コメディ

[映画レビュー]『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016) とにかくやっちゃえばいいんだよ

今、一歩目を踏み出せないあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:実在した人物をモデルにした映画に基本的に関心があるから
ジャンル:ドラマ、コメディ
原題:FLORENCE FOSTER JENKINS
もう一度観たい度:(1.5/5)
florence-01

(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

–あらすじ–
ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

そこそこの映画かな、と、それほど期待もせず映画館へ。

結果、そこそこの映画だった。

 

ただ、いつもこの手の映画を観て思うことは、へーっ、こんな人がいたんだ、ということ。

実在の人をモデルにした映画って、かなり脚色してない限り、それほど面白いものには仕上がらないのはわかって観ている。

だから、ある種の見聞を広げるという意味で観たりする。

 

本作の主演がメリル・ストリープ、ヒュー・グラント、という、個人的に好きな2人。

これが無名の俳優2人が演じてたら、多分話題にすらならなかったかもしれない。

 

コメディー映画のジャンルに属するが、そこまで爆笑するシーンもなく、時折、アメリカ映画特有のジョーク的な、そんなものが放り込まれている程度。

好きな人は好き、そうでない人はそうでない、そんな映画。

 

個人的には観てよかったと思った映画だが、映画館に行くほどではないかなとも思った。

ただ、カーネギーホールを映画館の大スクリーンで味わいたいのであれば、劇場へ行くべきかも。

 

可もなく不可もなく。

ただ1つ、「やっちゃえばいいんだよ」という勇気はもらえたかな。

続きを読む

[映画レビュー]『あやしい彼女』(2016) 安易な破茶滅茶コメディにしなかったところが成功の要因か

今、良いお母さん、そして、良いおばあちゃんになりたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:多部未華子、要潤と、渋いキャスティングだから。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ファンタジー
泣ける度:(4/5)

ayashii-kanojo-01

(C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION


–あらすじ–
女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

とにかくキャスティングが渋い。多部未華子と要潤。

それだけでまず食いついた。

ayashii-kanojo-08

(C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION

 

で、実際映画を観てみると、志賀廣太郎、小林聡美と、脇役がいい味出してた。

脇が完璧だから、主演が引き立つ感じで。

 

韓国映画がオリジナルらしいけど、それは見てない。から、比較はできない。

海外映画の場合、ノスタルジーの部分はどのように表現されているのか、そのあたりは興味深いところ。韓国映画のノスタルジー表現は、外国人である日本人に通ずるものがあるのか、など。

 

本映画、歌もの映画典型の話のまとめ方で、いたってシンプルなストーリー展開だが、発せられるメッセージが深いせいか、観ていて次第に惹きつけられる。

劇場では、泣いている人もちらほら。

 

また、爆笑するほどの面白さはないが、多部未華子のブレない演技に心躍らされる。

話の内容から考えても、多部未華子のキャスティングは、あらためて納得感あり。

 

前半なかなか多部未華子が出てこないから心配したが、そのやや長すぎると感じる前フリが、映画後半に効いてくる。

安易な破茶滅茶コメディにしなかったところが成功の要因か。

 

この手のファンタジー系映画って、予告編だけ観ると、なんだか安っぽい印象しか残らないことが多い。だが、実際本編をガッツリ観てみると、そこから発せられるメッセージの深さと、安っぽい予告編とのギャップに、いい意味で驚かされる。

正直、観て良かったと思える映画。

 

観終えた後、心が温まった。

そして、何か大切なものを思い出したような感じになれた。

 

