[映画レビュー]『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2003) 革命家チェ・ゲバラ誕生の起源

LINEで送る
Pocket

今、旅をする意味を知りたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:チェ・ゲバラという人間について知りたかった。
ジャンル:ドラマ、青春
原題:THE MOTORCYCLE DIARIES

motorcycle-a1

(c) Film Four Limited 2004. All Rights Reserved.

チェ・ゲバラという人間について知りたかったので見た映画だったが、革命家として名を馳せる前の若き日のチェ・ゲバラのストーリーであり、革命家としてのチェ・ゲバラを作る元となった南米縦断の旅の部分だけにスポットをあてた映画であった。

ロードムービーという性質上、日本人にとっては容易に訪れることのできない南米を、それも1952年当時の南米の様子をこの映画を通じて見ることができる。

 

その南米縦断の旅を通じて、ゲバラは地図には書いていないたくさんの現実を目にすることになる。

地図に書いてある国境線以上に人々が区別される現実。
なんとかしたい、でも何もできない無力さを感じるゲバラ。

ペルーのハンセン病施設でゲバラが見た差別という現実。
何かがおかしいと感じ、自分が正しいと信じる行動を取るゲバラ。

motorcycle-a2

(c) Film Four Limited 2004. All Rights Reserved.

 

ゲバラを革命家へと導いた原体験がここにあるのかもしれない。

 

また、今にも止まってしまいそうなバイクで、片道切符さえも十分に持たないような旅をしている若者二人に対し、旅先で出会う大人達があたかも自分たちの身内のように暖かく迎えてくれる。

ここに、ゲバラが人好きになった原体験があるのではと感じる。

motorcycle-a3

(c) Film Four Limited 2004. All Rights Reserved.

 

インターネットがこれほど発達している現代でも、現地に赴いて直接目にしなければ理解できない現実はまだまだたくさんあるはず。ゆえに、旅をすることの意味というものをあらためて教えてくれた作品

5、6時間あっても収まりきらない旅の記録を2時間という映画枠に収めたため、正直映画としては少々物足りなさを感じる。しかしながら、若き日のゲバラがどのような人物で、この旅を通じてどう彼の中に変化が生じたかを知ることができる。

チェ・ゲバラ導入編という感じでしょうか。

 

この映画を観たあとには続けて以下の映画でチェ・ゲバラをより掘り下げてみると面白い。

『チェ 28歳の革命』(2008) カストロとの出会いからキューバ革命を成し遂げるまで

 

続いて、

『チェ 39歳 別れの手紙』(2008) 革命家チェ・ゲバラの最期を見届ける

 

映画としては、この計3本がチェ・ゲバラを知ることのできる映画になる。

実際は、映画の内容だけだとよく分からない部分もあるので、それぞれの映画レビューにて内容を補足している。

これらチェ・ゲバラ映画に関しては、「ネタバレあり」で観た方が良い。映画を観るというよりも歴史資料を確認するといった感じで。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*