長谷川博己

[映画レビュー]『シン・ゴジラ』(2016) 電車オタク必見の映画か!?

今、災害マニュアルはいつも役に立たないと思っているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:面白いと評判高かったから
ジャンル:SF、特撮

GODZILLA-01

(C)2016 TOHO CO.,LTD.


(あらすじ)
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

なんだか今度の「ゴジラ」は面白いと評判で、そんな巷の噂が気になって映画館へ観に行った。

ちょっとハードルを上げすぎたか、そこまでとも正直思わなかったが、それでもかなり楽しめる映画になっていた。

 

特に映像の迫力。

都内へ通勤している人、横浜周辺に住んでいる人にはメチャクチャ地元が登場するため、地名の表記を見るだけでも興奮できるのではないか。

 

ゴジラ映画で言えば、20年ほどぐらい昔、ハリウッド版の『GODZILLA』 (1998)を観に行き、その迫力にすごく楽しめた思い出がある。一方で、今回の『シン・ゴジラ』は日本人だからこその楽しみがたくさんつまった「ゴジラ」だった。

ゴジラが登場して、みんながキャーっと逃げ回って、といったところも映画「ゴジラ」の醍醐味だが、一方で、独特の角度からの、ちょっと皮肉った視点も今回の映画の面白みの一つである。

 

中盤、やや間延びする部分は否めないまでも、全体として楽しめる仕上がりになっているのではないだろうか。

続きを読む

[映画レビュー]『地獄でなぜ悪い』(2013) グロい、そして美しい。

今、人生を楽しく生きたいと思っているあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:二階堂ふみファンだから。園子温監督作品には個人的に興味を持っているから。
ジャンル:コメディ、アクション

jigokudenaze

(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会


–あらすじ–
とある事情から、激しく対立する武藤(國村隼)と池上(堤真一)。そんな中、武藤は娘であるミツコ(二階堂ふみ)の映画デビューを実現させるべく、自らプロデューサーとなってミツコ主演作の製作に乗り出すことに。あるきっかけで映画監督に間違えられた公次(星野源)のもとで撮影が始まるが、困り果てた彼は映画マニアの平田(長谷川博己)に演出の代理を頼み込む。そこへライバルである武藤の娘だと知りつつもミツコのことが気になっている池上が絡んできたことで、思いも寄らぬ事件が起きてしまう。
シネマトゥデイ

まず、園子温作品が嫌いな人は見ない方が良いかもしれません。それぐらい園子温色が出ている作品。

逆に、彼の作品が好きな人は、ものすごく楽しめます。

 

園子温作品を一言で表現すると、「グロい、そして美しい。」といった感じでしょうか。

 

今回の映画の中で、ミツコ(二階堂ふみ)が元彼に別れのキスをするシーンがあるのだが、そのシーンが、目を覆いたくなる一方で、これほどまでに美しいシーンはなかなかないといった感じのものになっている。

その別れのキスを端で見ていた1日限定彼氏である公次(星野源)が、

「別れのキスをあんなカッコ良くする人、初めてです。」

と発するぐらいに。

jigoku_2

(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

 

見るもの全てが二階堂ふみのファンになってしまうような、二階堂ふみの魅力が最大限に発揮されている映画。

もっとも出演者全てが、監督を含め作り手までもが二階堂ふみのファンであるかのような映画。

  続きを読む

[映画レビュー]『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN & エンド オブ ザ ワールド』(2015) 面白いでしょ、これ。

プロレスを純粋に楽しめるあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3.5/5)
観た理由:原作ファンだから。酷評が気になったから。
ジャンル:アクション、アドベンチャー

attachontitan

(C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会


–前編「ATTACK ON TITAN」のあらすじ–
100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。

–後編「エンド オブ ザ ワールド」のあらすじ–
100年以上ぶりに現れた超大型巨人に多くの人間が捕食され、生き残ったエレン(三浦春馬)は調査兵団の一員として外壁修復作戦を決行。しかし巨人に襲われてしまい、アルミン(本郷奏多)をかばったエレンは巨人に飲み込まれてしまう。その直後、黒髪の巨人が出現し、ほかの巨人たちを攻撃するという謎の行動を見せる。人類の存続を懸けて彼らは巨人たちと戦い続けるが……。
シネマトゥデイ

 

二本分一気にまとめてレビューするため、いつものより少し長くなります。

 

そもそもなぜ、ここまでこの映画が酷評なのか?

面白かったという意見も少なからずある一方で、ほとんどの方が酷評される、この「進撃の巨人」の実写版。気になって仕方がなかったので、映画の日で映画料金がやすくなるこの10月1日に前編・後編まとめて二本一気に観てきました。

 

一言で言うと、「楽しめる」という感想です。

 

そして同時に、「酷評する人が多いのもわからなくもないな」と。

 

おそらく原作ファンの方は、存在してほしいキャラクターがいなかったり、原作のイメージ通りにキャラクターが演じなかったりと、許せないことが多いのでしょう。

ハンジ役の石原さとみさんだけが評価を受けるのも、きっとハンジだけは原作通りのキャラを貫ける役回りだったからかもしれません。

titan_a2

(C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会

 

でも、アニメの実写版って、アニメ原作通りに作らないとダメなの?

私はそうは思わないです。

  続きを読む