老若男女、みな楽しめる映画。

特に、女性にとっては共感する部分の多い映画ではないか。

続きを読む

[映画レビュー]『ウソツキは結婚のはじまり』(2011) ハジけるニコール・キッドマンを堪能できる

今、アメリカンコメディー好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:たまたま飛行機の中で上映されていたのを観た。
ジャンル:コメディ、ロマンス
原題:JUST GO WITH IT
泣ける度:(1.5/5)

just-go-with-it-01

(c) 2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


–あらすじ–
1988年、心臓医見習いのダニーは結婚式の一時間前、婚約者と妹が自分の大きな鼻のことをバカにしていたことを知る。バーでマリッジリングを眺めながら酒を飲んでいると、隣に女性が座った。指輪のことで誤解されつつも、健気な夫を演じてみせたダニーは同情を誘うことに成功。美容外科医となって鼻を整形し、指輪を使って数々の女性と浮き名を流す。時は流れて2011年、ダニーは美しい小学校教師パーマーと出会う。2人は運命を感じるが、指輪を見たパーマーは彼の元を去る。パーマーへの思いをあきらめられないダニーは…。
allcinema ONLINE

映画の率直な感想から

アメリカの人気コメディアンで主演のアダム・サンドラーを知ったのが、1996年、映画『俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル』(原題:Happy Gilmore)を観た時である。

当時、私自身がちょうどアメリカに滞在していた時で、ややアメリカナイズされていたせいか、彼の発するバカバカしさに大喜びする自分がいた。

 

日本のコメディーとアメリカのコメディーは笑いのツボが違うと言うが、まさにアダム・サンドラーの笑いはアメリカ人好みの笑いと感じる。

ゆえに、我々日本人にとっては、好き嫌いの分かれる笑いになるだろう。

 

アダム・サンドラー主演コメディー映画の特徴としては

  • まずビジュアルで、出オチ的に笑わせる
  • 老人や体の不自由な人をコケにする、ちょっと日本じゃ受け入れられなそうな笑いで攻めてくる
  • 最初は笑いで始まるが、最後はハートウォーミングな、お涙を誘う形で仕上げる

上記アダム・サンドラー的コメディー映画の方程式を好む人であれば、本作に限らず、彼の出演作は全てチェックしたほうがいい。たぶん、大好きな笑いのはず。

 

私の場合、彼のこの手の笑い、大、大、大スキで、これまで彼の作品は全て観ていたが、今は、やや冷めた感じになってしまった。

たくさん笑いすぎたせいか、もう彼の笑いには大爆笑はできない体になってしまったが、それでもポップコーンを食いながら、ほんわかとテレビの前で横になって観るにはちょうどいいコメディー映画。

 

今作は、あのアメリカの人気テレビドラマ『フレンズ』のレイチェル役でおなじみのジェニファー・アニストンや、トム・クルーズの前妻としても知られるニコール・キッドマンも出演。

それぞれが非常にいい味を出していて、主演のアダム・サンドラーをサポートする。

 

とにかく好きな人は好きというタイプのコメディーもののため、広く多くの人におすすめできる作品ではないが、一度観てみて自分に合う笑いかどうか、確認してみるのが良いだろう。

軽く笑い、楽しい気分で過ごしたい夜におすすめの映画。

続きを読む

[映画レビュー]『珍遊記』(2016) 松ケンのケツに1800円払えますか?

今、下品なギャグ映画を観たいあなたに少しだけおすすめの映画

観て良かった度:(2/5)
観た理由:原作のファンだったから。
ジャンル:コメディ
泣ける度:笑いすぎて泣けると思いきや、そうでもなかった。

chinyuuki-01

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会


–あらすじ–
天竺へと旅をしていた僧侶の玄奘(倉科カナ)は、たまたま寄った家の老夫婦から妖力で悪さをする不良息子・山田太郎(ピエール瀧)の更生を頼まれる。玄奘は、宝珠を駆使し妖力を封印することに成功。さらに、玄奘は力を失った太郎(松山ケンイチ)を引き取り、旅に同行させることに。道中さまざまな騒動を巻き起こす太郎は……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

くだらなさの究極をいってほしかったが、そうでもなかった。

主演の松山ケンイチこと松ケンの吹っ切れっぷりは、尊敬するものがあったが、それ以外では特に驚きもなく。

 

溝端淳平氏がある種隠し味的に出演していたのだが、やはりイケメン俳優、将来のことも考えてか、松ケンほどは吹っ切れていなかった模様。

溝端淳平や倉科カナあたりの準主役級が、松ケン以上に吹っ切れていたりすると、サプライズとしても面白さが増したのではないか。

 

