[映画レビュー]『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015) マンネリ感は感じつつも、同時に新しいものを観ているという感じにもなれる

LINEで送る
Pocket

ネタバレはさせたくないけど、どんな感じの映画なのか知りたいというあなたへのレビュー

観て良かった度:(5/5)
観た理由:スターウォーズシリーズ、そこそこファンだから。
ジャンル: SF、アクション、アドベンチャー
原題:STAR WARS:THE FORCE AWAKENS

starwars7-06

(C)&TM 2015 Lucasfilm Ltd.


–あらすじ–
エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後の世界の話。以上。

映画の率直な感想から

本作「スターウォーズ」シリーズは、熱狂的ファンも多いことから、いつもより、よりストーリーの核心に触れないようにして、レビューを書いていきます。

 

まずはじめに、「どうせ大したことないんだろ。話題だけだろ。」という私の想定を、完璧に裏切ってくれました。

2015年で一番満足度の高い映画になりました。

 

「それってあなたがスターウォーズファンだからでしょ?」

と、言われそうですよね。

 

そうです。まあまあのファンです。でも映画館に仮装して行くほどの、日劇や六本木ヒルズに観に行くほどの、ファンではありません。

公開初日の初回上映に、家の近くの映画館に駆け込む程度のスターウォーズファンという感じです。

 

じゃあ何が面白かったの?

 

まず言えることとしては、3Dのクオリティーが高かったです。

宇宙船が映画館のスクリーンからめちゃくちゃ飛び出てましたから。

 

その他の「なにが面白かったの?」部分については、以下に、これからいくつかの視点で見ていきたいと思います。

そもそも話は面白かったのか?ストーリー展開の面白さはどうなの?

上映時間の136分間、全く飽きさせることのないストーリー展開でした。

どんどん場面が変わっていき、「盛りだくさん」という言葉がぴったりな構成で。

starwars7-02

(C)&TM 2015 Lucasfilm Ltd.

 

ストーリー展開の大枠は、従来のスターウォーズと同じ風なので、そこが、面白くないと言う方もいるかなと思います。

デジャブ感を感じるかも。これ昔一回観たよな、的な。

 

でもそれって、今までスターウォーズをそんなに熱狂的に観たことのない人にとっては、認識しないことかとも思うし、また、熱狂的ファンにとっては、待ってましたというストーリー展開なのかなとも思います。

いずれにせよ、「スターウォーズを観てます」っていう感じを抱ける映画になっていたかと。

 

つまり、大枠のストーリー展開はいわゆる「スターウォーズ的」でも、個々の小さなストーリーにそれぞれひねりがあり、それら小さなひねりのあるストーリーが集められて、大枠の従来のスターウォーズ的ストーリー枠に入れられた感じで。

したがって、マンネリ感は感じつつも、同時に新しいものを観ているという感じにもなれる映画。

 

その、いわゆるマンネリ的な部分を良しとして受け入れられるかどうかで、「面白かった」、いや「面白くなかった」の違いが出るかと。

 

新キャラクター登場と、とりあえずスターウォーズブームに乗った人の混乱防止対策

キャラクターの構図は、ほぼほぼ前作からのものと同じです。

悪いやつがいて、悪いやつのさらに悪いやつがいて、それらが実質世界を支配していて、それに抵抗するいい人たちがいる。

また、心のダークサイド的な話の展開も同じで。

 

異なる点としては、当然のことながらメインキャラクターに変更があるところ。

エピソード6までのヒーロー、ヒロインに変わる、新たなヒーロー、ヒロインたちが、違う名前で登場していること、これは仕方がないことでしょう。しかし、名前が似ていて、ちょっと我々日本人にはすぐに馴染みにくいのでは、と、気になった。

もし、日頃、外国人の名前を覚えるのが得意じゃないという人は、以下4名の名前だけでも事前に覚えていかれると、混乱しないかもしれません。

ちなみにその4名は、ポー(男)、レン(男)、フィン(男)、レイ(女)。

そのうち3名を写真付きでご紹介です。左からレイ、ポー、フィン。ストーリーに支障がないのでこれはいいでしょ。残りの1名は映画を観てからのお楽しみで。

starwars7-03

(C)&TM 2015 Lucasfilm Ltd.

