ファンタジー

[映画レビュー]『あやしい彼女』(2016) 安易な破茶滅茶コメディにしなかったところが成功の要因か

今、良いお母さん、そして、良いおばあちゃんになりたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:多部未華子、要潤と、渋いキャスティングだから。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ファンタジー
泣ける度:(4/5)

ayashii-kanojo-01

(C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION


–あらすじ–
女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

とにかくキャスティングが渋い。多部未華子と要潤。

それだけでまず食いついた。

ayashii-kanojo-08

(C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION

 

で、実際映画を観てみると、志賀廣太郎、小林聡美と、脇役がいい味出してた。

脇が完璧だから、主演が引き立つ感じで。

 

韓国映画がオリジナルらしいけど、それは見てない。から、比較はできない。

海外映画の場合、ノスタルジーの部分はどのように表現されているのか、そのあたりは興味深いところ。韓国映画のノスタルジー表現は、外国人である日本人に通ずるものがあるのか、など。

 

本映画、歌もの映画典型の話のまとめ方で、いたってシンプルなストーリー展開だが、発せられるメッセージが深いせいか、観ていて次第に惹きつけられる。

劇場では、泣いている人もちらほら。

 

また、爆笑するほどの面白さはないが、多部未華子のブレない演技に心躍らされる。

話の内容から考えても、多部未華子のキャスティングは、あらためて納得感あり。

 

前半なかなか多部未華子が出てこないから心配したが、そのやや長すぎると感じる前フリが、映画後半に効いてくる。

安易な破茶滅茶コメディにしなかったところが成功の要因か。

 

この手のファンタジー系映画って、予告編だけ観ると、なんだか安っぽい印象しか残らないことが多い。だが、実際本編をガッツリ観てみると、そこから発せられるメッセージの深さと、安っぽい予告編とのギャップに、いい意味で驚かされる。

正直、観て良かったと思える映画。

 

観終えた後、心が温まった。

そして、何か大切なものを思い出したような感じになれた。

 

老若男女、みな楽しめる映画。

特に、女性にとっては共感する部分の多い映画ではないか。

続きを読む

[映画レビュー]『母と暮せば』(2015) どうしてあの人だけが。。

今一度、戦争の悲惨さを心で感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:嵐のニノが出てるから。
ジャンル:ドラマ、戦争、ファンタジー

hahatokuraseba-01

(C)2015「母と暮せば」製作委員会


–あらすじ–
1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに、3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二(二宮和也)がふらりと姿を見せる。あまりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。当時医者を目指していた浩二には、将来を約束した恋人の町子(黒木華)がいたが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

この映画をおすすめしない人は、非国民と言われそうな。

そうです。私が非国民です。

 

あと、左前に座ってて、いびきかきながら寝てたじいさんも同罪かな。

 

すごく、戦時中の厳しい生活ぶりが伝わってくる。

また、戦時中に大切な人を失った人の気持ちなど、自分にはわかるはずもないぐらいのやりきれなさも伝わってくる。

 

そして、この手の戦争映画は、今後も作り続ける必要性も感じる。

戦争の惨さは永遠に語り継いでいかなければならないから。

 

でも、一本の映画として、「みなさん是非観てください」的な気持ちではない。

自分が嵐のメンバーだったら、周囲の人に宣伝して回るだろうが、残念ながら、そうではない。

 

本作は、数多くある戦争映画の一つの域を出ない。

いくら、「作家・井上ひさしさんの願いを、山田洋次監督がついに映画化」と、公式ホームページで言われていても、映画はそんな、製作に至る背景とかで、勝負してはならない。

 

映画は絵画とは違う。映画は2時間で勝負しないと。

製作エピソードとかは、言い訳にしか聞こえない。

 

個々のシーンは好きな部分が多く、当時、生まれていなかった私には勉強になることも多い。しかし、全体としてのストーリー展開に面白みが感じられない。

ただ、「かわいそうな人たちの話」になっている。

 

また、エンディング部分の宗教勧誘ビデオのような終わり方にはびっくりした。

帰りに壺でも買わされるのかと思った。

 

個々のシーンに見応えがあっただけに、ストーリー展開の平凡さと、エンディングの怪しい終わり方が残念。

続きを読む

[映画レビュー]『想いのこし』(2014) あたりまえのストーリーによるあたりまえじゃない感動

今、「金」と「女」以外に価値を見出したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:岡田将生、広末涼子が出てるから。
ジャンル:ドラマ、ファンタジー、コメディ

omoinokoshi_1

(C) 2014「想いのこし」製作委員会


–あらすじ–
考えることは金と女のことばかりで、お気楽に毎日を過ごすことがモットーの青年・ガジロウ(岡田将生)。そんなある日、交通事故が縁となって幽霊となったユウコ(広末涼子)ら、3人のポールダンサーと年配の運転手に出会う。小学生の息子を残して死んだのを悔やむユウコをはじめ、成仏できぬ事情を抱える彼らは遺(のこ)した大金と引き換えに無念の代理解消をガジロウに依頼。それを引き受けた彼は、花嫁姿で結婚式に出席したり、男子高校生に愛の告白をしたりと、それぞれの最後の願いをかなえていく。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

意外と泣ける映画である。

時々垣間見える、ちょっぴり恥ずかしくなるような昭和的な演出はさておき、「駄作なんじゃないか」という当初の私の予想を徐々に裏切ってくる。

 

ガジロウ演じた岡田将生のゲスっぷりもいい。ただ、ガジロウ最終形とのギャップを出すためにも、もっとゲスッっぷりを発揮しても良かったんじゃないかとも思う。

あまりやりすぎると、今後の岡田将生の爽やか俳優人生に影響を与えるのか、そのゲスッぷりも限度内であった。そこまで不快に感じさせないレベルで。

 

ポールダンサーという仕事にスポットを当てたところもいい。

私もつい先日まで、ポールダンスについてある種の偏見を抱いていた。それが、ひょんなことからポールダンスを観に行く機会があり、そのイメージは一新された。

この映画はポールダンス自体にフォーカスした映画ではないため、本格的なポールダンスを存分に楽しめる映画かというと、そうではない。しかしながら、少なくともこの映画を観るもののポールダンスへのイメージは変わるはずだ。広末涼子、木南晴夏、松井愛莉と、みな綺麗だった。

 

一見、深夜のテレビドラマレベルに思えるストーリー展開だが、そこから一段格上げしたメッセージを我々に返してくる。

最低男ガジロウの心が次第に変化していく様にも注目。一方で、突然の死を迎えたものたちが、それぞれ安らかな気持ちへと変化していく様も見どころである。

続きを読む