[映画レビュー]『クリード チャンプを継ぐ男』(2015) ロッキーイズムを忠実に継承

LINEで送る
Pocket

今、あのボクシング映画の王道を楽しみたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:ロッキーを懐かしみたかったから。
ジャンル:ドラマ
原題:CREED

creed-01

(C) 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


–あらすじ–
ボクシングのヘビー級チャンピオンであったアポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)。さまざまな伝説を残したアポロだが、彼が亡くなった後に生まれたためにアドニスはそうした偉業を知らない上に、父との思い出もなかった。それでもアドニスには、アポロから受け継いだボクシングの才能があった。そして父のライバルで親友だったロッキー(シルヴェスター・スタローン)を訪ねてトレーナーになってほしいと申し出る。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

実際、そんなに期待値高めで映画館に観に行く人はいないかなと思ってる。

映画「ロッキー」シリーズの番外編的な位置付けの、または、「これから新しいシリーズはじめていっちゃおうか。この映画がヒットしたら。」的な映画であるこの映画『クリード チャンプを継ぐ男』、私もそれほど期待しないで観に行った。

 

映画「ロッキー」シリーズを作る上での大前提が、

  • シルヴェスター・スタローンを登場させる。
  • ボクシングもの映画である、つまり、ボクシングの試合のシーンを入れる。2試合ぐらいは。
  • ロッキーイズムを継承する必要がある。特に、トレーニングのシーンで。

である。

 

そして、

出会って、トレーニングして、試合に挑む

の流れを守る必要がある。映画「ロッキー」ファンのためにも。

 

その意味では今回の『クリード チャンプを継ぐ男』は上記法則をすべてを踏襲していて、かつ、プラスアルファでサイドストーリーも加わっている。ゆえに、人間ドラマとしても楽しめる。

でも、やっぱりワンパターンさは否めない。

 

しかしながら、「まさにそのワンパターンを観たいんだ」という人には、すごく楽しめる映画。

また、あのロッキーのテーマを聴くと、自然とアドレナリンが分泌するとか。

 

シルヴェスター・スタローンの、「天龍源一郎」並みに聞き取りにくいセリフも味がある。

懐かしいトレーニング手法も登場し、ロッキーファンは、久しぶりに「ロッキーってこんなんだったな」というのを味わい、楽しめる、そんな映画になっている。

このボクシング映画は、忙しい

今作『クリード チャンプを継ぐ男』には、ロッキーイズム伝承以外にも、いろいろとメッセージが発せられている。

その一つが「最後にいい人生だったと言えるような生き方をしよう」という感じのもの。

 

登場人物それぞれが、それぞれに困難を抱えており、困難に向き合い、闘い、必死に今を生きている。

ただ、このボクシング映画は忙しい。

creed-04

(C) 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 

映画「ロッキー」と言えば、トレーニングシーンにフォーカスをすべきであり、挫折があり、その挫折を克服するためにさらにトレーニングをする。そして進化する。

creed-02

(C) 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

もう時間がない。2時間(今作の上映時間は133分)じゃおさまりきらない。

とにかく忙しい。

 

結果、いい感じで入れ込んだサイドストーリーも、中途半端な流れになり、それらストーリーの必要性が薄れてしまう。

中盤、いい流れが出来ていただけに、そこが少し残念に感じたところ。

 

ただ、今後、この「クリード」の続編を作るのであれば、それらサイドストーリーも十分生きてくるのか。

少なくとも、今映画内では、前フリに終わっていたし、困難にぶち当たってる感が、結構あっさり描かれていた。

 

忙しい映画だけに、テンポが速く、飽きがこない、観ていてのめり込める映画なのだが、一方で、そういったヒューマンドラマ的な部分に、深みを入れきれなかったところが残念。

映画が終わった後、「ところであの件どうなった?」と思えるところがちらほらと。

 

アドニス・ジョンソンの父、アポロ・クリードという男

今回の主役、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)の亡き父であるアポロ・クリードについては、事前に少しは知っておいたほうが、この映画を楽しめるかもしれない。

creed-03

 

私は、「スターウォーズ」ほどは、この「ロッキー」シリーズに思い入れがないため、全シリーズを観直すことはせず、適当にブログをあさって、3分ぐらいでアポロ・クリードを復習できる記事を見つけ、ちょちょっと復習した。

やや、おふざけしてる記事だけど、楽しくアポロ・クリードを復習できるので、もし、『クリード チャンプを継ぐ男』を観る予定の方は、ちょっとこの記事で復習しておいてもよいかも。少し感情移入して映画が観れるかもしれません。

 

明日から真似したくなる黒人〜アポロ・クリード伝説〜

 

最後にひとこと感想

「最後はみんないいやつ」的な路線も踏襲。

これも、ロッキーイズムの一つか。

 

なんでも観ていて気持ちの晴れる映画はいいものです。

なんとなくストーリーは想像出来ちゃうけど、気持ちスカッとする映画を探している、そんな人にはオススメの映画かな。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*