メリル・ストリープ

[映画レビュー]『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016) とにかくやっちゃえばいいんだよ

今、一歩目を踏み出せないあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:実在した人物をモデルにした映画に基本的に関心があるから
ジャンル:ドラマ、コメディ
原題:FLORENCE FOSTER JENKINS
もう一度観たい度:(1.5/5)
florence-01

(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

–あらすじ–
ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

そこそこの映画かな、と、それほど期待もせず映画館へ。

結果、そこそこの映画だった。

 

ただ、いつもこの手の映画を観て思うことは、へーっ、こんな人がいたんだ、ということ。

実在の人をモデルにした映画って、かなり脚色してない限り、それほど面白いものには仕上がらないのはわかって観ている。

だから、ある種の見聞を広げるという意味で観たりする。

 

本作の主演がメリル・ストリープ、ヒュー・グラント、という、個人的に好きな2人。

これが無名の俳優2人が演じてたら、多分話題にすらならなかったかもしれない。

 

コメディー映画のジャンルに属するが、そこまで爆笑するシーンもなく、時折、アメリカ映画特有のジョーク的な、そんなものが放り込まれている程度。

好きな人は好き、そうでない人はそうでない、そんな映画。

 

個人的には観てよかったと思った映画だが、映画館に行くほどではないかなとも思った。

ただ、カーネギーホールを映画館の大スクリーンで味わいたいのであれば、劇場へ行くべきかも。

 

可もなく不可もなく。

ただ1つ、「やっちゃえばいいんだよ」という勇気はもらえたかな。

続きを読む

[映画レビュー]『プラダを着た悪魔』(2006) 誰もが憧れる仕事の「現実」とは?

今、参考にしたい働き方を探しているというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:当時、評価が高かったから観た記憶が。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス
原題:THE DEVIL WEARS PRADA 

prada

(c)20th Century Fox.


–あらすじ–
アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった。
シネマトゥデイ

この映画の劇場公開当時、女性向けの映画かと思ってしばらくシカトしていた記憶がある。

しかしながら、これは男性の私でも十分楽しめた映画。

 

一年ももてば、どこでも通用するようになると言われる仕事、それが、ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントという仕事。

このミランダの役は、実在の人物をモデルに書かれたと言われているが、マジすか?という感じの仕事内容。

このアシスタント業務、おそらく自分なら3日と続かないであろう。

 

次から次へとどんな要求がミランダから来るのか、だんだん待ち遠しくなる。

もちろんアンディ(アン・ハサウェイ)の立場にいない自分としてはだが。

 

時に、「へー、そういうのも人任せにするんだ」と、感心さえする。

究極に効率化された姿がそこにあるから、端で見ていて面白い。

  続きを読む

[映画レビュー]『マイルーム』(1996) 愛されるより愛する幸せ

今、子育てに苦労しているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:ディカプリオが出ていて、彼の作品にハズレがすくないから。
ジャンル:ドラマ
原題:MARVIN’S ROOM

marvins-a4

(C) 1996 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

人は、それダメ、あれダメ、って言われると、ついつい反抗したくなる。

それが子供であればなおさら。

 

母親は心配していろいろと子供の行動に制限を加えようとするのだが、そのような環境で育った子供は母親に心を開かなくなっていく。

そして、何か行動する前には常に親の許可をとるようになる。

 

それは人間のモチベーションを刺激する要素の一つである「自律性」を完全に無視している。

 

では何が求められているのか。

「対話」である。

続きを読む