[映画レビュー]『X-ミッション』(2015) ストーリーはチープだが、アクションは一見の価値あり

LINEで送る
Pocket

今、とにかくスリリングなアクションを楽しみたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:なんかスゴそうな映画だったから。CGなしと、豪語しているから。
ジャンル:アクション
原題:POINT BREAK
泣ける度:(1/5)

point-break-01

(C) 2015 Warner Bros. Ent. (C) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


–あらすじ–
以前アスリートだったFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が中心となっているアスリート犯罪集団への潜入捜査を開始する。彼らには、卓越した能力を使って、犯罪行為を繰り返している疑いが掛かっていた。しかし、ユタは彼らと危険な行動を共にするうち、ボーディに対し信頼と友情を抱くようになり……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

アクションは確かにスゴイ。というか、スゴイのと通り越してスゴイ。スゴすぎる。

でも、ストーリー自体はいたって普通。

 

この映画は、何を楽しみたいかの目的によって評価が分かれる映画。

映画というからには、心動かすようなストーリーがあって欲しいと思う私にとっては、物足りなさが残る映画。

 

CGを使用しない生身のアクションを前面に押し出して宣伝しているだけあって、そのアクション部分については、どこに出しても恥ずかしくないのであろう。

ただ、そんな人間離れしたアクションを集めただけの映像であれば、スタント集的なDVDでも観れば済む話。

そういえば、昔、深夜の民放で急な山の斜面をスキーで滑り降りる人の映像が流れていたのを思い出す。ああいう映像を、別途観るだけで十分な感じである。

 

CGを使用しないアクションがこの映画の売りなのだが、そのあたりの定義がよくわからん。

人が崖から落ちたりするシーンもCG使ってないということ?それならホントスゴイんだけど。

 

Again, 映画から発せられるメッセージがいまいち不明瞭。

自然保護を訴えてる? 格差社会を批判してる? それともスピリチュアル的ななにか?

それともそれとも、ドラゴンボール的な、オラが最強だ的なノリ?

 

映像はそれこそかなり楽しめたけど、ストーリーがかなりいまいち。

名作、ブラット・ピット主演の『セブン』(1995)をもじったような、香港の名作『インファナル・アフェア』(2002)をパクったような。

 

どうせパクるならオリジナルを上回って欲しいところなのだが、オリジナルの足元にも及ばす。

オリジナルを上回っていたのは、出演する俳優陣がイケてるということだけ。つまり、いい男、いい女揃いで。

(C) 2015 Warner Bros. Ent. (C) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

ストーリーがメチャクチャつまらないということではないが、いたって普通の展開で、かつ、メッセージが不明瞭というだけ。

あまり深く考えないで観てもらいたいのか、じっくり考えて観て欲しいのかの製作者の意図もブレている。

 

製作者自身の目的は達したが、観る側の気持ちが完全に無視されてる感じで。

俺たちスゴイの作ったぜ、的な、自己満足のための映画。

それでも映画館の大スクリーンで一見の価値あるアクション

先日『ザ・ウォーク』(2015) を観た時に感じた緊張感を吹き飛ばすようなアクション。

 

いろいろな、心ソワソワさせてくれる、なにかチビりそうなシーンが映し出されるのだが、特にソワソワ、ドキドキさせてくれたのが、ロッククライミングのシーン。

命綱付けずに岸壁を登っていく様は、ストーリー云々関係なく、見入ってしまう。

point-break-06

(C) 2015 Warner Bros. Ent. (C) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

サーフィンとかのスゴイシーンは、あまり実感がわかなくて、サーフィンやったこともないのに、死にはしないだろうと勝手に安心してしまうも、ロッククライミングだけは、つかんだ岩が「ピキッ」って崩れるかもしれない怖さを常に感じながら観るわけで、それはもうビビり、チビってしまう。

私は試写会で2Dで観たのだが、これこそ3Dで映画館の大スクリーンで観るべしと感じた。

point-break-04

(C) 2015 Warner Bros. Ent. (C) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

ただ単に、私自身が高いところが苦手なだけかもしれないが。

 

おとり捜査もの映画としての視点

おとりもの映画としては非常にチープな出来。

アンディ・ラウ、トニー・レオン主演の『インファナル・アフェア』(2002)や、ジョニー・デップ主演の『フェイク』(1997)の足元にも及ばない。

 

潜入捜査官としての緊迫感が全くない。

point-break-05

(C) 2015 Warner Bros. Ent. (C) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

おとり捜査ものは、たいてい悪党側との、いくら仕事とはいえ切り離せないぐらいの情が芽生えるもの。また、警察内部にも、そのお取りの事実を知っている人間はいても一人か二人までなはず。

しかし、この『X-ミッション』では、悪党側との情も薄っぺらいものであり、FBI内部でもみんなユタ(ルーク・ブレイシー)がおとりで潜入していることを知っているような状況。

 

おとり捜査もの映画の観点でいうと、観るに堪えない映画。

そして、誰もが感じる後付け的なストーリー展開が、さらにストーリーをチープにさせていた。

 

最後にひとこと感想

映画本編終了後のエンドロール、長いです。

通常の二倍はあるかも。

 

おそらく、スタントマンをたくさん使ったのと、それに付随する関係者が多すぎたのか、いつまでたっても終わらないエンドロール。

映画館に行くなら席は端っこの席で、本編終了後はすぐに帰れるようにしておくべし。

 

影響されやすい性格か、映画を観終えた後、体を鍛え、山に登りたくなった。

そして、金持ちが開く船上パーティーに潜入し、美女と知り合いたくなった。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*