結局、終始「半笑い」の顔のまま終了。

だんだんとトーンダウンしていく形で、尻つぼみで。

 

そもそもそんなに期待をして映画館に観に行っているわけではないが、やるなら徹底的にバカバカしく作って欲しかった。

原作通りに忠実に物語を進める必要はないが、原作者である漫☆画太郎氏のバカバカしさイズムはしっかりと継承してほしかった。

 

この映画にストーリー性を求めている人はいないだろう。

であれば、懐しのバカバカしいギャグ、汚い言葉遣いを、速いテンポでどんどんぶち込んできて欲しかった。

 

「かぶいてる」って言葉、流行ったな。

少しだけ懐かしさを感じつつも、物足りなさが多く残った。

続きを読む

[映画レビュー]『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』(2014) 「ありえないだろ!」と「いや、ありうるかも」の中間を走る絶妙な面白さ

今、染谷将太で一発笑いたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:長澤まさみ見たさに映画館に。
ジャンル:青春、コメディ、ドラマ
泣ける度:(2/5)

wood-job-01

(C)2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会


–あらすじ–
大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

以前、映画館で観ておもしろかったので、この度たまたまスカパーで放送していたのを発見し、再度観た。

ということで、今回は二度目の鑑賞。それでも一度目と同じぐらい楽しめた。ゆえに、この映画をおすすめしないわけにはいかないと思い、レビューを書く。

 

当初、染谷将太氏をあまり存じ上げていなく、長澤まさみ目的で映画館に向かったのだが、今観ると、素直に「染谷将太、最高!!」と雄叫びを上げたくなる。

染谷将太氏は、心に影のある、ひと癖ある役がピッタリの俳優だと思っていたが、こういうイマドキの若者役もガッツリハマっている。

wood-job-02

(C)2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会

 

普通に笑いながら観れる一方で、ところどころ学びも多い映画。

ちょっと下ネタ的な表現もあるが、それは笑い飛ばせるぐらいのレベルで、下ネタ嫌いの方でもあまり不快には感じないだろう。

 

一人の若者男性の成長ものストーリーとして、完全に映画の中の世界に浸ってしまい、ともに人間的成長を楽しんでしまうため、あっという間の2時間と感じる。

リアルさに欠け過ぎる矢口史靖監督映画はあまり好きではないのだが、この映画に限っては大好きな映画の一つとなった。

 

笑いの中にもホロっと泣けてくる、すごくあと味の良い映画。

脇を固める伊藤英明、優香、そしてもちろん長澤まさみにも大満足である。

 

今宵は染谷将太で一発笑いたいというあなたに、是非どうぞとおすすめしたい映画です。

続きを読む

[映画レビュー]『最強のふたり』(2011) 言いにくいことを言ってくれる、聞きにくいことを聞いてくれる

今、明るい介護もの映画を観たいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:「最強」とまで言われたら観るしかないかなと。
ジャンル:コメディ、ドラマ
原題:INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE

saikyo-01

(c) 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP/


–あらすじ–
不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

最近劇場公開された『サヨナラの代わりに』(2014)が、女版『最強のふたり』(2011)とも言われている。

しかしこの二作品の大きな違いは、

  • 『サヨナラの代わりに』(2014)・・フィクション、悪化していく病
  • 『最強のふたり』(2011)・・実話、事故により体が不自由に

というところ。

つまりは、本作は「悪化していかないもの」なだけに、それほど深刻な話にはなっていない。そこが、大きな違い。

 

悲しい系の、涙たくさん出ちゃう系の映画が苦手な人にも、十分楽しめる映画。

 

前述のとおり、この映画は実話がベースになっている。

実話ベースの映画は通常、劇的なストーリー展開が少ない分、退屈になりがちだが、この映画は最後まで飽きさせない。

もしかしたら、脚色多めなのかもしれないが、事実を大きく逸脱していなければ、面白さを追求する作りは嫌いではない。

 

実話ベースの映画の限界としては、小説のようにきれいに話がまとまっていないところ。アクション映画でいうところの、最後にボスキャラを倒して平和が訪れて終わる的な展開が、ないといえばない。この映画は最後、ダラダラ終わっていく感じの映画。

