今、災害マニュアルはいつも役に立たないと思っているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:面白いと評判高かったから
ジャンル:SF、特撮

GODZILLA-01

(C)2016 TOHO CO.,LTD.


(あらすじ)
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

なんだか今度の「ゴジラ」は面白いと評判で、そんな巷の噂が気になって映画館へ観に行った。

ちょっとハードルを上げすぎたか、そこまでとも正直思わなかったが、それでもかなり楽しめる映画になっていた。

 

特に映像の迫力。

都内へ通勤している人、横浜周辺に住んでいる人にはメチャクチャ地元が登場するため、地名の表記を見るだけでも興奮できるのではないか。

 

ゴジラ映画で言えば、20年ほどぐらい昔、ハリウッド版の『GODZILLA』 (1998)を観に行き、その迫力にすごく楽しめた思い出がある。一方で、今回の『シン・ゴジラ』は日本人だからこその楽しみがたくさんつまった「ゴジラ」だった。

ゴジラが登場して、みんながキャーっと逃げ回って、といったところも映画「ゴジラ」の醍醐味だが、一方で、独特の角度からの、ちょっと皮肉った視点も今回の映画の面白みの一つである。

 

中盤、やや間延びする部分は否めないまでも、全体として楽しめる仕上がりになっているのではないだろうか。

続きを読む