[映画レビュー]『海難1890』(2015) 人を助ける、助けないを決める判断基準とは?

今、あらためて自身が日本人でよかったと思いたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:歴史好きだから。忽那汐里出演作に関心があるから。
ジャンル:ドラマ

kainan-01

(C) 2015 Ertugrul Film Partners


–あらすじ–
1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

私自身、1890年の海難事故(エルトゥールル号海難事故)を知らなかった。

トルコではみんな学校でこの歴史的事実を習うらしい。日本人が古墳の形の違いを勉強している間に。

 

また、1985年イラン・イラク戦争時の、トルコ政府による在イラン日本人救出についても全く知らなかった。

日本人として、恥ずかしい。

 

よく言われることだが、近現代史はもう少し日本の歴史の授業で取り扱うべきかも。さもないと、私みたいな日本人が大量発生してしまう。

「クロスロード」の映画レビューでも書いたが、海外の人が知っている一方で、日本人が知らない「日本の歴史」がまだまだ世界中にたくさんある。日本人として国際的な場に出た時に、その辺の知識不足が露呈する。恥ずかしさでいっぱいになる。

 

この映画は実話に基づくお話で、劇場では映画冒頭にトルコ大統領の挨拶がビデオレターで流れた。「この映画は世界中の人に見て欲しい作品」とのこと。ちょっと欲張りな発言かもしれないが、すごく同意。

ストーリー展開自体は、歴史的事実を映像化しただけなため、想像されるままであり、次に何が起きる?のハラハラ感はない。しかし、その一つ一つの出来事の詳細な部分について、深く感じることのできる映画になっている。

 

学校の歴史の授業的に、出来事が発生した年と、その概要だけ知れれば良いというのであれば、この映画の予告編を見るだけでいいかもしれない。一方で、教科書的には一言で済んでしまう出来事を、二時間かけてじっくり映像で感じてみたいという人には、「是非どうぞ」と、おすすめしたい映画。

貧しい日本人たちが、時に自らの命をかけて、総力戦で、どこの誰かもわからない外国人を助けるシーンは想像以上に見応えあり。

トルコでどのようにこの歴史的事実が学ばれているかはわからないが、少なくともこの映画を観たら、自分がトルコ人であったなら、日本人を大好きになるであろう、そんな映画。

続きを読む

[映画レビュー]『Re:LIFE~リライフ~』(2014) 人に教えるということは、初心を思い出すこと

今、軽くヒュー・グラントで笑ってみたいというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:ヒュー・グラントのコメディもの結構好きだから。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス
原題:THE REWRITE

rewrite-03

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.


–あらすじ–
かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしながら復学したホリー(マリサ・トメイ)をはじめ真剣な生徒たちの情熱に接するうちに、鬱屈(うっくつ)したキースの心に変化が生じ……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

ヒュー・グラントの、とにかく頭で考えてることが口から次々と出ちゃって、その結果トラブルに巻き込まれていく系のコメディが好きな人には大好きな映画の一つになるかも。

 

私自身、ヒュー・グラント主演のコメディ映画は好きな方なのだが、これまでの彼のコメディ映画と比較して、今回の作品は正直あまりパンチの強さは感じられなかった。どちらかというと、小笑いの寄せ集め的な映画。

でも、そんな「ヒュー・グラント小笑い集」が好きなのが、彼のファンであるとも思うので、ヒュー・グラントファンとしては、十分満足できるのかもしれない。

rewrite-05

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.

 

人生やり直していく系のヒューマン要素(たぶん、こっちがメインテーマなんだろうが。。)も少し入ったコメディ映画。また、ヒュー・グラントが脚本家という設定から、映画ファンは同時に映画脚本制作の裏側ものぞくことができる、一度に二度美味しい映画。

 

軽くヒュー・グラントで笑ってみたいという人にはおすすめの映画。

ホント軽くね。

続きを読む

[映画コラム] Vol.007 自分に合った映画の見つけ方:映画への投資時間を効率化するために知っておくべきレビューサイト・アプリの使い方

column7-01いつもハズレの映画にあたってしまう。。 「俺の、私の二時間を返せー!」、と嘆いているあなた。その嘆きの理由の大部分は映画のセレクト方法が間違っているからです。私が行っている、自分に合ったおすすめ映画の探し方をご紹介します。

 

私はこれまで数え切れないほど映画を観てきました。そしてだいたい8:2で不満足:満足といった割合です。

多くの人に、広くあまねく満足させる映画を作るのって難しいんでしょうね。まあでも、自分だけのお気に入りの映画が見つかればそれでいいのであって、すべてが万人に評価が高い映画である必要もないわけで。

 

そこで、私が「今日は絶対にいい映画が見たい」と思った時に、自分自身へおすすめする映画を探す方法について、以下にご紹介していきます。

自分自身へのおすすめ映画を探す方法は大きく分けて5つ。では順にご紹介していきます。

 

続きを読む

[映画レビュー]『クロスロード』(2015) ボランティアは偽善で何が悪いのか?

