[映画レビュー]『マダム・イン・ニューヨーク』(2012) 何事も初めては一度だけ。だから楽しんで。

LINEで送る
Pocket

今、英語学習を必死に頑張っているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:友人に勧められて
ジャンル:ドラマ
原題:ENGLISH VINGLISH

Vinglish-a2

(C) Eros International Ltd.

インド映画特有のダンス付きミュージックもそれほどしつこくないインド映画。

これは英語ができないインド人妻のシャシ(シュリデヴィ)がニューヨークで奮闘する話。

私自身もアメリカ留学経験者なのでシャシの経験した一つ一つのことがすごくよくわかる。

 

シャシがカフェに入って英語がうまく話せなく、欲しいものを注文できなかったシーン。

そこで、”Next”とぶっきらぼうに、吐き捨てるように言い放つサービス精神ゼロのレジ係の対応。

これはある種の”Welcome to America”的な洗礼を浴びるみたいなもの。

Vinglish-a1

(C) Eros International Ltd.

 

また、英語だけの会話に英語がわからない人間が入ることの孤独感。

そして適当に理由をつけてその会話の輪から去るシャシの気持ち。

 

アメリカに留学したことのある人であれば、これら同様の経験を一度はしてきたことでしょう。

アメリカに向かう飛行機の中で出会った、隣の席に座ってた少し変わったオヤジが去り際にいいことを言う。

「何事も初めては一度だけ。だから楽しんで。」

 旅の一期一会感がしみてくるシーン。

 

子育て、旦那の世話等により、自分の持てる時間がほとんどない中でも英語学習に必死にとりくむシャシ。

どこの世界でも「お母さん」というのは自分の時間が持てないものである。そんな限られた時間の中で事を成し遂げる女性たちが世にたくさんいることに感心し、彼女たちを尊敬する。

Vinglish-a3

(C) Eros International Ltd.

 

特に、インドでは男尊女卑が激しいと聞く。

その一部がこの映画でも、特に夫の妻シャシを見下す発言にはっきり現れている。多分日本の女性はこの夫の発言の数々を聞いたらムカつくことでしょう。かなり。

 

しかしそんな状況をどうすることもできないシャシ。

「わたしがどんなにがんばっても誰も喜ばない」
「必要なのは、尊重されること」

という妻シャシの言葉が印象的であった。

 

この映画はすべての世の英語学習者に見ていただきたい。

また、すべての世の男性にも。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*