[映画レビュー]『マグニフィセント・セブン』(2016) これ以上ないぐらい普通な映画

LINEで送る
Pocket

今、予定調和の西部劇を楽しみたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:飛行機の中で他に観たい映画がなかったから
ジャンル:アクション、西部劇
原題:THE MAGNIFICENT SEVEN
もう一度観たい度:(1.5/5)

magnificent7-01

–あらすじ–
悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

黒澤明の『七人の侍』と、同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇らしいが。。

そんなこと、どうでもいい。

 

ストーリー展開はあなたが想像したとおりのもの。上記二作品を、たとえ観たことがなくても、容易に想像できるストーリー。

ゆえに、ハラハラドキドキの展開を求めている人には不向きな映画。

 

この映画は、どちらかというと、ストーリー展開は分かった上で、それをどう見せていくのか、を観たい人向け。

 

もちろん観ていて楽しい、気分爽快な映画。

ただ、それ以上でもなく、それ以下でもない。

 

こどもの学芸会でストーリーがわかりきっている演目を、自分のこどもが演じているから観に行く、その程度の特別感かな。

もちろんアクションシーンは観ていて面白い。気分爽快。Again.

 

デンゼル・ワシントンだ! イーサン・ホークだ! イ・ビョンホンだ! と気分高揚させたければ観に行くべし。

そうでなければ、いつかテレビで放送される時に見れば十分かな。

 

なぜこの映画を、今、この豪華キャストで作ったのかがよくわからないが、西部劇にイ・ビョンホンは新鮮だった。

イ・ビョンホン、初めてカッコイイと思ったかも。

リメイクってどうよ?

そもそも映画のリメイクって必要なのか?

この映画は『荒野の七人』のリメイクとのことだが。

magnificent7-02

 

リメイク映画って、元の作品のストーリーを忠実に再現する必要あるのか?

私はこれ必要ないと思ってる。

 

リメイクならリメイクならではの味を出せばいい。それがリメイク作品を作る理由だから。

良い例が、『12人の怒れる男』<ロシア版>(2007)

アメリカ映画『十二人の怒れる男』(1957)のリメイク版であるが、上記作品はロシア版のリメイクということで、ロシアならではの時代背景を盛り込んだ、私の大好きなリメイク映画の一つ。

 

今回の『マグニフィセント・セブン』(2016)も、どうせリメイクするならもう少しひねりが欲しかったところ。

まあひねっていたのかもしれないが、薄っぺらいひねりだったのかな。ひねられた感なかったので。

 

いわゆる「悪い奴ら」の与えるインパクト

最近、アメリカテレビドラマの『ウォーキングデッド』など、悪役が極悪非道であるものばかりを観ているせいか、この映画に登場するいわゆる「悪い奴ら」が全く悪く見えない。

悪い奴らは、超悪いやつだからこそ彼らに対し憎しみを感じ、観ている身を乗り出して正義の側を応援したくなる。

magnificent7-03

 

映画がテレビドラマに負けてどうする。。

映画は2時間以内に収めなきゃならないから悪い奴ら紹介にあまり時間が使えない?

『レオン』(1994)はその限られた時間内で十分すぎるぐらい悪党たちの悪さを伝えてくれたが。。ゲイリー・オールドマンがホント憎かったし。

 

それとも今回の『マグニフィセント・セブン』(2016)は全体的にソフトなタッチで行きたかったのか?

全体的に、無難な映画であった。

 

最後にひとこと感想

飛行機の中で、ある意味先行上映的な形で観たので、「金返せ」的な気持ちにはならなかったが、映画館には観に行かなくてよかったかな。

これまで実はあまり関心のなかったイ・ビョンホン。急に興味が湧いてきたので、その他作品を漁ってみよう、と。

magnificent7-04

 

ちょっと時代に乗り遅れた感はあるが。。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*