フェリシティ・ジョーンズ

[映画レビュー]『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016) 『里見八犬伝』的なノリで、日本人好みな展開で

今、スターウォーズシリーズファンだからとりあえずおさえておきたいというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:スターウォーズシリーズ好きなので、一応観ておきたく
ジャンル:SF、アドベンチャー
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY/ROGUE ONE
もう一度観たい度:(2.5/5)
rogueone_01

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

–あらすじ–
帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

この映画、スターウォーズシリーズファンでないと、途中で眠くなるかも。。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015) ほどの熱を想定して観に行くと、それは違うと気づくだろう。

 

この『ローグ・ワン』は、一体どこの時代のストーリーなのか。

シリーズ何?

 

本作は、シリーズ3と4の間に位置するとのこと。

つまり、最初に上映されたスターウォーズ三部作、つまり、シリーズ4、5、6たちの直前に位置するストーリーとなる。

 

この話してるだけで、もうスターウォーズ初心者お断り感が出てしまっているか。

ゆえに、スターウォーズファンだからこそ深く楽しめる映画になってしまっている。

 

それなりにドンパチもあり、観ていて普通に楽しめる映画ではあるが、それは『里見八犬伝』(1983)的なストーリー展開であり、そこに真新しさはない。

スターウォーズファンでない場合、人物関係もよく理解できないだろう。

 

単純に、なんとなくSFもの映画を楽しみたいという人にはOKかな。

決してつまらなくはないが、必見映画かというと、そこまででもない。でも、ある程度のスターウォーズ映画ファンであれば観ておいて損はない映画。

 

途中、間延び感あり、「早く終わらないかなあ」と感じるほどの、ストーリー的にはどうでもいい感満載だった。

でも映像的には、スターウォーズ感いっぱいで、劇場の大スクリーンで観てよかった。

続きを読む

[映画レビュー]『博士と彼女のセオリー』(2014) 物理学者スティーヴン・ホーキングを味わう

今、夫婦のあり方について見つめ直したいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:ホーキング氏について興味があったから。
ジャンル:ドラマ、ロマンス
原題:THE THEORY OF EVERYTHING

The Theory of Everything

(c) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.


–あらすじ–
天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

スティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)氏のこれまでの偉業を知りたくて見たのだが、どちらかというと、スティーヴンとその妻ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)、そして第三の男ジョナサン(チャーリー・コックス)との間のロマンスムービー的な要素が強かった。

私のように、スティーヴン・ホーキング氏の伝記映画と思って観ると、正直がっかりするかもしれない。こんなロマンスもの期待していなかった、と。

 

一方で、スティーヴン・ホーキング氏がALSという難病にかかり、また、その後、難病を患いながらも妻ジェーンのサポートを受け、研究を続ける姿が描かれている。

そういう意味では一つの伝記映画としての役割は果たしているのかもしれない。しかし、よりフォーカスされているのはロマンスの方。特に後半はロマンスだけ。

The-Theory-of-Everything_4

(c) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

 

もっとも、スティーヴン・ホーキング氏の研究過程を映画にしたところで、その凄さを伝えることは難しいか。

スポーツものと違って、学者系ってなかなかスゴさが伝わりにくいので。黒板に数式をガンガン書いていく姿しかそのスゴさを伝える方法が思い浮かばない。福山雅治のガリレオみたいに。

The-Theory-of-Everything_3

(c) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

しかしスティーヴン・ホーキング氏は体が動かなくなってくるため、そのビジュアルで見せるやり方は使えない。となると、やはり妻ジェーンやその周りの人間がスティーブンのスゴさを伝える必要があるんだけど、それもあまりうまくいっていないように思えた。

 

全体的に、大人のラブストーリー的な要素の強い映画であるため、そうであることを承知で観れば、納得感を得られるかもしれないが、そうでなければ。。

続きを読む