レイチェル・マクアダムス

[映画レビュー]『スポットライト 世紀のスクープ』(2015) それは、自分だったかもしれない

今、自分にスポットライトが当たっていないと感じるあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:アカデミー賞作品賞、脚本賞受賞作品はとりあえず押さえておきたいところなので
ジャンル:ドラマ
原題:SPOTLIGHT
泣ける度:泣けるとか泣けないとかいう映画ではない

Spotlight-01

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC All Rights Reserved.


–あらすじ–
2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

アカデミー賞作品賞を受賞した映画は、興行的にはそれほどヒットしないと言われている。それは、作品自体が玄人好みであり、決して一般大衆受けする仕上がりではないから。

この『スポットライト』もしかり。正直、大衆受けするとはあまり思えない。

 

そもそも日本では、宗教に対する理解に深い人間がそれほど多くないせいか、カトリック教会の枢機卿(すうききょう)だの、神父だの言われても、誰がどれぐらい偉くてどれぐらいその世界で力を持っているのか、ほとんどの人がよくわかっていない。

ゆえに、この手の宗教の闇の部分を描いた作品は、我々日本人には容易に受け入れ難い。

 

それでもこの映画『スポットライト』には、大きな社会的意義を感じる。宗教のことはあまりよくわからない、子どもの頃教会に通った経験がない、という我々日本人にとっても一見の価値はある映画とも感じる。

映画という媒体を通じて、他国の文化や歴史に興味を持っていくのは、ひとつ、映画を観ることの醍醐味でもある。

 

神父という絶対的存在にNoとは言えない環境。

そこに、親がいなかったりと、絶対的立場の弱い子どもたちがいる。

 

絶対的力を持つ神父たちの一部が犯す過ち。

その過ちが巨大な力によって組織ぐるみで隠蔽される現状。

 

そして、その強大な力に対し、信念を持ってぶつかっていく記者たち。

 

徹底的に事実を分析し、データの規則性を見出す。

まさにビックデータ解析。しかもそれをほぼ手作業で、アナログ的にやり遂げる。

Spotlight-02

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC All Rights Reserved.

 

他のノンフィクション映画同様、この映画にも、実話をベースとした映画のジレンマがある。

細かく描きすぎると登場人物も多くなりわかりにくくなる。一方で、シンプルに描くと、薄っぺらな推理映画になる。

 

Again, カトリックの背景知識や教会通いの経験がない大多数の日本人には、正直あまり感情移入できない作品。

しかしながら、信念を持って、やるべきことをやり遂げるものたちの姿には、心打たれるものを感じるはず。

 

最近仕事に打ち込めてない、そんな人には、信念を持って仕事に取り組む記者たちの姿が刺激になるのでは。

華やかさはないまでも、何度でも観たくなる、味わい深い映画。

続きを読む

[映画レビュー]『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』(2013) 楽しかった過去の日は何度も経験したいもの?

今、「父と息子の親子愛」について考えたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:タイムトラベルをどう切り込んで作っているか気になった。
ジャンル:ロマンス、コメディ、SF
原題:ABOUT TIME

abouttime_pkg

(c) 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.


–あらすじ–
自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

タイムトラベルの話なので、それほど期待値は高くなかった。それは、タイムトラベルもので、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を上回る作品は出てくるはずがないから。

だがその予想は裏切られた。

こういう角度から切り込んでるのか、と。

 

DVDのパッケージを観ると、いわゆるロマンスムービーのような様相を呈しているが、実際は家族愛というか、親父と息子の間の親子愛の方に、よりフォーカスがあたっている作品。

タイムトラベルという能力を持っているが故の葛藤が、非常に美しく描かれている。

最後、ティム(ドーナル・グリーソン)はタイムトラベラーとしての最大の決断に迫られることになる。そこで、ティムが選んだ答えは。。

 

まさか、タイムトラベルもので感動するとは思わなかったのですが、すごく心動かされる映画でした。

また、ティムの妹キットカット(リディア・ウィルソン)がすごく魅力的な女性に描かれていて、兄のポジションから見たら、こういう感じの妹が、実は理想の妹像なのかもしれない、と思えた。

abouttime2

左が妹のキットカット(リディア・ウィルソン)、右が兄のティム (c) 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.

続きを読む