[映画レビュー]『オブリビオン』(2013) こころ揺さぶる近未来SFラブストーリー

LINEで送る
Pocket

今、SFとラブストーリー両方大好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:賛否両論な映画で気になったから。
ジャンル:SF、アクション
原題:OBLIVION
泣ける度:(1.5/5)

oblivion-01

(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


–あらすじ–
エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

SFもの映画って女性はあんまり好きじゃないのだろうか?

近未来の乗り物に乗ったり、この世のものとは思えない化け物と戦ったり。

 

でもこの映画、単なる近未来SFもの映画ではない。

切ない、切ない、ラブストーリーの要素もあり。

 

トム・クルーズ映画といえば、たいてい美女しか出てこないのだが、今回も美女ぞろいで。

そんな、美男美女たちが、ビジュアルの美しさでも魅せてくれる。

oblivion-02

(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 

映画の冒頭部分、観ていておそらく疑問がいくつか出てくるであろう。そしてそんな我々の疑問を無視するかのように、どんどん物語が進んでいく。

だが、次第に形が見えて来る。「ああ、そういうことか。。」と。

 

「この手の話、どっかで観たことあるよ」と、思うかもしれないし、それは否定しない。

ただ、私はのめり込んだ。最後の最後まで。どうなるかワクワクさせてくれるストーリー展開に。

 

その最後は切なく、観終わった後、しばらく余韻が残る。

無力感というか、脱力感というか。

 

正直、観終わった後、いろいろと疑問が残ることだろう。

しかし、映画の中に100%の答えを求めるのはナンセンス。

 

映画とは、余韻を楽しむものだから。

感じるままに感じ、自分の好きなように解釈して、心満たされる。

 

その振れ幅の大きい余韻で、こころ大きく揺さぶられたい。

そんな映画の醍醐味を味わいたいというあなたにおすすめの映画です。

やっぱり地球はかけがえのない故郷

近未来のストーリーでは、よく、人類が地球以外に住む計画が持ち上がる。

でも、やっぱり地球で生まれ育った我々は、地球の良さを超える場所を見つけることはできないのかもしれない。

oblivion-03

(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 

もともと地球外惑星で生まれ育てば別の話かもしれないが、今、地球以外に人類が住める惑星があるとしても、また、ガンダムに出てくるようなスペースコロニーがあるにしても、やはり地球に住みたいと感じる。

この映画は、そんな、かけがえのない地球を、これからも大切にして、後世にも美しい地球のままで受け継いでいかなければならないんだということを、切に思わせてくれる。

 

今の任務が完了すれば、違う惑星に移住予定になっているジャック・ハーパー(トム・クルーズ)。本来なら嬉しいはずが、そうでもない様子のジャック。

そんなジャックから滲み出る、地球を離れたくない、地球を愛する想いが伝わってくる。

 

自分の生まれ故郷に実家がなくなっても、身内が誰一人としていなくなっても、それでも故郷に帰りたくなる気持ちにどこか似ている気がした。

 

近未来SFラブストーリー

この映画はSF映画であり、かつ、切ないラブストーリーでもある。

oblivion-04

(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 

人間の肉体を、単なる「外枠」と割り切れるか、心が通じ合っていればそんな「外枠」は関係ないと思えるか。

本当の愛を試されるシーンがなんとも切ない。

 

自分だったらどう感じるだろう。

そんな余韻に心揺さぶられ、しばらく寝付けず。

 

寝る前にこの映画観ると、いろいろ考えさせられて眠れなくなるかも。

ありきたりのラブストーリーはあまり好きではないが、この映画のような、芯を揺さぶるようなラブストーリーは好きである。

 

最後にひとこと感想

近未来のドローンが登場する。

想像に難くなく、無人殺人兵器として大活躍のドローン。ちょっと怖い。

oblivion-05

(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 

また、それほど話のメインにはなっていないものの、一冊の本との出会いから人間の心が目覚めていくという展開が、お気に入りなところ。

本好き・映画好き人間としては。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*