[映画レビュー]『ジェイソン・ボーン』(2016) 10年経っても色褪せない面白さ

LINEで送る
Pocket

今、肉体美好き、ボーンシリーズ好きあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:このボーンシリーズ、大好きなので。
ジャンル:アクション、サスペンス
原題:JASON BOURNE
リピートしたい度:(4/5)

jason_bourne_01

(C) Universal Pictures


–あらすじ–
ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

このシリーズ、好きなもので、前作の3部作全て復習してから劇場へ。

自分がこのシリーズ好き過ぎてるからかもしれないが、結果、大満足。

 

Yahoo映画評は、現時点でスコア3.7ぐらいで、まあ、わからなくもない。

今作からいきなり観た人にとってはただのアクション映画に過ぎないとも受け取れるから。

 

映画冒頭、前作からのつながりを説明するのにある程度時間を割くと思いきや、それほど深くは触れず。

ただ単にフラッシュバック的に過去の映像が映し出されるだけ。

 

よって、より深く今作を楽しみたい人は、事前に3部作の復習をオススメする。

復習にはある程度の時間が必要だが、そこはどれだけ今作を楽しみたいかでの判断になるかな。

 

今作『ジェイソン・ボーン』(2016)は、制作資金が潤沢にあったせいか、追う側の定番役者として、トミー・リー・ジョーンズを投入して来た。

jason_bourne_04

(C) Universal Pictures

以前の、ハリソン・フォード主演『逃亡者』(1993)での、あのしつこさはなく、やり過ぎず、主役を食わず、ほどよい存在感で、良い感じであった。

 

追う、追われる系の映画が好きな人にはオススメの映画。

単純に、派手なアクション映画が好きな人にもオススメ。

 

情報テクノロジーのスゴさ、怖さを感じたい人にもオススメ。

マット・デイモンの肉体美好きにもオススメの映画。

jason_bourne_03

(C) Universal Pictures

 

監視社会を我々は本当に望んでいるのか?

答えはない。賛否両論あり。

犯罪を防ぐためには完全なる監視社会を作ることが望ましいのか。いや、自由な、監視のない社会が良いのか。

jason_bourne_02

(C) Universal Pictures

 

この映画シリーズでは、我々の全ての行動はお上にお見通しであり、また、どこに隠れていても、必ず見つけられてしまう。

おそらくこれらは現実世界でも可能になっているのであろうと、震え上がらせてくれる。

 

たぶんこれ、全部できちゃうんだろうな、と。

監視社会について、お上がなんでもできてしまう社会について、あらためて、その是非を考えさせてくれる。

 

いかなる機器にもアクセスできてしまう。

いかなるシステムも、悪用できてしまう。

 

そんな世界に、今、我々は住んでいるのかもしれない。

 

ラスベガスでのド派手なカーアクション

映画終盤のラスベガスを舞台としたカーアクションは、ド派手で見応えあり。

観る人によっては、ちと退屈に感じるかもしれないが。

jason_bourne_05

(C) Universal Pictures

 

SWATの車、硬すぎ。

これこそ劇場のスクリーンと音響で観るべし。

 

映画全般で、カーアクション多め。

そんな映画を退屈と感じるかどうかが、満足度に大きな影響を与えるかもしれない。

 

前作3部作を全く観てなくて、かつ、カーアクションものがあまり好きでないのであれば、本作はオススメしない。

ストーリー自体ももちろん面白いけど、それもこれも前作までのストーリーに思い入れがあるからだから。

 

本シリーズに、思い入れある人にとっては星5つ、そうでない人にとっては星3つ。

アクションもそれほど好きでないと言う人にとっては星1つ、かな。

 

最後にひこと感想

追う者、追われる者、という単純な構図に終わらず、絶妙に三つ巴の争いになっているところで、面白さを最後までキープしている。

これは、シリーズ全作を通しての手法。

 

また、我々が想定するストーリーを小刻みに裏切ってくれる。

これも、ほど良く心地良い。

 

本シリーズのファンを裏切ることのない今作だが、はじめて本作に触れる人にとっては、半分ぐらい、なんのこっちゃわからないお話しかもしれない。

ゆえに、もう少し、前作までの振り返りを冒頭に入れてくれても良かったかも。

 

より多くのファンを、ボーンシリーズに取り込みたければ。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*