 

ちなみに「ジャクー」は惑星の名前ね。人名じゃなく。

 

あと、以下の二つの違いだけは事前に把握しておくとよいかと。

スターウォーズファンの人は、予習なしで映画を観た方が、「何? えっ、何?」という感じで面白いかと思いますが、それほどファンではないので少し映画を観やすくしたいという人には、この辺の情報も事前に押さえておくと、今作のスターウォーズは観やすいかも、です。

ファンにとってはアドレナリン分泌ものかもしれないけど、全員が全員スターウォーズファンというわけではないので。

 

ファースト・オーダー

これまでダース・ベイダー率いる黒い人たちを「帝国軍」と呼んでいた。しかし時代も変わり、いわゆる前作までのエピソード4、5、6で「帝国軍」と恐れられていた人たちが、「ファースト・オーダー」という呼び名になったみたいな感じの理解で良いかと。正確には違うかもしれないが、熱狂的ファンでないひとにとってはその程度の認識でよいし、突っ込んで細かく覚える必要もないかと。この「ファースト・オーダー」という名前に悪さが漂ってないので、わかりにくいなと。

詳細はWookieepediaの「ファースト・オーダー」で検索を。

 

レジスタンス

これまでレイア姫率いるいわゆる「反乱軍」と呼ばれていた人たちが「レジスタンス」の立ち位置かな。正確には、反乱をしているわけじゃないけど、上記のファースト・オーダーの悪の動きを抑えるために作られた軍隊で、いわゆるいい人たちのグループ。

詳細はWookieepediaの「レジスタンス」で検索を。

 

ヒロインのデイジー・リドリーが、頼もしく、美しい

今作から、ヒロインを、デイジー・リドリーさんというイギリス人女優の方が勤められるのですが、この方が非常に綺麗な方で。

starwars7-04

 

スターウォーズ エピソード1、2、3に登場する、ナタリー・ポートマンを彷彿とさせる美貌で、世界共通の美人といった感じで。

starwars7-05

 

スターウォーズは女優の選考基準にブレがないなと。誰の趣味だ?

 

ナタリー・ポートマンと違うところ、それは、このデイジー・リドリーさんは、健康美人的な、スポーティーな感じも醸し出しているというところ。

それだけに、荒くれ者の住む世界でサバイブしていくキャラクターにはぴったりかと。

 

今後も期待大ですね。

 

前作までのスターウォーズを観ていなくて、今作からデビューでも大丈夫?

映画を楽しめるかどうかという視点でいうと、前作まで観ていなくても、100%今作の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)を楽しむことができます。

しかし、前作のエピソード4、5、6を事前に観ておくと、その「楽しめた感」は120%まで上昇することでしょう。それだけに、エピソード4、5、6を事前に観ておくことを、私は強くオススメします。

 

「いやいや忙しくて時間がないよ。一本の新作映画観るのに準備として映画3本で計6時間も費やしてられないよ。」

という場合は、こちらのブログでエピソード4、5、6のストーリーについて、ダイジェスト版でまとめてありますので、そちらを5分程度でご確認いただいてから劇場に足を運んでもらうでも良いかと。

もちろんしっかりと3本の映画で確認されたほうが良いのですが、そこまでスターウォーズファンじゃないよという人も、少なくないかと思いますので。

 

必要に応じて、どうぞご利用ください。

[映画コラム] Vol.009 スターウォーズ エピソード4、5、6をあらすじ5分で復習。エピソード7を観る前に。

 

最後にひとこと感想

今作は、すごくエンタメ感の強い映画になっています。つまりは誰でも楽しめるように作られている感があります。

あまり細かいことは心配せず、とりあえず劇場に足を運ぶも良し、骨の髄まで味わいたいのでしっかり前作までの映画をもう一度振り返り、予習してから劇場に足を運ぶでもよし、ご自分なりの楽しみ方で楽しんでいただければ。

 

にわかファンと言われようがなんと言われようが、とりあえず今回のこのスターウォーズブームに乗っておきましょうか?

めんどくさいスターウォーズファンに、薄ら笑いで、「まだ観てないの?」とか言われる前に。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*