[映画レビュー]『起終点駅 ターミナル』(2015) 刑を宣告されるだけありがたいと思え

LINEで送る
Pocket

今、不器用な男の生き様を感じたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(3/5)
観た理由:佐藤浩市、本田翼、見たさに。
ジャンル:ドラマ

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会


–あらすじ–
北海道旭川の地方裁判所判事だった鷲田(佐藤浩市)は、覚せい剤事件の被告となった昔の恋人・冴子(尾野真千子)と法廷で再会。東京に妻子を置いてきた身でありながら、関係をよみがえらせてしまう。だが、その半年後に彼女を失って深く傷つく。それから25年後、鷲田は判事を辞め、妻子と別れ、釧路で国選弁護専門の弁護士として孤独な日々を送っていた。そんな中、担当することになった事件の被告人・敦子(本田翼)と出会った彼は、彼女に冴子の面影を見る。一方の敦子も鷲田に心を許し……。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

想定通りの静かな立ち上がり。

大人のラブストーリーを期待していると少し違う。

人間いつでもやり直しできる的なメッセージ。

 

ただ、ものすごく間接的に伝えてくるので、感度が悪いとそのまま素通りで映画が終わってしまうかも。

そこは世界でもトップクラスの高コンテクストな日本人。顔の表情やしぐさから心を読み取るスキルを発揮したいところ。

 

ただ、感じるにしても限界があり、その点では、得られる情報がやや少な過ぎるかなと感じざるを得なかった。語らなすぎというか。そこまで観る側の解釈にまかせるか、的な。

 

人生の再出発を、薄く、非常に遠回しな表現で伝えている映画。

だから、観終わった後、号泣はない。ほのかな希望の光とともに、幕が下がっていく。続きは我々に委ねられる。

 

過去に影のある女性

敦子役の本田翼さんは、過去に影のある女性を演じていたが、正直彼女をそうは見れない。悪い意味ではなく、ただ合わないというだけで。仕事に奮闘する元気なOL役の枠からは出にくい感じがした。

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

 

ここは、「そこのみにて光輝く (2013)」の池脇千鶴ぐらいの雰囲気は要求されるところか。「風俗で働いてた。」と言われても、「あ、そうですか。」とうなずけるような、あの、やさぐれ感が。

(c)2014 佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

(c)2014 佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

 

本田翼目当てで映画館に観に行った私が言うのもなんですが。。

 

女優・尾野真千子の新たな一面

この映画で一気に引き込まれたのが尾野真千子さん。これまであまり意識したことのない女優さんだったのですが。

気持ちを表に出さない、言葉も多く発しない、顔の表情だけで語ることの多い役どころでしたが、冴子(尾野真千子)が背負っているものがスゴく伝わってきた。

彼女の新たな一面を見た気がした。

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

 

「人の重荷になるのが怖かった」

このなかなかに伝えにくい感情を見事に表現していたように思えた。

「あなたの重荷になるのが嫌なの!」なんて一言も発せずに、その空気感を鷲田(佐藤浩市)には伝えずに、観客である我々にだけ伝える。圧巻。

 

刑を宣告されるだけありがたい

勝手に一人で自分に罪を課していく男、鷲田(佐藤浩市)。

刑を宣告されるだけありがたいと思え的なセリフがすごく印象に残っている。

terminal_7

(c)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

 

法的に罰にならない罪などこの世にいくらでもある。

まだ刑を宣告された方が、楽な気持ちになれる、と。

 

法を犯したわけじゃない、ただただ自分が許せない鷲田は、自分に罰を課し、一人生きていく。

 

日本通の外国人なら、しびれ上がる設定であろう。

私の知り合いである異文化間コミュニケーションの専門家である外国人講師が、高倉健さんの背中で語る演技にしびれ上がったように。

Ken Takakura

高倉健さん

 

最後ひとこと感想

あるストーリーを、薄く上ずみだけすくい取ったみたいな作りになっているので、なぜあの時あの人があの行動をしたのかというのが理解できないかもしれません。

映像と音楽だけでいかに魅せるかというのが、映画の作り手の腕の見せどころですが、本作は、他の映画と比較しても、観る側の解釈に委ねる部分がより大きいように思えます。

 

ゆえに、あの部分がよくわからないという思いより、あの部分は自分ならこう解釈するという感じで観ていく映画かな、と。

受け手によって解釈が変わる、それも、映画の醍醐味と思うので。

 

予告編

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*