竹野内豊

[映画レビュー]『シン・ゴジラ』(2016) 電車オタク必見の映画か!?

今、災害マニュアルはいつも役に立たないと思っているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:面白いと評判高かったから
ジャンル:SF、特撮

GODZILLA-01

(C)2016 TOHO CO.,LTD.


(あらすじ)
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

なんだか今度の「ゴジラ」は面白いと評判で、そんな巷の噂が気になって映画館へ観に行った。

ちょっとハードルを上げすぎたか、そこまでとも正直思わなかったが、それでもかなり楽しめる映画になっていた。

 

特に映像の迫力。

都内へ通勤している人、横浜周辺に住んでいる人にはメチャクチャ地元が登場するため、地名の表記を見るだけでも興奮できるのではないか。

 

ゴジラ映画で言えば、20年ほどぐらい昔、ハリウッド版の『GODZILLA』 (1998)を観に行き、その迫力にすごく楽しめた思い出がある。一方で、今回の『シン・ゴジラ』は日本人だからこその楽しみがたくさんつまった「ゴジラ」だった。

ゴジラが登場して、みんながキャーっと逃げ回って、といったところも映画「ゴジラ」の醍醐味だが、一方で、独特の角度からの、ちょっと皮肉った視点も今回の映画の面白みの一つである。

 

中盤、やや間延びする部分は否めないまでも、全体として楽しめる仕上がりになっているのではないだろうか。

続きを読む

[映画レビュー]『人生の約束』(2015) 伝えたかった価値観をストレートに押し付け過ぎたか

今、40歳代前半・男性のあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(2.5/5)
観た理由:竹野内豊、江口洋介の共演が見たかった。
ジャンル:ドラマ
泣ける度:(1/5)

jinsei-yakusoku-00

(C)2016「人生の約束」製作委員会


–あらすじ–
IT関連企業のCEO中原祐馬(竹野内豊)は、3年前にたもとを分かったかつての親友からの無言電話に不安を覚え、親友の故郷・富山県新湊へ向かう。着いたときには親友はこの世を去っていたが、親友が新湊曳山まつりをめぐって地元のために奔走していたことを知る。亡き友への思いから、資金と人手不足によりほかの町に譲渡された曳山を取り戻そうと奮闘する祐馬だったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

この映画、40歳代前半の男である私が、ズバリ、ターゲットな映画。

ターゲットらしく、ガッツリ感動してやろう的な、前のめりな姿勢で、いざ映画館へ。

 

ムムッ。。こ、これは。。

 

映画予告編以上の盛り上がりが、、ない。

 

確かに役者陣は豪華。

江口洋介、竹野内豊をはじめ、個人的に好きな女優小池栄子まで出演している。

jinsei-yakusoku-01

(C)2016「人生の約束」製作委員会

 

俳優ビートたけしは、かなりのちょい役で。

西田敏行、柄本明まで。

 

ひとことで言うと、「えっ、これで感動しろって言うの?」という感じの映画。

出ている役者さんたちに罪はない気がするし、原作は読んでないのでどこまでの世界観がこの映画で反映されているかわからないが、それにしても、久しぶりに厳しい映画だった。

 

『ギャラクシー街道』(2015)以来かな。このショックは。

そういえば、あちらの作品にも西田敏行さん出てたな。まだ呪縛が解けないか。。

 

「今、良いこと言ってます。だからみんな注目。」的なシーン、すごく好きじゃなく、そんなシーンがこの映画にはたくさんあり。

Again、出ている役者さんたちは好きだ。ただ、応援したい気持ちは大きいのだが、嘘は言いたくないし。葛藤。

 

人生の「踊り場」に立っている私でも、ほぼ共感ゼロの、使い古されたストーリー。

自然に見えない振る舞いで埋め尽くされた、昭和テイストを押し付けた、田舎の人間の「つながり」は良いものだという価値観を全面に渡って押し付けてきた、映画。

 

作り手が伝えたかった価値観をストレートに押し付け過ぎたか。

続きを読む