[映画レビュー]『横道世之介』(2013) 「あいつ今、どうしてるかな」と懐かしくなる

LINEで送る
Pocket

今、ほっこり気分を味わいたいあなたにおすすめの映画

観て良かった度:(4/5)
観た理由:レビューサイトで高評価だったから。
ジャンル:青春、ドラマ

yonosuke-a5

(C) 2013『横道世之介』製作委員会

160分と長い作品だが、その時間の長さを感じさせない。

一言で言って、トムハンクス主演映画「フォレスト・ガンプ」の日本版かな?とも思ったが、より、正確に言うと、フォレストガンプとインド映画の「きっと、うまくいく」を足して2で割って日本語バージョンとして作ったものといった感じ。

批判しているのではなく、事実そう感じた。ということで、真新しさはない。

 

ただ見終わった後に、ほっこりすること確実の映画。

世之介(高良健吾)が、いい男なのに田舎者でダサい。そして素直でちょっと変。そんな奴、学生時代に一人は周りにいたであろう。

yonosuke-a2

(C) 2013『横道世之介』製作委員会

 

この横道世之介という男、一言で言うと「いいやつ」なのである。

おそらく加藤(綾野剛)だったか、

「あいつに会ったっていうだけで、お前よりだいぶ得した気分だよ」

と言わしめる世之介。

yonosuke-a3

(C) 2013『横道世之介』製作委員会

 

世之介のような、何事も断らない人生は果たして幸せなのか。その答えはない。しかし、人々の記憶に残る人生を送った事は確か。

yonosuke-a6

(C) 2013『横道世之介』製作委員会

 

本筋とは関係ないが、世之介のおばあちゃんが亡くなり、世之介の友達が葬式に来る。世之介の実家は田舎だからなのか、しかしながらそれでもこんな事はあまりないであろう。友達のおばあちゃんと知り合ってすごく素敵な感じがした。

人との接触を極力避ける傾向のある現代社会において、世之介のような存在は人間として何が大切なのかをあらためて考えさせてくれる。

 

時代設定がちょうど携帯電話が普及する前であり、もちろんFacebookやTwitterなどのSNSがなかった時代。だからこその「あいつ今、どうしてるかな」と懐かしめる楽しさがあり。

ほっこり気分を味わいたい人は是非ご鑑賞ください。

 

予告編

 

LINEで送る
Pocket

映画・ドラマ見放題の贅沢がクセになる

Hulu(フールー)では映画やテレビドラマ、アニメやお笑い番組が見放題。PCやテレビ、スマホやタブレットと、どこでも観ることができるのも魅力の一つ。以下、私なりの贅沢なHulu(フールー)の使い方を3つご紹介。

  • 就寝前にちょっと一本布団の中で
  • 見逃した映画・ドラマをまとめて一気見
  • スキマ時間に「続き」からいつでも簡単再生

正直、ドラマに比べて映画の充実度はこれからという感じだが、月々933円(税抜)で見放題と考えると大満足。まずは2週間無料お試しから。

ちなみに今、アメリカテレビドラマの「ウォーキング・デッド」にハマってます。「LOST」と「バイオハザード」を足して二で割ったみたいなやつで。シーズン5まで一気見中。


オススメ映画、国内外のドラマ、アニメ一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*