[映画レビュー]『ヘイトフル・エイト』(2015) 丸3時間、終始緊張しっぱなし

LINEで送る
Pocket

今、タランティーノ的活劇が大好きなあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:タランティーノ映画はファンではないものの気になって仕方がないから。
ジャンル:アクション、西部劇
原題:THE HATEFUL EIGHT
泣ける度:泣ける要素ゼロ

The-Hateful-Eight-01

(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.


–あらすじ–
雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、同じ稼業であるジョン(カート・ラッセル)と彼が捕らえたデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗する。途中で保安官を名乗るクリス(ウォルトン・ゴギンズ)を拾った馬車は、猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。メキシコ人の店番ボブ(デミアン・ビチル)や怪しげな絞首刑執行人オズワルド(ティム・ロス)などの存在にジョンが強い警戒心を抱く中で、事件が起こる。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

舞台演劇のような映画。

シーンのほとんどが小屋の中で行われる密室劇。

 

クエンティン・タランティーノ監督・脚本。

上映時間、168分。つまり、約3時間弱。

 

こう聞くと、コアなタランティーノファンしか好きにならなそうな映画に思えるが、今作はタランティーノ映画の中でもどちらかというと万人受けする方であろう。

映画なのに、章立てな構成であり、章ごとにタイトルも付いている、かなりわかりやすいストーリー展開。

 

また、緊迫感半端なく、この人は有名俳優だから最後まで死なないとか、そういった安易な発想を吹っ飛ばしてくれる。

予定調和のストーリー展開に飽き飽きしている映画オタクが作ったみたいな映画になっている。

 

ただ、暴力あり、残酷であり、グロい。

そしてだんだんスクリーンを直視できなくなってくる。

 

アメリカ版の「日本昔話し」を観ているような感覚でもある。

言っている意味がよくわからないが、つまり、童話的な面白さがあり、その設定が西部劇になっているという感じで。

 

アクションあり、コメディー要素ありの内容だが、最後までシリアスさは忘れない。

状況の変化に応じて、各自置かれている立場が変わっていく過程が秀逸。

The-Hateful-Eight-02

(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

 

誰と誰がグルで、どっちの側に付いた方が自分にとって得なのか。

誰一人本当のこと言ってないんじゃないか、と。

 

この手の映画からはメッセージもくそもない気がする。

ただただタランティーノ氏が作ったお話を楽しみたい、そんなあなたにおすすめの映画。

約3時間弱の間、終始緊張しっぱなし

大爆笑するかというと、そうでもない。

アクションシーンばかりかというと、それもそうでもない。

 

ただ一つ言えることは、約3時間弱の間、終始緊張しっぱなしになるということ。

いつ、誰が、突然殺られるか、まばたきさえ許されない状態。

The-Hateful-Eight-04

(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

 

血は出るはいろんなものは吹き出すはで。

グロい系な映画が苦手な人にはちょっと厳しいかもしれないが、そうでなければ良い緊張感を持って、ほどよく最後まで楽しめる映画。

 

最後まで飽きさせないストーリー展開に満足。

 

南北戦争とリンカーン

劇中、たびたび「南北戦争」と「リンカーン」についての言及がある。

そんなこと知らなくても映画は楽しめるのだが、ちょっとでも知っておくと、より深くこの映画を楽しめるので、その辺事前にチェックしてから映画を観ると良いかも。

The-Hateful-Eight-05

(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

 

南北戦争は1861年-1865年に、いわゆるアメリカ内部で発生した、北部と南部の間での戦争。

最終的にはリンカーン大統領の北部が勝利を収めることになる。

 

さらにご興味があれば以下のサイトをチェックで。

私もあまり詳しくはないので100%正確かどうかは判断できないが、大きく間違っていることはないのでは。

 

まあ、これら南北戦争の背景について知識がなくても大した問題ではないので、心配は不要で。

ちょっと知っていれば、登場人物たちのおしゃべりの中に入れるというだけの話なので。

 

最後にひこと感想

タランティーノ映画って、総合格闘技というよりもプロレスという感じが強い。

往年の格闘技ファンが、ガチンコ勝負の総合格闘技より、ショーであり台本もあるんじゃないかといったようなプロレスを好むように、タランティーノ映画ファンは、ある種の型にはまったオールドファッションな映画を好む傾向がある。

 

そして、タランティーノ映画を観ると、いつも、「これこそが映画というやつだ!!」とドヤ顔で言い放つタランティーノの姿が眼に浮かぶ。

「俺の映画、好きな奴だけ観てくれれば結構。ガハハ。」と言わんばかりに。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*