したがって、ストーリー全体の「締まり」は期待出来ない。しかしながら、個々のストーリーが単体でそれぞれ面白いので、全体として満足度の高い映画になっていると感じる。

 

明るい介護もの映画を観たいという人にはオススメの映画。

続きを読む

[映画レビュー]『Re:LIFE~リライフ~』(2014) 人に教えるということは、初心を思い出すこと

今、軽くヒュー・グラントで笑ってみたいというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:ヒュー・グラントのコメディもの結構好きだから。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス
原題:THE REWRITE

rewrite-03

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.


–あらすじ–
かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしながら復学したホリー(マリサ・トメイ)をはじめ真剣な生徒たちの情熱に接するうちに、鬱屈(うっくつ)したキースの心に変化が生じ……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

ヒュー・グラントの、とにかく頭で考えてることが口から次々と出ちゃって、その結果トラブルに巻き込まれていく系のコメディが好きな人には大好きな映画の一つになるかも。

 

私自身、ヒュー・グラント主演のコメディ映画は好きな方なのだが、これまでの彼のコメディ映画と比較して、今回の作品は正直あまりパンチの強さは感じられなかった。どちらかというと、小笑いの寄せ集め的な映画。

でも、そんな「ヒュー・グラント小笑い集」が好きなのが、彼のファンであるとも思うので、ヒュー・グラントファンとしては、十分満足できるのかもしれない。

rewrite-05

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.

 

人生やり直していく系のヒューマン要素(たぶん、こっちがメインテーマなんだろうが。。)も少し入ったコメディ映画。また、ヒュー・グラントが脚本家という設定から、映画ファンは同時に映画脚本制作の裏側ものぞくことができる、一度に二度美味しい映画。

 

軽くヒュー・グラントで笑ってみたいという人にはおすすめの映画。

ホント軽くね。

続きを読む

[映画レビュー]『俺物語!!』(2015) ベタベタな設定なのになぜか観ていてうれしくなる

今、青春時代を思い出したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:人気ぶりが気になったから。
ジャンル:青春、ロマンス、コメディ

oremono_3

出典 (C)アルコ・河原和音/集英社 (C)2015映画「俺物語!!」製作委員会


–あらすじ–
情に厚い硬派な日本男児の剛田猛男(鈴木亮平)は、ごつくて大きな体を持ちながらも、女子にモテない高校1年生。ある日、彼はしつこいナンパから助け出した女子高生の大和凛子(永野芽郁)のことを好きになってしまうが、後日再会した際、彼女が猛男の幼なじみであるイケメン砂川誠(坂口健太郎)のことが好きだと気付いてしまう。落胆しながらも凛子と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

40過ぎたオッさんが少女コミックは読まないので、当然のことながら前知識なく観た。

 

一言、想像した通りの映画だった。

 

すべてがベタな設定で、マンガの世界をそのまま実写にした感じの映画。だから当然のことながらセリフや動き、状況設定などすべてがマンガ。

そのあたりをマンガを読んでいるかのように楽しく感じながら観ることのできる人には、すごく楽しい映画かもしれない。

 

コメディ要素は強いものの、それほど爆笑もなく、マンガを読んでてちょっと吹き出すぐらいな感じ。

ただ、時折、そのベタな場面でも、感動の波が押し寄せる。めちゃくちゃベタベタな設定なのに、なぜか観ていてうれしくなる。猛男を応援したくなる。

 

奇想天外なストーリー展開を期待してはならない。ストーリーを楽しもうと思ったら、それはちょっと違う。剛田猛男(鈴木亮平)を純粋に楽しみたい、それだけを目的に観ていただきたい映画。

原作ファンの方がどのようにこの映画を楽しまれるかわからないが、40過ぎの前知識ゼロのオッさんとしては、どことなく懐かしい気持ちになれる、そしておそらくオッさんだからこそ感動してしまう、そんな映画

 

