岡田准一

[映画レビュー]『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016) 数々の名言から理想の生き様を見出す

今、男が惚れる、理想の生き様に触れたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:阿部寛、岡田准一、尾野真千子と、好きな俳優勢揃いだったから
ジャンル:ドラマ、アドベンチャー
泣ける度:(1.5/5)

kamigamino-itadaki-01

(c)2016 「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会


–あらすじ–
ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠(岡田准一)は古めかしいカメラを見つける。それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判断できるかもしれないカメラだった。カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二(阿部寛)というアルピニストの存在にたどり着く。他人に配慮しない登山をするために孤高の人物となった彼の壮絶にして崇高な人生に触れるうちに、深町の胸にある思いが生まれる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

この手の映画はやっぱり映像に見応えがある。

エヴェレストの美しさはもちろんのこと、ネパールにあるエヴェレスト登山の拠点となる街の風景なども、生涯ネパールを訪れることはないかもしれない私にとってはすごく楽しめた映像。

 

では、肝心のストーリーの方はどうか。

予告編映像にて、おもいっきり謎解き的な前振りをしているにも関わらず、最後にはそんな謎解きどうでもよくなってしまった感が否めない。

つまり、何を伝えたいのかの焦点がいまいち定まっていないような、そんな印象を受けた。

 

これは、登山するのに特に明確な理由がないのと同様に、この映画自体にもクリアなメッセージは求めるなということか。

それぞれが、それぞれに、勝手にメッセージを感じて持っていけと言わんばかりの、ある意味身勝手な作りの映画。

 

そして、山の映像がいっぱい出てくると思いきや、そうでもない。

エベレストの厳しさというよりもむしろ阿部寛演じる登山家、羽生丈二の生き様にフォーカスを当てたストーリー。

 

岡田准一氏は主役と思いきや、事実上の主役は阿部寛である。

尾野真千子も結構チョイ役。

 

どうせ観るなら映画館で観たい映画。

エヴェレスト自体の過酷さを、より感じたいのであれば、『エベレスト 3D』(2015) のほうのがオススメかもしれない。

 

登山家、羽生丈二の生き様から何を感じれるだろうか。

続きを読む

[映画レビュー]『図書館戦争 THE LAST MISSION』(2015) 無関心でいることの罪

今、「平和ボケ」している自分に危機感を抱いているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:自分自身、本が好きだから。岡田准一、榮倉奈々が出てる。
ジャンル:アクション、ロマンス

toshokanfinal

(C)2015 “Library Wars -LM-” Movie Project


–あらすじ–
年号が昭和から正化になってから33年、関東図書隊のタスクフォース所属の堂上篤(岡田准一)と笠原郁(榮倉奈々)は、日々理不尽な検閲から図書を守るため奮闘。彼ら図書隊は、全てのメディアを取り締まりの対象とするメディア良化委員会と激しいつばぜり合いを展開していた。読書と表現の自由を守るべく体を張る彼らを、予想外の戦闘が待ち受けていて……。
シネマトゥデイ

前作のレビュー<図書館戦争 / Toshokan Sensou (2013)>でも同様のことを書いたが、まず、この一見バカバカしいと思えるストーリーを、単にバカバカしいとしか思えないとしたら、おそらくこの映画の面白みを味わうことはできないであろう。

しかしながら、命をかけて一冊の本を守る的なバカバカしい話の裏にある、真のメッセージを感じたいというのであれば、この映画は非常に見応えのあるものになる。

 

基本的には、今回の映画から私が受け取るメッセージは、前作と同じである。

それは、「無関心でいることの罪」。

 

表現の自由を守ろうとする図書隊が命をかけて戦っている一方で、世間の大半の人たちは、彼らがなぜ戦っているのかをまったく理解していない。そもそも関心すら持っていない。

図書隊は思う。自分たちは誰のために、何のために戦っているのか、と。

  続きを読む

[映画レビュー]『図書館戦争』(2013) 多くの人は自分に関係のないことだと思っていた

今、表現の自由について考えたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:自分自身、本が好きだから。岡田准一、榮倉奈々が出てる。
ジャンル:アクション、ロマンス

LIBRARY-WARS-a11

(C)“Library Wars -LM-” Movie Project

はっきり言って、この「図書館戦争」というタイトルはダサい。いや、逆に、こういうのを、ダサカッコイイというのか。

いずれにしてもインパクトのあるタイトルでこの映画に惹かれたことは間違いない。

そしてこの映画は、どこを見どころと考えるか、によって評価が分かれるのではないか。

 

ストーリーはいたって単純。社会に悪影響を及ぼす本をこの世から消滅させたい「メディア良化委員会」と、本を守る「図書隊」が本を読む自由のために戦う話。

それを、

「そんなのありえないし、リアリティーがない」
「本のために武器を取って戦う理由がわからない」

と、思う人には、全くをもって面白みを感じることのできない、なんともバカバカしい映画なのかもしれない。

 

一方で、リアリティ云々ではなく、

「少しファンタジーの世界に浸ってみたい」
「思い入れのある本を手元に一冊は持っている」

という人にとっては、入り込んで観ることのできる映画ではないか。

続きを読む