[映画レビュー]『ジョゼと虎と魚たち』(2003) なぜ、「ジョゼ」なのか?それは。。

LINEで送る
Pocket

今、清々しい気持ちになりたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:池脇千鶴。
ジャンル:ロマンス、ドラマ

joze-01

(c)2003『ジョゼと虎と魚たち』フィルムパートナーズ

ジョゼ(池脇千鶴)はいわゆる障害者。

一緒に住んでるおばあからも「壊れもん」と言われ、人目につかないような生活を強いられてきた。

 

しかしながらこの映画は、障害者がかわいそうと思うための、そんなレベルの映画ではない。

 

ではラブストーリーなのか?

 それも違うような気がする。

 

恒夫(妻夫木聡)という大学生との一つのラブストーリーとしてだけでこの映画を語るのは相当イタい。

 

自身が障害者だからこそ、健常者である恒夫(妻夫木聡)を上から目線で語りかけるジョゼ(池脇千鶴)、そしてその語り口調。

おばあが拾ってきた雑誌に書いてあることが世の中のすべてであるジョゼの偏った知識。

joze-02

(c)2003『ジョゼと虎と魚たち』フィルムパートナーズ

 

ところどころに出るジョゼの男心揺さぶるフレーズ。

そして時々、何もかもわかってる、自分の置かれている状況は自分が一番理解している、と、覚悟を持った表情になるジョゼ。

 

ジョゼが障害者であるという立場から恒夫にいろいろと「命令」したのは、きっと、恒夫なら一緒に「深い深い海の底」の生活を共にしてくれるかもしれない、と、わずかながらの期待を寄せて、テストしていたからかもしれない。

joze-03

(c)2003『ジョゼと虎と魚たち』フィルムパートナーズ

 

最後のシーン、電動車椅子に乗って颯爽と移動するジョゼがたくましく見えた。

 

なにかわからないけど清々しい気持ちになりたい、そんな人におすすめの作品です。

 

追記:「ジョゼと虎と魚たち」は、なぜ「ジョゼ」なのか?

このレビューアーの『ジョゼと虎と魚たち』レビューは秀逸。

ここまでの知識があって、この映画を見ている人はほとんどいないと思うが、このレベルの知識を携えて、再度、この映画を観ると、また違った楽しみ方ができるかもしれない。

joze-04

(c)2003『ジョゼと虎と魚たち』フィルムパートナーズ

特にこの部分。

「ジョゼと虎と魚たち」は、なぜ「ジョゼ」なのか。それを考えると、この映画を新しい視点で見ることができるかもしれない。

『一年ののち』のジョゼは、ジャックという若くて粗野な男性と愛人関係にあるのだが、ベルナールが言うように、それは「いつか愛さなくなる」関係だ

それをジョゼは充分に理解しつつ、それでもジャックとの今を楽しんでいる。

映画の中の「ジョゼ」もだから、恒夫とのあまりに幸福な日々を生きながら、それが「いつか愛さなくなる」関係だとわかっていたに違いない。その未来に目をつぶるのではなく、それを解りながら、今を楽しむこと。それがジョゼが選んだ道だった。
tantot ときどきにっき

 

そして、池脇千鶴演じるジョゼが愛読した「一年ののち」の作者であるフランソワーズ・サガンについて知ると、より深みが増してくる、『ジョゼと虎と魚たち』はそんな、二度三度、楽しめる映画。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*