[映画レビュー]『オデッセイ』(2015) 見ていて嬉しくなるほどのサバイバル力

LINEで送る
Pocket

今、知的好奇心を刺激されたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:火星を映画館で3Dで観たかったから。
ジャンル:SF、アドベンチャー
原題:THE MARTIAN
泣ける度:(1/5)

the-martian-01

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved


–あらすじ–
火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。
シネマトゥデイ

映画の率直な感想から

トム・ハンクス主演の『キャスト・アウェイ』(2000)と『アポロ13』(1995)を足して二で割ったような作品。

『キャスト・アウェイ』の孤独感、サバイバル感、そして、『アポロ13』の緊迫感、人間の底力感の両方を兼ね備えた作品。

 

これらいい映画のいいとこ取りをした感じで、さらには3Dで映画館の大スクリーンで火星を楽しめるとなれば、映画館に足を運ばない理由はない。

この映画を観ていると、「火星って、意外と人間住めそうじゃん」とも思えてくる。

 

火星に一人残された男、宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)が、そんな一人残された悲劇を悲しむ暇もなく、どうやったら地球に帰れるのかと常に前向きに考える姿勢に、観ているこちらも励まされる。

この映画はフィクションであり、実話をベースに映画化した『アポロ13』とは、緊迫感の深みが違うといえばそうかもしれない。しかし、フィクション映画だけに、創造性を最大限発揮した、こういうことならもしかしたらできるんじゃないかといった、人間の持つ力の可能性を、見応え感たっぷりに披露してくれる。

 

科学の難しい話はわからなくても、安心して楽しめる映画。

むしろ、こういった人間の可能性を広げる科学なり、その他学問について、勉強する気にさえさせてくれる。

 

マッチョ俳優ファン必見? 筋肉ムキムキのマット・デイモンが登場。

当然のごとく、食料の限られた状況下ではそのムキムキも次第に無くなっていく。

一本の映画の中で、筋肉をつける、そしてとる。『キャスト・アウェイ』でのトム・ハンクスの変貌ぶりにも驚いたが、今作のマット・デイモンのそのハリウッド俳優魂にも感心した。

 

いわゆる「みんないい人」的な映画なので、映画の中に強い葛藤を求める人には物足りない感もあるかもしれない。

また、アメリカが世界の中心的な発想がいやな人にも向かないかも。

そして、ストーリー展開的にも、正直そこまで深い話とも思わない。

 

ただ、この宇宙空間の映像、そして火星の映像は一見の価値あり。

是非、映画館で、3Dでお楽しみいただければ。

見ていて嬉しくなるほどのサバイバル力を発揮するワトニー

自分一人しかいない。周りに助けてくれる人は誰もいない。だから、あきらめたらそこで終わり。だから、あきらめるのを止める。なんとか生き抜くための方法を考える。

言うのは簡単だが、果たして人間はそんな前向きになれるものなのか。

the-martian-05

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 

考えたことを実行する。つまり仮説を立てて検証していく。失敗する。また考える。

想像を絶するサバイバル力を発揮する。

 

いざ実行に移すとなると、それが容易にはいかない。

再度考える、考えて考えて、そして、考える。

 

見ていて嬉しくなるほどのサバイバル力を発揮するワトニー(マット・デイモン)。

 

ときに、この、前向きさ加減、そしてサバイバル力に、非現実感を感じるかもしれない。

でも、本当に自分一人しかいない、だれも助けてくれない状況に置かれたら、おそらく一人悲しんでる暇なんてないのだろう。

the-martian-04

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 

人間生きていれば、なにかとピンチに立たされるもの。

そんなピンチに陥ったとき、「考えればなんとかなるかもしれない」と思わせてくれる、勇気をくれる映画。

そして、そんなピンチはいつの日か思い出話になるんだよ、と。

 

知的好奇心をメチャクチャ刺激してくれる

観終えた後、何か勉強する気にさせてくれる。

だからこそ、特に子どもたちに積極的に観て欲しい映画。

 

高額な塾の費用と比べれば、3D映画一本2000円は安いでしょ。

確実に子どもたちのやる気スイッチは押されるはず。

 

知的好奇心をメチャクチャ刺激してくれる映画。

とりあえず、私はジャガイモを育て始めてみようと思った。

the-martian-02

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 

最後にひとこと感想

ハリウッド映画を観ていていつも思うのだが、ピンチのときに気の利いたジョークが言える輩って、カッコイイ。

そんな知的ジョークが言える輩に憧れる。

 

そして、やっぱり宇宙SFもの映画は映画館で観るに限る。あの真っ暗な中の巨大スクリーンで。

2000円で火星に行けるんだから。

the-martian-03

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*