今、青年海外協力隊の活動について知りたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:青年海外協力隊の活動がテーマの映画だから。
ジャンル:青春、ドラマ

crossroad-03

(c)2015『クロスロード』製作委員会


–あらすじ–
カメラマンを目指す沢田(黒木啓司)は青年海外協力隊に応募し、訓練所でボランティア精神あふれる羽村(渡辺大)と出会う。やがてフィリピンのマニラに赴任した沢田は、スラム街に暮らす子供たちと知り合い充実した日々を過ごす一方、現地の過酷な現実を目の当たりに。任期を終えカメラマンとして多忙な毎日を送る彼のもとに、東日本大震災の復興活動に励む羽村を取材するオファーが来て……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

EXILEの黒木啓司さん主演映画。

青年海外協力隊の活躍を描いた映画で、いままでありそうでいてなかった映画。

 

ストーリー展開としては、想像に難くなく、映画通であれば全てが想定できる展開。ゆえに、ストーリー上のドキドキを味わいたい人にはあまり楽しめない映画。

そうではなく、青年海外協力隊が実際どのように現地で活躍されているか、また、ボランティアとはそもそもどうあるべきか、などを考えたい人には非常に興味深い映画になっている。

この映画を観る目的が明確であれば、多少の臭い演技も問題ないと思えるだろう。

 

私自身、青年海外協力隊を一度経験しておきたかったと思っている一人なため、非常に興味深くこの映画を見ることができた。協力隊ではないが、海外留学を経験している私としては、日本出国前に抱いた理想の形が現地で実現できないもどかしさは痛いほどわかる。

青年海外協力隊創設50周年記念事業の映画ということで、しっかりと協力隊の紹介にも時間を割かれている。事前の70日間の合宿や、その合宿でどのような準備をするのか、など。

 

監督、脚本ともに青年協力隊OBということで、関係者一同総力をあげて作られた映画のようで。

「クロスロード」という、なんのひねりもない映画タイトルが惜しいが、青年海外協力隊の活躍について知るには十分満足のできる映画ではないか。

続きを読む

[映画レビュー]『黄金のアデーレ 名画の帰還』(2015) 人はすぐに忘れる、そして、過去を蘇らせる

今、絵画の持つ力を感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:絵画について最近自分の中で関心が高まっているから。
ジャンル:ドラマ
原題:WOMAN IN GOLD

(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.


–あらすじ–
アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、グスタフ・クリムトが描いた伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画が、オーストリアにあることを知る。彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府に絵画の返還を求めて訴訟を起こす。法廷闘争の一方、マリアは自身の半生を振り返り……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

法廷闘争ものの側面を持ち、現在と過去を行ったり来たりする展開でありつつも、比較的、観やすい作りになっている。

現代のシーンは時系列でわかりやすく構成されており、過去のフラッシュバックが映し出されるシーンでは、明確に過去のストーリーとわかるような映像で作られている。観るものに優しい映画。

 

また、この映画のストーリーは実話をベースに作られており、最後のエンドロールでは、現在彼らがどう生活しているのか的な紹介が出てくる。これはありがちな作りだが、実話映画を観ている者が知りたいところをしっかりカバーしてくれている。

ストーリー的には、フィクションじゃないかと思うぐらいの驚きな話の展開であり、これが実話ということで、一層観るものを魅き付ける。よく映画でありがちなストーリーが、そんなありがちな話が「本当にあった」ということだ。

 

それでも「よくある話だなあ」と、映画としてはつまらないと思うかもしれない。ただ、これ、何度も言うようですが、「実話」なので、よく映画である話ではなく、本当にあった話であるということで、是非ご鑑賞いただきたい。

 

