真剣佑

[映画レビュー]『ちはやふる -下の句-』(2016) 一人でなんでもできると思ってた

今、ベタな友情に飢えているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:『上の句』が最高に面白かったから
ジャンル:青春、ドラマ
泣ける度:(3.5/5)

chihayafuru-shimo-01

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社


–あらすじ–
高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ。そんな折、千早は同い年で日本一となった若宮詩暢(松岡茉優)のことを知り……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

男子高校生たちの、男同士で連れ立って、少し恥ずかしそうに映画鑑賞する姿がいい感じで。

男同士で映画館に行くなんてのは、この高校時代が最後になるんじゃないかな。

 

ひと月前に上映された『上の句』の続編ということで、『下の句』は当然のことながら、映画館に見に行ってまいりました。

一言で表すと、「動」の『上の句』、「静」の『下の句』という感じで。

 

前作の『上の句』では、かるた部のメンバー一人一人にスポットを当て、映画一本二時間という限られた時間のなかで、うまい具合にメンバーそれぞれの持ち味を紹介していた。

また、『上の句』では、お笑い要素も多く、見ていて単純に楽しい、笑っちゃうといった内容で、その上に感動もあり、幅広い映画ファンに受け入れられやすい展開だった。

 

一方今回の『下の句』では、ほぼ千早(広瀬すず)一人にスポットを当て、より深く、メッセージ性の強い仕上がりになっている。

コメディ要素も前作『上の句』よりは少なく、ややスロー気味な展開で、丁寧に、『ちはやふる』として伝えたいメッセージを送り出している。

 

そういった点で、『上の句』の時のような怒涛の展開を期待した人には今回の『下の句』は少し期待外れと感じるかもしれない。しかし、『下の句』の方が、より映画の持つ良さ、余韻を味わわせる良さがあり、『上の句』『下の句』両方合わせて、一つの完成作品としてのバランスを取っている。

相変わらずの臭いセリフや、こっぱずかしくなるような仕草はあるものの、友情っていいなと思わせてくれる、爽やか青春映画である。

 

『上の句』同様、かるたが散り舞うシーンはカッコよく、アクション映画的要素も健在。

続編製作も決定したようで、さらに進化した瑞沢高校競技かるた部が、今から楽しみである。

続きを読む

[映画レビュー]『ちはやふる -上の句-』(2016) 「静」と「動」のメリハリがダイナミックさを加速させる

今、時を超えても変わらない人の想いを感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4.5/5)
観た理由:百人一首にフォーカスした渋いストーリの映画だから。
ジャンル:青春、ドラマ
泣ける度:(3.5/5)

chihayafuru-01

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社


–あらすじ–
同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。小学校卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、千早は単独で競技かるたの腕を磨く。高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、この世界に導いてくれた新を思いながら全国大会を目標とする。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

40も過ぎたオッさんが、こんな青春映画を観に行くのはちょっとキモいが、それを承知で映画館に観に行った。

劇場には他にもオッさん族がちらほらいて安心したが、ほとんどが春休みに入った学生たち。

 

その学生たちのほとんどが、満足げな表情で映画館を出て行った。

そして、私はというと、これまた満足顔だった。

 

百人一首という題材がよかったのか、「静」と「動」のメリハリがあり、ダイナミックさを加速させていた。

そして、かるた目線で下から競技者を見上げるアングルが、迫力満点。

chihayafuru-04

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

 

高校生同士の、むずがゆくなるような恋愛もの映画と思いきや、そんなちんけなものではない。

百人一首がわからない人でも自然と入り込める世界が出来ており、時折入れ込んでくる詩の解説が、ストーリーに深みを加えていた。

 

漫画が原作のため、「そんなやついないだろ」と思ったらそれで思考停止。

自然に笑えて、心地よく観終えることのできる、こころ温まる映画。

 

「ちはやふる -下の句-』(2016)は4月29日から。

前後編に分かれてる映画はあまり好きじゃないが、前編『ちはやふる -上の句-』(2016)は、これ単体でもしっかり物語が完結していて、思ったほどの不快感はない。

 

後編『下の句』では松岡茉優が投入されるようで、さらに加速していくぞ感を感じる。

原作はどんなだか知らないが、この実写版映画は学生じゃない大人なオッさんでも十分楽しめたので、オッさん族も恐れず映画館へ向かうべし。

続きを読む