントでの応募受付よりTwitterアカウントでの受付の方が多いかなという気もします。というのも、Facebookの投稿記事はGoogleの検索エンジンに引っかからないので拡散パワーがTwitterに比べて弱いから。Twitterでのつぶやき投稿の場合は、GoogleやYahooの検索結果に引っかかりますので、その分拡散パワーも大きいので。

 

ただ、このSNSアカウントを使ったプレゼント応募方法の場合、参加のハードルが低いので、ライバルも多いです。

そんなライバルが多いなかでも一つ抜きん出る方法としては、やはりTwitterのフォローワー数だったり、映画レビューブログなどの自分のメディアを持つことになります。

 

ツイッターのフローワー数をすぐに増加させることは難しいまでも、映画レビューのブログを始めることはすぐにできますよね。

主催者側の気持ちになって考えると、やっぱり拡散力のある人にどんどん映画情報を拡散してほしいですから、なんらかの形で自分のメディアを持つことは大切です。

 

ウェブページ上で映画試写会に応募する際、自分のブログメディアのURLを入力する欄や、ツイッターIDを入力する欄があるので、その辺の拡散力もしっかりチェックされている可能性もあるということで。

まずは映画レビューブログを書き始めてみて、自分が試写会で映画を鑑賞したからには必ずそのブログでレビューを書きますよというアピールをしていくこと、一つ、映画試写会が当たるコツになります。

 

4.「試写会ご招待状」がハガキで届く

たいていの場合、突然自宅に試写会ご招待状というハガキが届きます。

shisha-09

Twitterで応募した場合は事前に住所を聞かれることになるので、後日、招待状が届くことが想定できるのですが、そうでない場合は、突然、家のポストにこのようなハガキが届いています。

この家に届いた「試写会ご招待状」のハガキが試写会の入場券になるので、当日会場でこのハガキ取られちゃいます。ですからこのハガキ自体、手元に残らないので、どうしても手元に残しておきたい場合は、事前に写真でも取っておきましょう。

 

通常、一枚のご招待状につき、2名まで入場できます。

当日は自由席になるので、試写会会場の開場時間前には、作品によっては長蛇の列ができています。開場時間15分〜30分前には、試写会会場に到着されることお勧めします。2名で行かれる場合は特に。二人並びの席がどんどんなくなっていくので。

 

5.ご招待された映画試写会には必ず行く

ご招待を受けた映画試写会には予定を調整して必ず行くようにしましょう。人としての礼儀なので。

すべての主催者が出欠確認をとっているのか不明ですが、招待しても来ない人には招待状は出したくなくなると思うので、断ったらもうお呼ばれしないという気持ちで極力時間を調整して行くようにしましょう。

ここは、映画ファンとしての最低限のマナーということで。

 

6.試写鑑賞後はSNS等自分のメディアで映画レビューを書く

映画試写会にて、映画を先取りで観させていただいたからには、その映画のプロモーションに協力しましょう。

自分が書いている映画レビューブログでレビューを書くもよし、Twitterアカウントでつぶやきまくるもよし。試写会にご招待いただいたことへの感謝の念を込めて、映画のプロモーションに協力しましょう。

 

たいしておもしろくなかった映画を無理におもしろかったと言って、広めるのはどうかと思うのですが、少なくとも、こういう映画がこの日から上映されるよ、ぐらいは拡散するという感じで。

私の場合、この映画レビューブログで正直に感じたままの感想を書きますが、それでも失礼にあたらないように言葉を選んで書くようにしています。

 

試写会上映映画だけに、ネタバレなしでね。

そして、常に、クリエーターの方へ敬意を払いつつ。映画界を盛り上げるべく。

 

まとめ

以上、映画試写会情報を効率よく入手して、かつ、当たる確率の高い方法で応募する手順は以下の通りになります。

  1. Googleアラートでキーワードを設定し、アラートメール配信設定
  2. 毎日5分、Googleアラートメールをチェック
  3. 自分が興味のある最新映画の試写会プレゼントに応募
  4. 「試写会ご招待状」がハガキで届く
  5. ご招待された映画試写会には必ず行く
  6. 試写鑑賞後はSNS等自分のメディアで映画レビューを書く

 

「25組様」という映画試写会プレゼント企画でも、意外と当たるものなので、どしどし応募して、ガンガン映画レビュー書いて、一緒に映画界を盛り上げて行きましょう!!

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*