エンディングロールで流れる主題歌が、槇原敬之のラブソング「No.1」であることもあって、これって実はターゲットは40代以上のオッさんたちでは?と感じた。

ゆえに、40代以上の男性に意外とウケる映画かもしれない。

続きを読む

[映画レビュー]『想いのこし』(2014) あたりまえのストーリーによるあたりまえじゃない感動

今、「金」と「女」以外に価値を見出したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:岡田将生、広末涼子が出てるから。
ジャンル:ドラマ、ファンタジー、コメディ

omoinokoshi_1

(C) 2014「想いのこし」製作委員会


–あらすじ–
考えることは金と女のことばかりで、お気楽に毎日を過ごすことがモットーの青年・ガジロウ(岡田将生)。そんなある日、交通事故が縁となって幽霊となったユウコ(広末涼子)ら、3人のポールダンサーと年配の運転手に出会う。小学生の息子を残して死んだのを悔やむユウコをはじめ、成仏できぬ事情を抱える彼らは遺(のこ)した大金と引き換えに無念の代理解消をガジロウに依頼。それを引き受けた彼は、花嫁姿で結婚式に出席したり、男子高校生に愛の告白をしたりと、それぞれの最後の願いをかなえていく。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

意外と泣ける映画である。

時々垣間見える、ちょっぴり恥ずかしくなるような昭和的な演出はさておき、「駄作なんじゃないか」という当初の私の予想を徐々に裏切ってくる。

 

ガジロウ演じた岡田将生のゲスっぷりもいい。ただ、ガジロウ最終形とのギャップを出すためにも、もっとゲスッっぷりを発揮しても良かったんじゃないかとも思う。

あまりやりすぎると、今後の岡田将生の爽やか俳優人生に影響を与えるのか、そのゲスッぷりも限度内であった。そこまで不快に感じさせないレベルで。

 

ポールダンサーという仕事にスポットを当てたところもいい。

私もつい先日まで、ポールダンスについてある種の偏見を抱いていた。それが、ひょんなことからポールダンスを観に行く機会があり、そのイメージは一新された。

この映画はポールダンス自体にフォーカスした映画ではないため、本格的なポールダンスを存分に楽しめる映画かというと、そうではない。しかしながら、少なくともこの映画を観るもののポールダンスへのイメージは変わるはずだ。広末涼子、木南晴夏、松井愛莉と、みな綺麗だった。

 

一見、深夜のテレビドラマレベルに思えるストーリー展開だが、そこから一段格上げしたメッセージを我々に返してくる。

最低男ガジロウの心が次第に変化していく様にも注目。一方で、突然の死を迎えたものたちが、それぞれ安らかな気持ちへと変化していく様も見どころである。

続きを読む

[映画レビュー]『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』(2013) 楽しかった過去の日は何度も経験したいもの?

今、「父と息子の親子愛」について考えたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:タイムトラベルをどう切り込んで作っているか気になった。
ジャンル:ロマンス、コメディ、SF
原題:ABOUT TIME

abouttime_pkg

(c) 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.


–あらすじ–
自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

タイムトラベルの話なので、それほど期待値は高くなかった。それは、タイムトラベルもので、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を上回る作品は出てくるはずがないから。

だがその予想は裏切られた。

こういう角度から切り込んでるのか、と。

 

DVDのパッケージを観ると、いわゆるロマンスムービーのような様相を呈しているが、実際は家族愛というか、親父と息子の間の親子愛の方に、よりフォーカスがあたっている作品。

タイムトラベルという能力を持っているが故の葛藤が、非常に美しく描かれている。

最後、ティム(ドーナル・グリーソン)はタイムトラベラーとしての最大の決断に迫られることになる。そこで、ティムが選んだ答えは。。

 

まさか、タイムトラベルもので感動するとは思わなかったのですが、すごく心動かされる映画でした。

また、ティムの妹キットカット(リディア・ウィルソン)がすごく魅力的な女性に描かれていて、兄のポジションから見たら、こういう感じの妹が、実は理想の妹像なのかもしれない、と思えた。

abouttime2

左が妹のキットカット(リディア・ウィルソン)、右が兄のティム (c) 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.

続きを読む