[映画レビュー]『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013) 自業自得男の凄まじい行動力

LINEで送る
Pocket

今、「行動力」が欲しいと感じているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:伝記映画が好み。病気のようにやせ細ったマシュー・マコノヒーが出てる。
ジャンル:ドラマ
原題:DALLAS BUYERS CLUB

DALLASBUYERSCLUB

(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved.


–あらすじ–
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。
シネマトゥデイ

このロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)をカッコイイと思う人は少なくないだろう。最初の堕落した生活の部分以外は。

しかしながら、彼のやったことは、ルール無視、法律無視の、自分さえよければいいという行動。

そんな彼を崇めたて、映画化までしてしまうのも、正直どうかと思った。

特に医療従事者であれば、こんな一方的な見せ方に納得はいかないであろう。医療業界にいた私も、このワンサイドすぎる作りには納得が行かないところがある。映画としても、もう少しFDAをはじめとする医療機関側の主張の部分を出すべきだったかと。

 

そして、「自業自得」という言葉がピッタリ当てはまるロンには同情の余地もない。

上記のような、ルールを破った奴がカッコイイ的な見せ方に、納得は行かない。

 

しかしながら一方で、このロンという男の行動力には一目置くところがある。

dallas-a1

(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved.

 

インターネットもない時代に、自分の専門外のことを調べ上げ、専門家と議論し合うレベルにまでになったロン。

なすべきことの実現のために、世界を飛び回る行動力。

単に、それはルールだから、と、全てをすぐに簡単に諦めてしまう自分には、頭が下がる行動力であった。

 

かといって、ルールは破っていいものというわけではないが、自分も死と隣り合わせで時間がない状況であれば、ルールを破り行動をしていたかもしれない。

そんな葛藤を投げかけてくれる映画であった。

 

また、ロンを一人のビジネスマンとして見てみると、彼が一つ、大切なものを持っているのことに気づく。

それは、この人を助けたいと思わせる魅力。

ビジネスをする上ではやはり、無条件で自分を助けたいと思ってくれる人が周りにどれだけいるかが重要である。

dallas-a3

(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved.

 

最初はお金のための密輸だったのが、最後は人助けのための密輸へと変わっていく。

そんな彼の心の移り変わりも注目すべきものの一つ。

 

「ルール」と「バリュー」の双方を考え、「ルール」を破ってでも「バリュー」を産むことができるのであれば、それは正当なプロセスに沿って、主張していくべきなのだろう。

しかし、死と隣り合わせになった時にはそんな冷静な判断は下せないのかもしれない。

 

ロン・ウッドルーフのような人間に脚光を浴びせ、美化することに、賛同はしないまでも、彼が起こした行動を、身勝手な行動としてだけで切り捨てることに抵抗を感じる。

そういった意味では、この映画の持つ意味は大きいのかもしれない。

 

あなたなら、この映画を観た後、このロンという人間に対し、どう感じるであろうか。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*