久しぶりに、映画を観てるなあという感じがした。

私の映画を観る際の楽しみの一つが、自分が行ったこともない地域、聞いたこともない制度やしきたりなどに、間接的ではあるが、触れることができるということ。そういった意味で、オーストリアのウィーンに触れ、国際裁判の難しさに触れることができたこの映画は、まさに「映画を観てる」感が久しぶりに強く感じられた作品。

 

他の本格法廷もの映画と比べると、法廷闘争部分自体についてはそれほど見入るレベルのものでもない。だから、「裁判に勝ったー!やったー!」というレベルのものではない。

それよりもむしろ、「過去を蘇らせる」ことの意味について考えさせてくれる映画である。

続きを読む

[映画レビュー]『重力ピエロ』(2009) 「重力」をも跳ね飛ばす、父の強さ

今、「家族愛」を感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:原作が伊坂幸太郎氏。
ジャンル:青春、ドラマ

(C)2009「重力ピエロ」制作委員会

(C)2009「重力ピエロ」制作委員会


–あらすじ–
遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

最後にホロっと感動を誘う作品。

ミステリードラマちっくで、ただの謎解きものと思いきや、最後はしっかりと強いメッセージを発している。

 

ストーリー展開も秀逸。

通常映画は開始30分、90分あたりにそれぞれ話の大きな転換を持ってくるのだが、その絶妙なタイミングで、この映画は我々を前のめりにさせてくれる。

 

そして最後に父(小日向文世)のこの言葉で締めくくる。

「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんて消してしまえるんだ」

この映画のタイトル「重力ピエロ」とは、そういう意味だったのか、と。

 

人はそれぞれに変えることのできないストーリーを持っているもの。

人間が地球の重力に逆らえないように。

しかしながら、ピエロのように、たとえ心では泣いていても顔で笑っていれさえすれば、重力さえ消せる、と。

 

扱っているテーマがやや重いだけに、観ていて不快な思いを抱くかもしれない。

また、同意できない部分もあるかもしれない。

 

そういう部分も含めて、この映画はたくさんの余韻を残してくれる。

 

原作伊坂幸太郎の映画の中でも、「アヒルと鴨のコインロッカー (2006)」と並んでオススメの一本。

是非、どこかのタイミングで手に取っていただきたい。

続きを読む

[映画レビュー]『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014) 争うことなんて、誰も望んでいない

今、もめごとに巻込まれているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:猿の惑星の第1作目のが好きだから。
ジャンル:SF、アクション、アドベンチャー
原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES

(C)20th Century Fox

(C)20th Century Fox


–あらすじ–
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考えに従って動き出す。一方、猿たちを率いるシーザー(アンディ・サーキス)は、人類と接触しようとせずに文明を構築していた。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

「猿の惑星」ファンを裏切らない出来に、嬉し涙が。。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011) 」の続きの作品とのことだが、その前作を見ていなくても、十分この作品だけで楽しめる。

他の「猿の惑星」シリーズ同様に、今作についても、一作目の「猿の惑星  (1968)」を上回ろうとはせず、異なる角度からの面白さの切り出し的な形で、新しい猿の惑星を見せてくれる。

 

歴史的背景も含めて、敵対する者同士、どのように歩み寄っていくことができるか。そもそも歩み寄れるものなのか。

映画開始から最後の最後まで、飽きさせないストーリー展開。

この手の映画には一切興味のないうちの嫁も、最後まで見入ってしまうほどに。

 

猿を通じて社会問題を考えるという、なんとも不思議な感じのする映画だが、非常に勉強になる。

世界中のいろいろ争っている人たちにこの映画を見てもらい。なにか気づきを得てもらいたい。

 

この手の映画は好きじゃないという人、少なくないでしょう。そもそも猿が言葉をしゃべること自体、受け付けない、と。

実は私もそうでした。昔、一作目の「猿の惑星 (1968)」を見る前までは。

続きを読む

[映画レビュー]『起終点駅 ターミナル』(2015) 刑を宣告されるだけありがたいと思え

今、不器用な男の生き様を感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:佐藤浩市、本田翼、見たさに。
ジャンル:ドラマ

