西部劇

[映画レビュー]『マグニフィセント・セブン』(2016) これ以上ないぐらい普通な映画

今、予定調和の西部劇を楽しみたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:飛行機の中で他に観たい映画がなかったから
ジャンル:アクション、西部劇
原題:THE MAGNIFICENT SEVEN
もう一度観たい度:(1.5/5)

magnificent7-01

–あらすじ–
悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

黒澤明の『七人の侍』と、同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇らしいが。。

そんなこと、どうでもいい。

 

ストーリー展開はあなたが想像したとおりのもの。上記二作品を、たとえ観たことがなくても、容易に想像できるストーリー。

ゆえに、ハラハラドキドキの展開を求めている人には不向きな映画。

 

この映画は、どちらかというと、ストーリー展開は分かった上で、それをどう見せていくのか、を観たい人向け。

 

もちろん観ていて楽しい、気分爽快な映画。

ただ、それ以上でもなく、それ以下でもない。

 

こどもの学芸会でストーリーがわかりきっている演目を、自分のこどもが演じているから観に行く、その程度の特別感かな。

もちろんアクションシーンは観ていて面白い。気分爽快。Again.

 

デンゼル・ワシントンだ! イーサン・ホークだ! イ・ビョンホンだ! と気分高揚させたければ観に行くべし。

そうでなければ、いつかテレビで放送される時に見れば十分かな。

 

なぜこの映画を、今、この豪華キャストで作ったのかがよくわからないが、西部劇にイ・ビョンホンは新鮮だった。

イ・ビョンホン、初めてカッコイイと思ったかも。

続きを読む

[映画レビュー]『ヘイトフル・エイト』(2015) 丸3時間、終始緊張しっぱなし

今、タランティーノ的活劇が大好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:タランティーノ映画はファンではないものの気になって仕方がないから。
ジャンル:アクション、西部劇
原題:THE HATEFUL EIGHT
泣ける度:泣ける要素ゼロ

The-Hateful-Eight-01

(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.


–あらすじ–
雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、同じ稼業であるジョン(カート・ラッセル)と彼が捕らえたデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗する。途中で保安官を名乗るクリス(ウォルトン・ゴギンズ)を拾った馬車は、猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。メキシコ人の店番ボブ(デミアン・ビチル)や怪しげな絞首刑執行人オズワルド(ティム・ロス)などの存在にジョンが強い警戒心を抱く中で、事件が起こる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

舞台演劇のような映画。

シーンのほとんどが小屋の中で行われる密室劇。

 

クエンティン・タランティーノ監督・脚本。

上映時間、168分。つまり、約3時間弱。

 

こう聞くと、コアなタランティーノファンしか好きにならなそうな映画に思えるが、今作はタランティーノ映画の中でもどちらかというと万人受けする方であろう。

映画なのに、章立てな構成であり、章ごとにタイトルも付いている、かなりわかりやすいストーリー展開。

 

また、緊迫感半端なく、この人は有名俳優だから最後まで死なないとか、そういった安易な発想を吹っ飛ばしてくれる。

予定調和のストーリー展開に飽き飽きしている映画オタクが作ったみたいな映画になっている。

 

ただ、暴力あり、残酷であり、グロい。

そしてだんだんスクリーンを直視できなくなってくる。

 

アメリカ版の「日本昔話し」を観ているような感覚でもある。

言っている意味がよくわからないが、つまり、童話的な面白さがあり、その設定が西部劇になっているという感じで。

 

アクションあり、コメディー要素ありの内容だが、最後までシリアスさは忘れない。

状況の変化に応じて、各自置かれている立場が変わっていく過程が秀逸。

The-Hateful-Eight-02

(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

 

誰と誰がグルで、どっちの側に付いた方が自分にとって得なのか。

誰一人本当のこと言ってないんじゃないか、と。

 

この手の映画からはメッセージもくそもない気がする。

ただただタランティーノ氏が作ったお話を楽しみたい、そんなあなたにおすすめの映画。

続きを読む