J・K・シモンズ

[映画レビュー]『ザ・コンサルタント』(2016) ヘンテコな邦題で逆に先入観が排除されてGOOD!!

今、見事なオチ付きサスペンスを観たいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:やや評判高かったから
ジャンル:サスペンス、アクション
原題:THE ACCOUNTANT
もう一度観たい度:(4/5)

the-accountant-01

(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


–あらすじ–
小さな町で会計士として働くクリスチャン(ベン・アフレック)のもとに、ある日大手企業からの財務調査のオファーが寄せられる。調査を進めるうちに彼は重大な不正を発見するが依頼は突然取り下げられ、それ以来クリスチャンは身の危険を感じるようになる。実は、彼は闇の社会の会計士として各国の危険人物の裏帳簿を握るすご腕の暗殺者だった。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

面白い映画の典型的展開といえばそれまでだが、三つ巴あり、ひねりの後にひねりあり、そして最後の一つメッセージを投げかけてくれる、良作。

原題が「THE ACCOUNTANT」で邦題が「ザ・コンサルタント」。

どちらもムムッって感じですが、逆に変な先入観が入らなくて良いかも。

 

会計士的仕事にスポットをあてているわけでもなく、ましてやコンサルをしているわけでもない。

是非、予備知識なしで観に劇場へ観に行ってはいかがでしょうか。

 

主役が会計士だけあって、ちょっと小難しい話もでてきますが、そして私自身も全てのカラクリを理解して「あー、そういうことね」と言っているわけではないですが。

そんなよく理解できない一部知的なセリフのやり取りは重要ではなく、その背景にある、より深いメッセージを受け取ることができるのでは。

 

人と異なるってどういうこと?

違いが生じた場合、どっちが普通?

 

そんなこと、考えさせれます。

 

最後のどんでん返し、これは薄々勘付いても、最後の最後のオチはなかなか秀逸だった。

 

ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズと好きな俳優陣も出ていて。

あ、この人見たことあると思ったら、ウォーキング・デッドのシェーンことジョン・バーンサルも。(って、今初めて名前知ったけど)

the-accountant-03

(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

そんな豪華キャストも見どころです。

続きを読む

[映画レビュー]『Re:LIFE~リライフ~』(2014) 人に教えるということは、初心を思い出すこと

今、軽くヒュー・グラントで笑ってみたいというあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:ヒュー・グラントのコメディもの結構好きだから。
ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス
原題:THE REWRITE

rewrite-03

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.


–あらすじ–
かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしながら復学したホリー(マリサ・トメイ)をはじめ真剣な生徒たちの情熱に接するうちに、鬱屈(うっくつ)したキースの心に変化が生じ……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

ヒュー・グラントの、とにかく頭で考えてることが口から次々と出ちゃって、その結果トラブルに巻き込まれていく系のコメディが好きな人には大好きな映画の一つになるかも。

 

私自身、ヒュー・グラント主演のコメディ映画は好きな方なのだが、これまでの彼のコメディ映画と比較して、今回の作品は正直あまりパンチの強さは感じられなかった。どちらかというと、小笑いの寄せ集め的な映画。

でも、そんな「ヒュー・グラント小笑い集」が好きなのが、彼のファンであるとも思うので、ヒュー・グラントファンとしては、十分満足できるのかもしれない。

rewrite-05

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC.

 

人生やり直していく系のヒューマン要素(たぶん、こっちがメインテーマなんだろうが。。)も少し入ったコメディ映画。また、ヒュー・グラントが脚本家という設定から、映画ファンは同時に映画脚本制作の裏側ものぞくことができる、一度に二度美味しい映画。

 

軽くヒュー・グラントで笑ってみたいという人にはおすすめの映画。

ホント軽くね。

続きを読む

[映画レビュー]『セッション』(2014) 片道切符の決意で挑む最上級の復讐劇

ジャズ好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(5/5)
観た理由:ジャズ音楽が好きだから。
ジャンル:ドラマ、青春
原題:WHIPLASH

Whiplash

(C)2013 WHIPLASH, LLC. All Rights Reserved.


–あらすじ–
名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。
シネマトゥデイ

これぞ、最上級の復讐劇!

「ベスト・キッド/THE KARATE KID (1984)」のような、美しい師弟関係を描く映画を想像していたら、これがまったくをもって裏切られた感じで。

いい意味で。

そして、”Good”ではなく、”Great”になるにはどうあるべきなのか、ということを、この鬼教師フレッチャーは、結果的に教えてくれる形になる。

 

「常に人の想定を超えろ。そうしないと、偉大な人間にはなれない。」

言うのは簡単だが、それを実際行動に移すとはこういうことなのか、というのをニーマン(マイルズ・テラー)はみせてくれる。

先生、それも鬼教師に反抗してまで自分を主張できるニーマンの姿に、かつての日本の、直談判でダメなら切腹覚悟、という姿が重なり、ニーマンの一瞬一瞬にかける覚悟が伝わってくる。

  続きを読む