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会


–あらすじ–
北海道旭川の地方裁判所判事だった鷲田(佐藤浩市)は、覚せい剤事件の被告となった昔の恋人・冴子(尾野真千子)と法廷で再会。東京に妻子を置いてきた身でありながら、関係をよみがえらせてしまう。だが、その半年後に彼女を失って深く傷つく。それから25年後、鷲田は判事を辞め、妻子と別れ、釧路で国選弁護専門の弁護士として孤独な日々を送っていた。そんな中、担当することになった事件の被告人・敦子(本田翼)と出会った彼は、彼女に冴子の面影を見る。一方の敦子も鷲田に心を許し……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

想定通りの静かな立ち上がり。

大人のラブストーリーを期待していると少し違う。

人間いつでもやり直しできる的なメッセージ。

 

ただ、ものすごく間接的に伝えてくるので、感度が悪いとそのまま素通りで映画が終わってしまうかも。

そこは世界でもトップクラスの高コンテクストな日本人。顔の表情やしぐさから心を読み取るスキルを発揮したいところ。

 

ただ、感じるにしても限界があり、その点では、得られる情報がやや少な過ぎるかなと感じざるを得なかった。語らなすぎというか。そこまで観る側の解釈にまかせるか、的な。

 

人生の再出発を、薄く、非常に遠回しな表現で伝えている映画。

だから、観終わった後、号泣はない。ほのかな希望の光とともに、幕が下がっていく。続きは我々に委ねられる。

続きを読む

[映画レビュー]『グラスホッパー』(2015) 伊坂幸太郎氏とジャニーズファンのためだけの映画か

伊坂幸太郎氏原作の映画化ものは全て観るというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(2/5)
観た理由:原作が伊坂幸太郎氏。
ジャンル:サスペンス

grasshopper_1

(C) 2015「グラスホッパー」制作委員会


–あらすじ–
恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

小気味よく進んではいかないストーリー。

だからか、次第に退屈に感じてくる。

そして話が終わっていく。。

そんな感じの映画でした。

 

これから何が起きるか楽しみにさせるワクワクさせる展開から、最後はVシネ級な仕上がりでの着地。あのセクシー女優みたいな人はなんなんだろう?

あれだけ事前の宣伝で煽っていただけに、その出来上がりに少々ビックリしてしまった。

 

また、シリアスな映画として作っているなら、あまりゆるいシーンはいらないかと。

悪党どもの友情の話などはどうでもいい。

 

原作が伊坂幸太郎氏ということもあり、観客は、メッセージ性の高い、サスペンススリラーを観に来ているはず。

それが、ただグロいだけの映画に。

そして最後はただのアクション映画になってしまっている。

 

期待値が高かっただけに、残念であった。

続きを読む

[映画レビュー]『エベレスト 3D』(2015) 命に関わる判断に優しさは見せてはならない

「一応、山登りします」というあなたにも是非見ていただきたい映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:一応私も山に登るので。
ジャンル:アドベンチャー、ドラマ、サスペンス
原題:EVEREST

everest_1

(C) Universal Pictures


–あらすじ–
世界にその名をとどろかせるエベレスト登頂を目指し世界各地から集まったベテラン登山家たちは、参加者の体調不良などトラブルが重なり下山が大幅に遅れる。さらに天候が急激に悪化し、命の危険性が劇的に高いデスゾーンで離れ離れになってしまう。ブリザードや酸欠などの極限状況に追い込まれた一行は……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

雪山登山の厳しさを、そしてエベレスト登山の過酷さを感じることのできる作品。

3Dメガネをかけて観たのだが、その映像には超満足。

高〜っ、深〜っ、って感じで。

 

ストーリーはというと、実話ベースの映画だけあって、劇的な展開というものは正直ない。

難波康子(なんばやすこ)さんという日本人登山家が登場することにより、日本人として急にこの映画に親近感が湧くが、それ以上でもそれ以下でもなく。

 

それまでプロの登山家しか登っていなかったエベレストにて、商業登山なるものが始まりだした頃の様子が描かれている。

65000ドルという大金を払った登山参加者は少し無理をしてでも登頂成功させたい。危険であれば引き返してまた後日登りに来ればいいという考えができない。

一方で、お金を受け取ってる業者側はなんとしてもその思いを叶えてあげたい。生きて帰ることが一番大切とわかっていても、判断を誤ってしまう。

 

何事も最初は失敗がつきものだが、この1996年エベレスト大量遭難事故という結果は、あまりにも大きな代償であったことを伝える作品。

映画としてはストーリー展開もそれほど面白いものでもないが、映像は一見の価値あり。是非、映画館で3Dで。

続きを読む