[映画レビュー]『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016) 数々の名言から理想の生き様を見出す

LINEで送る
Pocket

今、男が惚れる、理想の生き様に触れたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:阿部寛、岡田准一、尾野真千子と、好きな俳優勢揃いだったから
ジャンル:ドラマ、アドベンチャー
泣ける度:(1.5/5)

kamigamino-itadaki-01

(c)2016 「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会


–あらすじ–
ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠(岡田准一)は古めかしいカメラを見つける。それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判断できるかもしれないカメラだった。カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二(阿部寛)というアルピニストの存在にたどり着く。他人に配慮しない登山をするために孤高の人物となった彼の壮絶にして崇高な人生に触れるうちに、深町の胸にある思いが生まれる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

この手の映画はやっぱり映像に見応えがある。

エヴェレストの美しさはもちろんのこと、ネパールにあるエヴェレスト登山の拠点となる街の風景なども、生涯ネパールを訪れることはないかもしれない私にとってはすごく楽しめた映像。

 

では、肝心のストーリーの方はどうか。

予告編映像にて、おもいっきり謎解き的な前振りをしているにも関わらず、最後にはそんな謎解きどうでもよくなってしまった感が否めない。

つまり、何を伝えたいのかの焦点がいまいち定まっていないような、そんな印象を受けた。

 

これは、登山するのに特に明確な理由がないのと同様に、この映画自体にもクリアなメッセージは求めるなということか。

それぞれが、それぞれに、勝手にメッセージを感じて持っていけと言わんばかりの、ある意味身勝手な作りの映画。

 

そして、山の映像がいっぱい出てくると思いきや、そうでもない。

エベレストの厳しさというよりもむしろ阿部寛演じる登山家、羽生丈二の生き様にフォーカスを当てたストーリー。

 

岡田准一氏は主役と思いきや、事実上の主役は阿部寛である。

尾野真千子も結構チョイ役。

 

どうせ観るなら映画館で観たい映画。

エヴェレスト自体の過酷さを、より感じたいのであれば、『エベレスト 3D』(2015) のほうのがオススメかもしれない。

 

登山家、羽生丈二の生き様から何を感じれるだろうか。

羽生丈二(阿部寛)の生き様を表す名言たち

羽生丈二とは、阿部寛が演じた登山家。

kamigamino-itadaki-02

(c)2016 「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

そんな羽生が劇中に発した、心に残る名言を、以下に3つほどピックアップ。

 

「生きている間は休まない」

つまり、休むときは死ぬときだということのようで。

 

あまりにも強烈な一言。強烈過ぎて、参考にしにくい。

でも、心の隅に置いておきたい言葉。

 

「俺を撮れ。俺が逃げ出さないようにな。」

写真を撮らせて欲しいと申し出るカメラマン深町誠(岡田准一)に向かって、登山家羽生丈二(阿部寛)が放った一言。

 

ちょうどプロボクサーが、試合前に対戦相手を威嚇して、いざ自分が試合に負けた時に思いっきり自分が惨めに映るようにして、精神的に己を追い込むように。

引くに引けない状態をつくる。退路を断つ。

 

いつかどこかで使ってみたい、カッコイイセリフ。

 

「貧乏人は有名になるしかねーんだ!」

佐々木蔵之介演じる登山家が、経済的サポートを受けて登山に挑む一方、無名の羽生丈二(阿部寛)は、金がないから登山隊に参加できない。

 

そんな時、羽生丈二(阿部寛)が発した一言がこれ。

同じ貧乏人として、心打たれた一言。

 

人はなぜ山に登るのか?

kamigamino-itadaki-03

(c)2016 「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

登山もの映画を観ると、度々問われること、それは、人はなぜ山に登るのか。

そんなもの、唯一の回答が用意されている質問でもないので、想いは人それぞれでよいのだが、映画鑑賞後の私なりの回答としては、以下のものになるか。

 

山登りをする理由、それは、

  • 計画通りにいかない状況への対応力を強化するため
  • 一見不可能と思えることをすぐに不可能と決めつけないようになるため
  • 瞬時に最善の判断ができるようになるため

そして、「不便」の経験を通じて、いかに日頃の生活がありがたいものかを知るため、なのかもしれない。

 

私自身、エヴェレストに登ろうとは思わないが、早速日帰り登山にでも出かけたくなった。

数年前に勢いで買いそろえた登山グッズを装備して。

 

最後にひこと感想

佐々木蔵之介氏のやや大げさな演技と、古臭いBGMが少し気になったが、それでも観てよかったと思える映画。

おそらく無条件に、自然の厳しさ系映画、好きなのかもしれない。

 

帰宅後早速、登山家ジョージ・マロリーについて調べるぐらいに。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*